Windows10に出る「デバイス記述子要求の失敗」の対処法

Windows10PCで「デバイス記述子要求の失敗」のメッセージが表示されてしまった経験はありませんか。ここではWindows10ユーザの方に「デバイス記述子要求の失敗」ポップアップが表示されてしまった場合の対処法について紹介していきます。

[エラーコード43]デバイス記述子要求の失敗の対処法

Windows10のパソコンを利用し何度も「デバイス記述子要求の失敗」というメッセージやエラーコード43のメッセージが表示された経験はありませんか。「デバイス記述子要求の失敗」やエラーコード43の意味とは、デバイスマネージャーや周辺機器のドライバーが原因良く発生することがあるトラブルとなっています。ここではエラーコード43や「デバイス記述子要求の失敗」のメッセージが表示された場合の対処法についてチェックしていきましょう。

1.USBデバイスを別のUSBポートに接続し直す

Windows10PCで「デバイス記述子要求の失敗」のエラーやエラーコード43が発生した場合は、周辺機器のUSBデバイスを別のUSBポートに挿しけることで解決することがあります。もしかしたWindows10で利用しているUSBポートが故障してしまったり、不具合が発生して、エラーコード43のポップアップが表示されてしまっている場合もあります。

2.高速スタートアップを無効化

またWindows10パソコンの機能である高速スタートアップが原因で「デバイス記述子要求の失敗」のポップアップが表示されてしまうことがあります。高速スタートアップとは、Windowsの起動を高速に行ってくれる機能なのですが、逆にこの高速スタートアップによってエラーコード43のエラーが発生してしまうこともあります。

3.USBドライバーの再インストール

WindowパソコンでUSBデバイスやUSBポートを利用する場合はデバイスマネージャーから専用ドライバーがインストールされるようになっています。通常USBポートに差し込んだ際に自動でドライバーがインストールされるのですが、古いバージョンのドライバーがインストールされしまったり、不具合があるドライバーがインストールされてしまう場合もあるので、最新のドライバーを再インストールしてみましょう。

4.USBセレクティブサスペンドを無効にする

USBセレクティブサスペンドによって「デバイス記述子要求の失敗」エラーメッセージが表示されてしまう場合は。USBセレクティブサスペンドを無効化して改善するかを確認してみましょう。USBセレクティブサスペンドとは、USBポートへの電源供給を調整する機能のことで、USBセレクティブサスペンドを無効にするとUSBポートの電源供給をストップすることができます。

5.トラブルシューティングを行う

Windows10のPCでトラブルが発生した場合にはトラブルシューティングというWindows標準機能を利用することもおすすめします。トラブルシューティングの機能としては、インターネットやMicrosoftが蓄えられているナレッジより発生している「デバイス記述子要求の失敗」でトラブルが発生した場合の解決方法を提示してくれる機能となっています。

6.別のPCにUSBデバイスを接続する