js:script inf(トロイの木馬)に感染した時の削除方法

PCウイルスとして有名なjs:script inf(トロイの木馬)。js:script inf(トロイの木馬)に感染してしまうと厄介な症状に悩まされることになります。そこで今回はjs:script inf(トロイの木馬)に感染した時の削除方法を見ていきます。

js:script inf(トロイの木馬)の削除方法

ではjs:script inf(トロイの木馬)の削除方法を見ていきます。

js:script inf(トロイの木馬)の削除方法にはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

①ウイルス対策プログラムにて削除

まずはウイルス対策プログラムにて削除する方法です。

ウイルス対策プログラムにて削除する方法には

  1. セーフモードとネットワークを起動
  2. ウイルス対策アプリ開き最新版をアップデートする
  3. アップデータが完了すればPCを再起動

でOK。

    ②オンラインウイルススキャナにて削除

    次はオンラインウイルススキャナにて削除する方法です。

    オンラインウイルススキャナにて削除するには

    1. Online Virus Scannerをダウンロード
    2. PCをOnline Virus Scannerでsキャンする
    3. 検出されたウイルスやアイテムを全削除する
    4. PCを再起動する

    でOk。

    これでオンラインウイルススキャナにて削除することができました。

    ③MalwareBytes Anti-Malwareを使用して削除

    次はMalwareBytes Anti-Malwareを使用して削除する方法です。

    MalwareBytes Anti-Malwareを使用して削除するには

    1. MalwareBytes Anti-Malwareをダウンロード
    2. MalwareBytes Anti-Malwareをインストール
    3. プロンプトが表示されるので「デフォルト」をインストール
    4. MalwareBytes Anti-Malwareを起動する

    でOK。

    ここから作業があります。

    MalwareBytes Anti-Malwareを使用して削除する方法には2つあり

    • Windows XP、Windows Vista、Windows 7
    • Windows 8、Windows 10

    の2つがあります。

    まずはWindows XP、Windows Vista、Windows 7での方法は

    1. Windowsを起動する前にF8を押す
    2. 起動オプションが起動するのでセーフモードを選択
    3. ウイルス対策プログラムを開きアップデートをダウンロード

    でOK。

    次はWindows 8、Windows 10での方法は

    1. PC上のプログラムを全て閉じる
    2. Shiftキーを押したまま再起動する
    3. オプションが表示されるのでトラブルシューティングを起動
    4. 高度なオプションメニューから「再起動」をクリック
    5. Windowsが再起動するのでF5を押す
    6. セーフモードで起動する
    7. ウイルス対策プログラムを開きアップデートをダウンロード

    でOK。

    ④復元でWindowsを以前の状態に戻す

    次は復元でWindowsを以前の状態に戻す方法です。

    復元でWindowsを以前の状態に戻す方法には

    • Windows XP、Windows Vista、Windows 7
    • Windows 8、Windows 10

    の2つがあります。

    それぞれ見ていくとWindows XP、Windows Vista、Windows 7の場合は

    1. プログラムを検索し「rstrui」を起動
    2. システムの復元設定をする

    でOK。

    次のWindows 8、Windows 10では

    1. windowsアイコンをクリック
    2. ファイル名を指定して実行」を開く
    3. rstruiを開きOKでコマンドを実行

    でOK。

    js:script inf(トロイの木馬)に感染した場合

    ではjs:script inf(トロイの木馬)に感染した場合はどうすればいいのでしょうか。

    js:script inf(トロイの木馬)に感染した場合の対処法は2つあります。

    ①IPAセキュリティセンターに相談・届け出