【ntoskrnl.exe】ブルースクリーンエラーの対処法!

Windows利用時にたびたび発生するntoskrnl.exe。

ntoskrnl.exeは数々の影響をPCに及ぼしているため、SNS上でも対応策が講じられています。

そこで今回はブルースクリーンエラーであるntoskrnl.exeについて解説していきます。

”ntoskrnl.exe”が及ぼす影響

まずntoskrnl.exeがPCに与える影響にはいくつかあります。

ブルースクリーンエラー

まずntoskrnl.exeが発生するとブルースクリーンにエラー画面が表示されます。

ここでは

  • OSの互換性が無い
  • メモリを操作するアプリの障害
  • CPUやRAMの発熱

などが挙げられます。

パソコンの動作が重くなることがある

またntoskrnl.exeによりPCの動作が重くなる現象も報告されています。

その理由としてntoskrnl.exeが

  • CPUやメモリを制御している
  • OSで実行されているプログラムに制限がかけられる

などの操作を行っているからです。

そもそも”ntoskrnl.exe”とは?

このようにかなり面倒な影響を与えているntoskrnl.exe”ですが、一体”ntoskrnl.exe”とは何なのでしょうか。

ntoskrnl.exe”とは「Windows NT operating system kernel」のプログラムファイルの1つ。

つまりWindows10にあるOSの心臓部であるプログラムでもあります。

ntoskrnl.exe”は

  • ハードウェアの制御
  • メモリやCPUの操作
  • Windows10を動作させるためのプログラム動作

などをつかさどっています。

非常に大事なプログラムになっていますのでそう簡単に停止させたり削除したりすることはできません。

ブルースクリーンで”ntoskrnl.exe”のエラーが出る原因

そんなntoskrnl.exe”がブルースクリーン上で表示されてしまうのは

  • デバイスドライバの故障
  • バージョンの互換性が無い
  • RAMやHDD、SDDの破損
  • アプリケーションの不具合
  • CPUやRAMの発熱
  • Windowsシステムファイルの破損

などが考えられます。

ブルースクリーンで”ntoskrnl.exe”のエラーが出た時の対処法

ntoskrnl.exe”がブルースクリーン上で表示されてしまったときの対処法をご紹介します。

対処法①メモリに関連するアプリのアンインストール