スマホが急に低速充電になってしまうのはなぜ?解除方法も紹介

スマートフォンやタブレットを利用していて急に低速充電になってしまったことはありませんか。ここではスマートフォンやタブレットが急に低速充電になってしまった原因や解除方法について紹介していきますので、もし低速充電で困っている人は参考にしてみてください。

スマホが急に低速充電になってしまう場合に考えられる原因

みなさんはスマートフォンやタブレットを利用していてバッテリーがなくなり、バッテリーを充電したのに急に低速充電になっていしまい、なかなかバッテリーの充電が終わらないという経験はしたことはありませんか。ここではスマートフォンやタブレットで急に低速充電になってしまう原因について紹介してきますので、自分のスマートフォンが該当していないかを確認してみましょう。

①ACアダプタやケーブルが急速充電に対応していない

スマートフォンやタブレットで急に低速充電になってしまう原因としては、スマートフォンやタブレットのACアダプタや充電ケーブルが急速受電に対応していないことで低速充電になってしまうこともあります。スマートフォンやタブレットのACアダプタや充電ケーブルをインターネットで購入している場合は、もしかしたら急速充電に対応していないこともありますので、購入前にしっかり確認しましょう。

②USB変換器を使用している

またスマートフォンやタブレットのバッテリーを充電する際にUSB変換アダプターや変換器を利用していませんでしょうか。充電する際にUSB変換アダプターや変換器を利用していると相性が悪くて急にスマートフォンやタブレットのバッテリー充電が低速充電になってしまうこともあります。なのでUSB変換アダプターや変換器を利用している場合は、利用していない場合と比較してみましょう。

③パソコンを使って充電している

またパソコンのUSB口を利用してスマートフォンやタブレットを充電しているとスマホの充電が低速充電になってしまうことがあります。スマートフォンやタブレットのバッテリー充電はコンセントから直接充電している場合は、急速充電ができているのにパソコンや機器からUSBケーブル挿入してバッテリー充電すると急に低速充電になってしまうことがあるので注意してください。

④スマホ本体や充電機器が劣化している

スマートフォンやタブレットの機器やバッテリー充電の機器を長年利用していると機器自体が劣化して、急に低速充電になってしまうこともあります。スマートフォンやタブレットを長年利用していると不具合発生するだけではなく、バッテリー充電にも影響を与える可能性もありますので、長年利用している場合はスマートフォンやタブレットの機器だけではなく、充電機器についても交換するようにしましょう。

⑤バッテリーが高温になっている

スマートフォンやタブレットのバッテリー充電が急に低速充電になってしまう原因として、バッテリー機器が高温になっていることが原因の場合もあります。バッテリー機器やスマートフォンやタブレット自体が高温になってしまう今までは急速充電ができていたのに、急に低速充電になってしまう場合もあります。

⑥室温が低すぎる/高すぎる