マンガジップの使い方は?安全性や代わりのサイトなど解説!

漫画の海賊版サイトとして有名なマンガジップ。ただ海賊版なので注意点などが山ほどあり、ウイルス感染などの被害があるとのうわさがあります。そこでマンガジップの使い方や安全性、代わりになるようなサイトをご紹介します。是非読んで注意しながら使うようにしていきましょう。

マンガジップとは「漫画の海賊版サイト」

まずマンガジップとは漫画の海賊版サイトになっています。

サイト上の漫画コンテンツ数は5万冊以上あり月間アクセスはなんと約6000万PVともなるといわれています。

かつて一世を風靡した漫画村はサイト上でマンガが読めるビューワーサイトでした。

しかしマンガジップは直接マンガジップサイト上からダウンロードするわけではなく外部のサイトに移動してそこから漫画データをダウンロードして漫画を閲覧するという形になっています。

 

また利用者がだんだん増えているサイトの1つに挙げられています。

検索すると必ず上位表示されるようなサイトに仕上がっています。

しかしこのようなサイトはウイルス感染のリスクがとても高いサイトになっています。

マンガジップ以外の海賊版サイト

ではマンガジップ以外の海賊版サイトを見ていきましょう。

マンガジップがサーバーダウンしても代わりのサイトで楽しむようにしましょう。

①13DL.NET

まずは13DL.NETです。

13DL.NETは第二の漫画村といわれており海外のサーバー上に本来有料の漫画が大量にアップロードされています。

ユーザーはなんとその漫画たちを無料で読めるようになっています。

仕組み自体は漫画村にそっくりなんです。

 

そして13DL.NETには膨大なコンテンツ数を誇っています。

漫画から雑誌、小説や成人向けの様々なジャンルなど約5万個ものコンテンツが存在しています。

特に成人向けのコンテンツなんかは25,000以上あり20~30代をターゲットにしていることがわかりますね。

また13DL.NETはリーチサイトになっておりウイルス感染のリスクがあります。

②Manga Blog

次はManga Blogです。

Manga Blogは違法ダウンロードサイトになっており違法性が極めて高いサイトになっています。

マンガジップのミラーサイトになっておりコンテンツ数も膨大です。

マンガジップには複数のコピーサイトや模造サイトが存在しており本家以外のミラーサイトでは広告が多くなるなどのトラブルも多いです。

なのえManga Blogの利用は控えるほうがいいでしょう。

 

サイトレイアウトはマンガジップと全く同じでマンガに特化したサイトになっているとの評判が高いですね。

③MANGARAID

次はMANGARAIDです。

MANGARAIDは頻繁に更新されているマンガのダウンロードサイトになっています。

サイトのラインナップはマンガジップと似通っていますがリンクされたアップローダーは違っていることが唯一の違いでしょう。

 

また再アップロードをしているのかどうかわかりませんがおおもとの漫画ファイル自体が一緒の可能性があります。

なのでどこかに漫画がアップされてからダウンロードしてMANGARAIDにアップしている可能性が高いです。

 

ただレイアウトも見やすいためおススメの海賊版サイトです。

④漫画天国

次は漫画天国です。

漫画天国は週刊漫画雑誌や単行本、小説まで幅広くカバーしているサイトになっています。

またダウンロードできるファイル形式も3つあり

  • zip
  • raw
  • rer

があります。

かなり多くのコンテンツ数もそろっているようなので一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

⑤Nyaa.im