家もカフェもどこでもワークスペースに!「デスクエニウェア」を紹介

テレワークが増えて、仕事をする場所に困っている方も多いのではないのでしょうか。今回紹介する「デスクエニウェア」は座る場所さえあればどこでもワークスペースにしてしまえる商品です。机を持ち運ぶという新しい体験を提供してくれます。

「デスクエニウェア」とは??

デスクエニウェアは、ワークスペースの狭さや集中しづらい作業に悩むテレワーカー向けのモバイルワークデスクです。テレワークに漂うオンとオフの間を埋め、よりワークライフバランスを保てるワークスタイルを実現してくれます。バッグのようにPCなどと共に持ち運べ、腰かけられる場所があればベッドやソファ、ベランダなどどこでも作業ができるのが最大の特長です。テレワークに移行したものの満足にデスクを置く場所が確保できない方や、デスクがあっても一つの場所で集中した作業が続けづらい方、家族とのコミュニケーションを取りながら作業をしたい方など幅広い方が使えます。

快適なワークスタイルとベッドでも使える自由さを両立。

リラックス」と「集中」のための、たくさんの工夫がされています。デスク天板を支えるフレームとクッションが太ももにフィットします。膝上でのPC作業に+約10cm、+約10度の高さをプラス(意匠登録出願済)しました。腰を曲げず、首を下げすぎない後継姿勢が保持されるため、ソファーにもたれたままでも作業可能です。ビデオ会議する場合にもカメラが極端にあおった角度にならなくなるため、より自然な表情が届けられます。ベッドなど急な角度で使ってもデスクからPCがすべり落ちないストッパープレートが付属している上、使用しない時はポケットの専用スロットにしまっておけます。

PCや周辺機器・文具をバッグのようにしまって持ち運び

デスクエニウェアの独自構造である広大な収納ポケットと肉厚のレザーハンドルで、デスクエニウェアはバッグのように仕事道具をしまって持ち運べます。
13~14インチまでのPCでスマートに使用可能です。特に13インチのMacBookシリーズに最適化し天板と収納をサイジングしており、12.9インチのiPad Proにも対応しています。A4クリアファイルも収納できます。また、PC本体以外にポケットの上段に充電器やケーブルなどの各種周辺機器や文具などを収納可能。これ一台にアイテムが収まるため、お庭で持ち運ぶときでも持ち物がかさばりません。重さはおよそ0.9kgです。他のクッションテーブルを使用してみてわかったのは、短時間ならともかく、長時間におよぶ作業に使用すると重さがだんだん負担になってくるということです。デスクエニウェアは見た印象よりかなり軽く感じられると思います。

棚にもおさまる省スペース設計。充電も可能

独自のフレーム構造を採用したことで、使い終わったあとは自立した状態で散らかることなく収納が可能です。PCや仕事道具をしまったまま、棚やベッドサイドに置けます。スタンド状態でも充電ケーブルをつなげられます。(※MacBookシリーズ、iPad Proにて対応確認済み。)

家具として長く親しめる素材

持ち運び用のハンドルは天然皮革の「栃木レザー」牛ヌメ革採用しています。しっかりした厚みで、荷物を詰めても安心して持ち運べます。体によく触れるファブリック部分の生地には椅子の張り地を使用しています。ニュアンスのある雰囲気に、高い耐久性のと肌触りの良さを備えています。デスク天板はゆがみや反りに強く、軽さを備えたシナ合板を採用しています。コンパクトながら本物の木材を使用した豊かな木目と手触りが楽しめます。

「デスクエニウェア」開発のきっかけ

ファーイーストガジェットは2人だけで活動しているデザインユニットなのですが、メンバーの竹内さんは普段、企業に勤めています。その竹内さんが、コロナ禍の影響で去年3月からテレワーカーになりました。ところが、東京のせまい賃貸暮らしではまともなワークスペースが確保できません。それに、家にいるといろんなことに気がとられて、1つの場所で集中して作業するというのが難しいという問題がありました。しかし本来自宅というのは居心地のいい場所のはずです。在宅ワークになって、家族とゆるやかに時間を共有しながらリラックスして仕事ができるという新しい体験もありました。せっかく家の中にあるいいスペース、これ、仕事にも仕事に活かせないかな?なんならこれら全部で仕事ができたら生産性も上がるのでは?と思ったのが、私たちにとっての理想のデスク作りへ走り始めた発端です。全く新しいジャンルのプロダクトなので、当面はデスクエニウェアの体験価値を訴求していき、反響に応じて、PCサイズ等に応じたバリエーション等も増えるかもしれません。

まとめ

こちらの商品は現在Makuakeにてクラウドファンディングを実行しています。以下のリンクをぜひチェックしてみてください。
Makuake販売サイトhttps://www.makuake.com/project/desk-anywhere
製品サイトhttp://www.fareast-gadget.com/deskanywhere