【Switch】非純正プロコンを接続できない時の対処法を解説

Switchにはプロコンという外部接続をするコントローラーがあります。プロコンには任天堂が発売している純正と非純正があります。この記事では、非純正プロコンを接続できない時の対処法やメリット、おすすめの非純正プロコンの紹介をしていきます。

【Switch】非純正プロコンが接続できない時の対処法

まずはSwitchに非純正プロコンが接続できない時の対処法を紹介していきます。今回はワイヤレスの非純正プロコンが接続できない時の対処法でを紹介します。有線で繋いでいるプロコンが接続できない場合はケーブルの再接続などをしてみましょう。

対処法①プロコンをリセットする

接続できていた非純正のプロコンがSwitchに接続できない時はまず、非純正プロコンのリセットボタンを押してみましょう。大体の非純正プロコンにはコントローラーの裏側にリセットボタンが付いてます。

リセットボタンは爪楊枝のような細いものを準備すれば押すことができ、非常に簡単に接続できない時の対処法として使えるので行ってみましょう。

対処法②Switchの設定から再ペアリングする

非純正のプロコンが接続できない時にリセットをしても改善されない場合は、Switchの設定から再ペアリングを行いましょう。非純正プロコンが接続できない時は、基本的にはプロコン側では何も行うことができません。

リセットボタンを押すよりも少しだけ手間はかかりますが、リセットボタンは簡単に押すことができるので、まずボタンを押してみて接続できない状況が改善されているか確認してから再ペアリングを試しましょう。手順は以下の通りです。

  1. 設定>コントローラーとセンサー>コントローラーとの通信を切る
  2. 画面にXボタンを押すように指示が出るので本体のXボタンを押す
  3. コントローラーの持ち方/順番を変えるを開く
  4. 非純正プロコンの再接続をする

【Switch】非純正プロコンの接続方法

では次に非純正プロコンの接続方法を紹介します。接続できない時の対処法でも紹介しましたが、非純正プロコンはそれぞれ接続時に押すボタンが違うので、非純正プロコンの取扱説明書も確認をしましょう。接続方法は以下の通りです。

  1. Switchと非純正プロコンをケーブルで繋ぐ
  2. Switchの設定を開きコントローラーの持ち方/順番を変えるを開く
  3. 非純正プロコンのボタンを押して設定する

【Switch】非純正プロコンのメリット

ここまで、Switchに非純正プロコンの接続方法と接続できない時の対処法を紹介してきました。次に非純正プロコンのメリットとデメリットを紹介します。

そもそもプロコンには任天堂から発売されている純正のプロコンも存在します。非純正プロコンのメリットは純正よりも優れている点だと考えて下さい。

メリット①価格が安い

非純正プロコンのメリットの1つ目は、純正に比べて価格が安いことです。純正に比べて非純正プロコンは1/2程度の価格で購入することができます。品質の保証はできませんが、物によっては2,000円程度でも変えるプロコンもあります。

  • 純正プロコン:定価6,980円
  • 非純正プロコン:平均3,000円程度

メリット②コントローラーが軽い