未分類

【AirPlay】Androidで使う方法を詳しく解説!

AirPlayはiPhoneの機能で動画、写真表示したり、その他便利な機能が備わっています。
この機能をAndroidでも使用したいと考えている人も少なくないと思います。
そこで、AirPlayをAndroidで使用する方法について紹介します。

AirPlayとは?

AirPlayを使えば、iPhoneとApple TVを連携させて、写真や動画をテレビ画面に映し出すことや、プレイ中のPodcastや 音楽をAirPlay対応スピーカーにストリーム配信することも可能です。
さらに、デバイスの画面に表示されているウェブサイトやプレゼンテーション、スプレッドシートなどを大画面に映し出すことも可能です。
このことをミラーリングと呼びます。
iPhoneなどのデバイスの画面をAppleTV4Kを使ってテレビモニターなどに映し出す技術も、AirPlayの一つです。
これは、大画面に投影したり、離れた場所にあるスピーカーから音を出したりすることを、配線でつなぐことなく実現するAppleの独自技術です。
この技術には、基本的なWiFi環境が必要です。 

AndroidとAppleデバイスの相性は良くない

AndroidとApple TVは基本的に互換性がありません。
Android端末をお持ちの方は、Googleが販売しているChromecastという機器を購入すれば、簡単にミラーリングやキャストを行うことができます。
 
また、Amazon Fire TVを持っていれば、同じくキャストの機能が使えます。
 
つまるところ、Android端末を持っている人がこれからセットアップボックスを購入するならば、ChromecastもしくはFire TVを購入したほうがよいでしょう。
また、ChromecastやFire TVはApple TVよりも安価なため、購入しやすいのも特徴です。
ちなみに、持ち運ぶことは、ほとんどありませんが、ChromecastやFire TVは携帯性という点でもスマートフォンより軽いです。

AndroidでAirPlayを行う方法

ここまで、AndroidとAirPlayの相性は悪くいため、Android端末をテレビ画面にキャストするのであればをChromecastやFire TVをおすすめしてきました。

ただ、どうしてもAndroiddApple TVを連携させたいという方も少なからずいらっしゃいますので、少し特殊な方法にはなりますがAndroidでAirPlayを使用する方法について紹介します。

「AirPlay For Android & TV」をインストール

 

AndroidでAirPlayをするにあたって、おすすめのアプリが「AirPlay For Android & TV」です。
このアプリをインストールすることによって、AndroidでAirPlayの連携をおこなうことができます。

「AirPlay For Android & TV」は、AndroidとDLNAレシーバーのために最先端のマルチワイヤレス伝送プロトコル(Airplay、Chromecast、Miracast)レシーバです。

 
AndroidからAirplayにローカルネットワーク接続を使用して、家族や友人と画面を共有するといったことが可能になります。
 
Android用AirPlay はご自宅ののメディアサーバーに直接メディアを送信するため、Android電話/タブレットやPCと互換性のあるDLNA / UPnPアプリ/プログラムを使用しています。
 
ChromecastとMiracastまたはDLNAをサポートし、画面へのワイヤレスケーブルは必要ありません。

AirMusicをダウンロードする

また、Androidデバイス内の楽曲をストリーミング再生するには、「AirMusic」がおすすめです。
AirMusicは、対応するレシーバーにワイヤレスで音楽を簡単にストリーミング再生することができます。Android 10以降のOSがインストールされているユーザーであれば、利用可能です。
 
また、AirMusicにより、ユーザーがAndroidスマートフォンを使用してAirPlay対応デバイスにメディアをストリーミングすることができます。
また、Freeboxなどのデバイスに無料でアクセスすることができます。

iOSからAndroidにAirPlayする方法

次のページへ >