未分類

無印良品アプリのメリットとデメリット!お得な使い方を徹底解説

2022年4月15日

無印良品のアプリMUJI passportは、買い物で貯まるマイル、買い物で使えるポインがあり複雑です。また、デメリットが多く、ダウンロードのメリットが不明という声も。本記事では、MUJI passportの使い方、メリット・デメリットを説明します。

無印良品のアプリはデメリットが多いって本当?ダウンロードすると得する?

無印良品にはMUJI passportというアプリがあります。AppStoreやGoogleプレイからダウンロードしてインストールでき、無料で使うことができます。しかし、このアプリはデメリットが多いという声もあります。

Tポイントなど多くのポイントカードは買い物をしてお金を払うとポイントが貯まり、ポイントは買い物で現金の代わりに使うことができます。

MUJI passportアプリには、マイルとポイントの2つがあり、さらに、ステージというランク制度が導入されており、普通のポイントカードとは使い方が異なります。

こうした複雑なポイント制度のため使い方がわからないというデメリットがあり、面倒くさいという方も多いようです。

MUJI passportアプリでは、誕生日の特典がもらえたり、会員限定の10%オフのセールを利用できたりとメリットもあります。一方、アプリが安定性に欠け落ちやすかったり、カード支払い時にエラーが起きてうまく支払いが進まなかったりといったデメリットもあります。

本記事では、MUJI passportアプリの使い方、メリット・デメリットを紹介します。無印良品で年間に2万円以上の買い物をする方にはかなりお得なアプリですので参考にしてください。

マイルとポイントの違いは?貯め方と使い方を解説!

MUJI passportアプリでは、マイルとポイントという2つの仕組みがあり、それぞれ密接に関連しています。ここでは、その仕組みを説明し、MUJI passportをどう使えばよいかも解説します。

MUJI passportアプリは、普通のポイントカードと異なり、ステージ制を採用しています。つまり、無印良品でよく買い物をする人ほど、高いステージが上がります。そして、ステージに応じて買い物で使えるポイントがプレゼントされ、ステージが高いほど高額になります。

つまり、MUJI passportアプリでは、マイルをためて自分のステージを高めるほど、買い物で使えるポイントもたくさんもらえるのです。

なお、MUJI passportアプリには、ポイント還元のほか、お得な特典がいろいろとついています。

【マイルとポイントの違い①】マイルは直接お買い物には使えない!

マイルは買い物をするたびに貯まります。1円で1マイルが貯まるのです。そして、マイルはステージを決めるために利用されるものです。買い物に直接使えないのがデメリットに感じる方もいるでしょう。

マイルとステージの以下のとおりです。

ステージシルバーゴールドプラチナダイヤモンド
マイル2万~5万~10万~20万~
ポイント2003005001000

なお、マイルの集計期間は3月~翌年2月末となっており、3月でリセットされます。また、マイルが20万マイル以上の場合は、10万マイルにつき1000ポイントがもらえます。マイルには1年間という期限があるのもデメリットです。

【マイルとポイントの違い②】ポイントは1ポイント=1円としてお買い物で使える

ポイントは、買い物に置いて1ポイントを1円として使うことができます。2万マイルで200ポイントですから、2万円分の買い物で200円の割引、すなわち、1%の割引ということになります。

家電量販店などでは10%に近いポイントを還元するケースもありますので、必ずしも還元率がよいというわけではありませんが、デメリットにはなりません。

無印良品のアプリ『MUJI passport』ダウンロードするメリット

無印良品のアプリMUJI passportアプリをダウンロード・インストールすることのメリット・を紹介します。

【MUJI passport のメリット①】マイルやポイントの確認ができる

MUJI passportアプリをインストールすれば、自分の持っているマイルやポイントがすぐに確認できます。また、無印良品の会員制度ではステージ制を採用しているので、ステージもすぐに確認できます。わかりにくいというデメリットをカバーしてくれます。

【MUJI passport のメリット②】チェックインでもマイルがもらえる

次のページへ >