iphone8 banner

【2017】新型iMac Proの性能や新機能とは?発売日はいつ?

この記事は約 10 分で読むことができます。
Sponsored Links

こんにちは!Apple Geek Laboです!WWDC2017で発表された新型のiMac Pro。過去最強のマシンと言われていますが、どのような性能に仕上がっているのでしょうか?スペックの詳細や他のiMacとの違いを紹介していきます。

新型 iMac Pro

新型iMacProのスペック

今回発表されたiMacProのスペックまとめがこちら↓↓↓(※注目ポイントを赤字にしています。)

ディスプレイ 27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ
5,120 x 2,880ピクセル・十億色対応
500ニトの輝度 ・広色域(P3) 
プロセッサ  8コア・ 10コア・18コア
メモリ   32GB 2,666MHz DDR4 ECC
64GBまたは128GBに変更可能
 ストレージ 1TB SSD
2TBまたは4TBに変更可能  
グラフィックス  Radeon Pro Vega 56
8GB HBM2メモリ
※オプション:Radeon Pro Vega 64(16GB HBM2メモリ)に変更可能 
FaceTime  1080p 
接続ポート

SDXCカードスロット(UHS‑IIに対応)
USB 3(USB-A) x 4
Thunderbolt 3(USB-C)x 4

Ethernet

10Gb(1Gb、2.5Gb、5Gb、10Gb Ethernetに対応)

外部ディスプレイ 2台:5,120 x 2,880ピクセル 60Hz 十億色対応
4台:3,840 x 2,160ピクセル 60Hz 十億色対応
4台:4,096 x 2,304ピクセル 60Hz 数百万色以上対応
オーディオ ステレオスピーカー、4つのマイクロフォン、3.5mmヘッドフォンジャック
入力 スペースグレイ Magic Mouse 2
またはスペースグレイMagic Trackpad 2
スペースグレイMagic Keyboard(テンキー付き)
 サイズと重量  高さ:51.6 cm、幅:65.0 cm、スタンドの奥行き:20.3 cm、重量:9.7 kg

スペックと特徴

new_imac_2017_pro_release_date_price_specs_thumb800

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-37ディスプレイ

 iMacProのディスプレイはiMac27インチのRetina 5Kディスプレイと同型(5,120 x 2,880ピクセル、十億色対応)となっています。 これまでのiMacと比較してディスプレイの明るさは43パーセントUPしています。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-37キーボード

 今回のiMacProでは同梱デバイスもスペースグレーに統一されていることが特徴です。キーボードはテンキー付き。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-37マウス・トラックパッド

 マウス・トラックパッド(どちらかを選択)も同じくスペースグレーで統一されています。(ちなみにそれぞれの同梱デバイスは単体販売されないものとなっています。)

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-37オーディオ

従来のiMacからより強化されたステレオスピーカーを装備することで幅広い周波数での音環境(〝豊かな低音からきらびやかなシンバル音まで〟byApple)を実現することができる仕様となっています。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-37外部インターフェイス(拡張性)

無題

今回のiMacProの4つのThundeboltポートを使うと、iMacProの他にさらに5Kディスプレイを2台(+2台のRAIDシステム)を追加することが可能になります。これによって最大4,400ピクセルの解像度を同時に映し出せることになります。従来型のUSBポート(3.0)も4つのポートで使うことが可能となっています。高速のデータ転送に対応したSDカード(UHS‑II対応)をそのままiMacProに差し込むことができるようになっていることも1つの魅力。

イメージ 10CPU(Intel Xeon)

iMacProのCPUのコア数はこれまでのiMacの最大スペック(クアッド4コア)と比較すると標準モデルでも単純に2倍(8コア)。オプションでは最大18コアまで増やすことが可能となっています。CPUのコア数が増えることによって並行作業を早く処理できるというメリットがあることから、これまでのクアッドコアにストレスを感じていた人にも朗報と言えそうです。

イメージ 10RAM

メモリ容量としては標準が32GB、オプションとして64GB、または128GBへの変更が可能となっています。これまでのiMacでは標準が8GBで最大でも64GBだったことを考えると革新的な変化と言えるでしょう。(※ただしメモリ増設は公式ショップでのみとなっているため注意。)とにかく同時にたくさんのアプリを立ち上げてもサクサクを維持したいという人は128GBにして損はなさそうです。

イメージ 10GPU

無題

今回のiMacProの性能に特化して開発されたグラフィックチップが〝Radeon Pro Vega〟。一つのチップでGPU(グラフィックボード)+HBM2(省スペース・省エネで高い帯域幅を実現するRAM)を組み合わせることによって最大400GB(/秒)でのデータ取得を可能にしているものです。グラフィックの読み込みに関係する動作(例えばVRやエフェクトの多いゲーム、映像など)もこの新型のグラフィックチップによって快適に操作できる仕様となっています。標準モデルはRadeon Pro Vega 56(8GB HBM2メモリ)ですが、オプションとしてRadeon Pro Vega 64(16GB HBM2メモリ)に変更することも可能です。

イメージ 10新OS(MacOS High Sierra)

 Sierraに加えてHigh Sierraで追加されたの主な機能としては、Mailでのスポットライト検索や分割ウィンドウのサポート、従来より35%ファイルサイズの小さい電子メールライブラリの利用…などがあります。(iMacでも通常のSierraからHigh Sierraにアップグレードすることが可能となっていますが、iMacProではデフォルトOSとして初めからHighSierraが入っています。)

イメージ 10サイズ

iMacProのサイズは27インチ、全体のサイズは高さ:51.6 cm、幅:65.0 cm、スタンドの奥行き:20.3 cmとなっていますが、これはこれまでのiMac(27インチモデル)と全く同じサイズです。

デザイン

 無題いまc

見た目のデザインとしては従来の定番カラーだったシルバーから一新してスペースグレーになっていることが最大の特徴でしょう。内部構造に関しては(MacProをも超える強力な機能をディスプレイ裏にすべて設置している都合上)熱処理が最大の課題ともなっていました。が、今回のiMacProでは上の図に見えるように新しいタイプの熱ブロワーを設置することにより、熱処理能力をこれまでの75%向上させることに成功しています。

今までのiMacとの違いは?

 今回発表されたiMacProに最も近いのが2017年のiMacですが、スペック面ではiMac→iMacProで改善されたポイントがいくつかあります。↓↓↓

 Ethernetが10Gb=従来の10倍速度に。

 これまでのiMacで装備されていたのがギガビットのEthernetポートでしたが、今回のiMacProではこの10倍の接続速度を実現する10GbのEthernetポートが実装されています。物理的には10Gbpsの速度での伝送を可能にするもので、動画などの比較的重いデータの書き出し(アップロード)をすることが多い人にとっては重宝する機能でしょう。(参考元:TrustedReviews

 4TBストレージ+接続ポートの強化。

iMacProはいわばiMac+MacPro(通称黒いゴミ箱)を足したともいえるもの。MacProの機能性をApple純正のディスプレイのみで実現できるようになったという事になります。物理的にMacProを置くスペースが必要なくなるだけでなく、デバイス背面でつなぐ配線も少なくなるため、デスク回りをスッキリと見せることができます。

 シルバーボディ→スペースグレイへ。

iMacProではこれまでのiMacで定番カラーだったシルバーからスペースグレイにカラーチェンジしたことで、よりクールで重厚な印象になっています。同梱のキーボード(Magic Keyboard)と、マウス(Magic Mouse2)も同じスペースグレイに統一されています。

 9.44kg→9.7kgへ。

これまでのモデルで最も形状の近い27インチのiMacでは9.44kgの重量となっていましたが、iMacProではスペックの充実化に伴ってそれよりも若干重量が増ています。とはいっても300g程度の差なので頻繁にデバイスを移動する人でない限りはあまり影響はないでしょう。

新型iMacProの価格はいくら?

  iMacProのお値段はズバリ 4999ドル(約550,000円)。ちなみに今回のiMacProに最も形状が近いiMac27インチモデル(Core i7)は420,600円、MacPro(8コア)は508,800円。高性能+ディスプレイまで込み込みの値段で考えると妥当な値段といったところでしょう。

新型iMacProの発売日はいつ?

  iMacProの発売は2017年12月からとなっています。(参考:Apple公式サイト今回WWDCで発表されたHomePodの販売開始と同時期になると考えられます。

海外・日本の反応

 iMacProをめぐっては日本国内・海外メディアでも様々な意見があります↓↓↓

  • iMacProが完璧なマシンであることはいうまでもないが、あくまでプロ仕様のトップエンドモデルなので一般的なユーザにとっては不必要なスペックである。そのようなユーザには標準的なモデルのほうがベターだが、プロ仕様かつハイスペックなモデルを求めているユーザにとっては魅力的なデバイスと言えるだろう。(参考:Trusted Reviews
  • VRゲーム制作などを想定したモデルで、他を寄せ付けない圧倒的なスペックで完全なクリエイター向けである。(参考:yahooニュース
  • VR開発をしている人には魅力あるモデル。Macを愛するプロにとっては納得のいくデザイン。(参考:TechCrunch
  •  「欲しいけど、ここまでの性能は使い切れなそう」「Appleの意気込みは感じるけどiMacProに関してはどこか空回りしてる印象が否めない」「スペックの割には安いともいえそう」など・・・(twitterユーザ)

新型iMacProは買うべき?

iMacProを買うかどうかを考える場合にはiMacのウリの機能が自分にとって必要かどうかを見るのが近道でしょう。iMacProのウリとはつまり・・・

  • Intel Xeonのコアを最低8コ、最大18コまで増やせる(並行作業の効率性)
  • ストレージは最低1TB、最高4TBまで追加可能。
  • グラフィックボードが最新の〝Radeon Pro Vega〟を搭載(VRなどを想定)
  • Ethenetは10Gbに。(毎秒10GBのデータ転送を実現)
  • Thunderbolt3(USB-C)ポートが合計4つある。(iMacPro以外に最大2台の5Kモニタを追加することを想定)
  • スペースグレーの新色で統一されており同梱デバイスは単独販売ナシ。

というようなこと。イメージとしては「最大3台のディスプレイで複数の激重ソフト(映像、動画編集ソフトや音楽作成、編集ソフトなど)をサクサク操作し、重いデータの送受信を高速でしたい!」というような人にはピッタリのモデルといったところ。新色スペースグレーのiMacをゲットできるなら55万払うのも惜しくないという人はそれも一つの購入理由にはなりうるでしょう…。(笑)
そこまでのスペックは必要ない!といった方は下位機種でいいかもしれません。

ただ従来のMacProの購入を迷っているという人の場合には、MacProだけ(もちろんディスプレイなし)を単体で購入しても50万以上かかることになるので、それよりもわずかに高いiMacProを購入したほうがお得といえそうです。

pyoko2-2_shockデメリットになりうる事は?

値段が高いということは前述の通りですが、それ以外にiMacProでデメリットになりそうなことの1つとしては接続ポートの配置があります。MacProを普段使っている人の場合には筒状デバイス(通称「黒いゴミ箱」)の側面にUSB端子を差し込むことが可能ですが、iMacProの場合にはディスプレイの裏側に接続ポートがあるため、ケーブルをつなぐ時にはいちいち背面を覗き込んで差し込むことになります。USBポートやSDカードを頻繁に利用しないユーザにとっては支障がないともいえますが、高スペックのiMacProを使うユーザのほとんどが外部デバイスとの接続効率を重視しているだろうことを考えると、この点はちょっとマイナスポイントとなりそうです。
Sponsored Links
--PR--
Appleが遂にiPhone7/Plusを正式に発表!
iphone7-top
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月4日 16:01~
発売日 9月14日
容量 64GB/256GB
カラー ジェットブラック,ブラック,ゴールド,シルバー,ローズゴールド,レッド
新機能予想 有機ELディスプレイ・高性能デュアルカメラ・生体認証・完全防水IP68
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

▼アクセス急上昇TOP5▼

【有名DJも認める!】
超高音質保証のiPhoneスピーカーTOP3
2015-10-14_121852 【メール通知が消えない!】
完全に消す6つの方法とは?
2015-10-14_122013 【メール通知が来ない!】
簡単に解決する3つの方法を各キャリアで解説
2015-10-14_122013 【第2世代最新情報!】
Apple Watch2の発売日と新機能7連発が凄い!
2015-10-14_122013 【Apple社員が教える!】
iOSアップデート不具合バグの4つの解決法とは?

▼注目記事ベスト10▼

iPhone6s手帳型ブランドケース
おしゃれな人気ランキングTOP3!
2015-10-14_121852 iPhoneアプリがインストールできない!
iOS99つの不具合解決法とは?
2015-10-14_122013 新型iPhone6c最新情報!
2016年1月発売説は嘘だった?!
iPhone画面割れの修理値段
Softbank/au/docomoまとめ
2015-10-14_122013 iPhone/iPad編!
パスワードを忘れた時の初期化方法と対策法
2016年最新版!
LINEツムツムのコインチート方法
新型Macbook Proの発売日はいつ?
新機能ベスト5とは
女子に流行中!
おしゃれなiPhoneケースショップTOP4
2015-10-14_122013 iPad mini4編!
人気のキーボードTOP5
2015-10-14_122013 元Apple社員に学ぶ!iPad mini4の使い方マニュアル本

▼人気記事ペスト10▼

Softbank/au/docomo編
iPhoneメール通知を消す6つの方法
2015-10-14_121852 Softbank/au/docomo
iPhoneメール通知が来ない時に試す3つの解決法
2015-10-14_122013 水深5m完全防水!?
iPhone6の最強ケースが凄すぎる
LINE既読を付けずにトーク履歴削除!
相手にどう表示されるの?
2015-10-14_122013 iPhone6s編
おしゃれな手帳型ブランドケースTOP3!
iPhone上でウイルス感染を検出!
スキャンしろって本当なの?
iPhone6s/Plus編
ディズニー手帳型&クリアケースTOP5!
新型Macbook Air2016
発売と発表日はいつ?
腹筋崩壊!
iPhone Siriの面白い質問&会話21連発
iPhoneイヤホンジャックが故障!音が聞こえない原因と7つの対処法

▼【最新】iPhone不具合情報▼

え、なんで!?
iPhone6/5のタッチパネルが反応しない不具合について
2015-10-14_121852 アップデートはちょっと待った!
iOS9の不具合まとめと解決方法とは
2015-10-14_122013 iPhoneが充電できない!
iOS9不具合による解決方法とは
iPhoneホームボタンが故障!
不具合の原因と解決方法とは
2015-10-14_122013 意外と知らない!
iOSバグを解決する4つの方法とは
Appleスタッフに学ぶ!
カメラアプリが動かない時の4つの復元方法
iPhone画面が急に拡大?!
不具合の原因と5つの解決方法とは
iPhoneスイッチが故障!
サイレントマナーモードにできない時の対処方法
2015-10-14_122013 iPhoneタッチパネルが反応しない!
不具合の原因と解決方法とは
2015-10-14_122013 iPhone/iPodTouchタッチパネルの反応がズレる原因と解決方法とは

▼【最新】LINE不具合情報▼

2015-10-14_121852 LINEをインストールできない、開かない
理由と解決方法は超簡単だった!?
2015-10-14_122013 LINEを最新版にアップデートできない!
不具合の原因と解決方法
元LINE社員に学ぶ!
ツムツム不具合時に試す5つの対処方法
2015-10-14_122013 恐怖のiOSアップデート
LINEが開かない、消える不具合発生!
LINEスタンプに異変!
開かずに見れない3つの原因と対処方法
絵文字がダウンロードできない!
解決方法は意外と簡単だった件
なぜか友達追加できない?!
理由と5つの解決方法とは
2015-10-14_122013 MVNOのLINE年齢制限がウザい!認証を突破する方法とは?

話題のiPhoneケース特集


話題のiPadケース特集


話題のMacbookカバー特集


コメントを残す