【TikTok】代替機能で視聴履歴を作成する方法を解説!

TikTokで面白い動画を探していると、どんどんと探してしまい面白かった動画をもう一度見る場合に探すのが一苦労です。TikTokには視聴履歴のタブがないので、自分で履歴を作る必要があります。この記事では、TikTok動画の履歴の作成方法を紹介していきます。

【TikTok】動画の視聴履歴はどこから確認する?

では、視聴したTikTok動画の履歴の確認方法を紹介していきます。

視聴履歴は機能として搭載されていない

TikTokにはYouYubeのように視聴履歴という項目は搭載されていません。なので、過去に見た動画の履歴を作成するには代替機能を使う必要があります。

過去に視聴した動画でも再検索が必要

過去に視聴した動画を履歴の代替機能を利用していない場合は、動画の再検索が必要です。動画のタイトルや投稿者がわからないと再視聴することはできないので注意が必要です。

セーブ機能を使えば履歴を作れる

TikTokではセーブ機能を使えば視聴履歴を作ることができます。セーブ機能の詳しい作り方はこの後紹介していきますが、ここではセーブ機能を使えばTikTokでも履歴のようなものを作れるということは覚えておきましょう。

「いいね」をしても履歴として使える

TikTokではセーブ機能以外にも履歴の代替として使える機能があります。それが一般的には動画を評価するために使う「いいね」です。また見る可能性がある動画を見たら「いいね」を押す習慣にしておけば履歴として使うこともできます。

【TikTok】動画のセーブ機能を使って履歴を作る方法

では、セーブ機能を使ってTikTok動画の履歴を作る方法を紹介してききます。

セーブ機能を活用する