非通知着信に折り返ししなくても大丈夫?就活中の対応も解説!

スマートフォンに非通知設定で着信があった場合に折り返しで非通知設定の電話番号に電話した方がいいのでしょうか。ここではスマートフォンに非通知着信があった場合の対処方法や就活中に是非参考にして欲しい対応方法について紹介していきます。

非通知着信に折り返しできるの?

みなさんはスマートフォンに非通知着信があった場合は折り返し電話をしていますでしょうか。最近ではスマートフォンの電話機能をあまり利用せずSNSの機能を利用して連絡を取り合っている人が多くいます。なので急に非通知着信があるとどうしていいか悩んでしまう人も多くいるのではないでしょうか。ここではもしスマートフォンに非通知着信があった場合に折り返しで電話することができるのかについて紹介していきますので、もし非通知着信があり悩んでいる人は参考にしてみてください。

基本的には非通知着信には折り返せない

そもそもスマートフォンや携帯電話に非通知着信があった場合は、折り返し連絡をすることはできないようになっています。これはスマートフォンや携帯電話の電話履歴を見ればわかるかと思いますが、非通知着信で着信履歴があった場合相手の電話番号は表示されないようになっています。そのためたまたま移動中や仕事中で非通知着信に気づかなくて電話に出れなかった場合でも、折り返しで電話することはできないので注意してください。

ナンバーお知らせ136でも非通知電話の番号を知ることができない

また知らない電話番号があった場合にナンバーお知らせより電話番号を検索したことはありませんか。ナンバーお知らせとは、事前のお申し込み不要で、ご利用になりたい時に最後にかかってきた相手電話番号やメッセージなどを音声でお知らせしてくれるサービスになっています。なのでたまたま電話に出れなかった場合でもナンバーお知らせを利用することで相手からの電話をお知らせで確認することができます。

緊急通報番号(110、119、118)からは折り返しがある場合も

ここまでは非通知着信については折り返し電話できないことを紹介してきましたが、逆に自分が非通知設定で相手に着信を残した場合は、折り返し電話はあるのでしょうか。友達や家族など一般的な人からの非通知着信の場合は、折り返し電話はありません。しかし緊急連絡先である、110や119、118に非通知着信をした場合は、場合によっては折り返し電話があることもあるので絶対に非通知着信でいたずらで緊急連絡先に電話することはやめましょう。

就活時に非通知着信があった場合の対処法

スマートフォンや携帯電話に非通知着信があった場合は通常折り返し電話をすることはできません。しかし就活生などで企業から非通知着信があった場合はどうすればいいのでしょうか。非通知着信でも企業からの連絡があった場合に就活生の場合はすぐに電話をしたいですよね。ここでは就活中に非通知着信があった場合の対処方法について紹介していきますので、これから就活を控えている人は是非参考にしてみてください。

留守番電話のメッセージを確認する

まず就活中に非通知着信があったり、着信がある可能性がある場合は、留守番電話サービスを活用するようにしましょう。スマートフォンや携帯電話の場合は利用するキャリアによって留守番電話サービスを無料で活用することがあります。なので就活中や色んな人から電話が来る可能性がある場合は、留守番電話サービスを登録しておき、メッセージを残してもらうようにしましょう。しかしSIMフリーや格安SIMの場合は、留守番電話サービスが利用できない場合もあるので注意してください。

メールやSNSを確認する