サイバー大学がやばいと評判のワケは?合う人合わない人徹底考察

サイバー大学がやばいという評判を見かけますが、何がやばいのでしょうか。

この記事ではサイバー大学がやばい理由やその特徴、どんなことが学べるのかについてご紹介します。

どんな人がサイバー大学に合っているのかについても書いていますので、是非最後まで読んでくださいね。

サイバー大学がやばい!悪い評判が出回ってるのはどうして?

ネット上でやばいやばいと悪い評判が出回っているサイバー大学ですが、どこがそんなにやばいのでしょうか。

ここでは、サイバー大学がやばいと言われる理由について考えていきたいと思います。

【サイバー大学がやばいと評判の理由①】自宅の学習環境が整っていないと厳しい

サイバー大学は通信制の大学ですので、基本的に自宅が学習場所になります。例えば家に小さなお子様がいるご家庭など、学習環境としては厳しく、「やばい」ものとなってしまいます。

この点もサイバー大学の評判がやばいと言われてしまう理由です。

【サイバー大学がやばいと評判の理由②】学校生活での人間関係が希薄になる

通信制のため、当然授業も生徒同士が集まって受けるわけではありませんので、普通の大学と比べるとどうしても人間関係はやばいと言えるほど希薄になってしまいます。

このご時世ですから仕方ないかもしれませんが、サイバー大学側も生徒同士の交流にはあまり積極的ではないようです。

「大学生活を通して、色んな人と交流したい」と考えている人にとっては、サイバー大学は「やばい」という評判になってしまうでしょう。

【サイバー大学がやばいと評判の理由③】キャンパスライフやサークル活動がない

授業はもちろん、全てをオンラインで行うサイバー大学には、一般的にイメージされるようなキャンパスライフやサークル活動などは存在しません。

一般的なキャンパスライフやサークル活動などにあこがれを持っている方にはサイバー大学は「やばい」かも知れません。

【サイバー大学がやばいと評判の理由④】卒業しても就職に有利にはならない

サイバー大学で学べる内容はIT関係の仕事で活きてくるものが多いようですし、大学の卒業生の就職先はほぼ情報通信関係の業種に偏っています。

情報通信系の企業への就職には強いのかも知れませんが、それ以外の業種を目指すとなると、サイバー大学は選択肢として「やばい」ということになるかもしれません。

また、サイバー大学の学生にはすでに社会人としてある程度キャリアを積んでいる方も多く、サイバー大学の卒業生の就職先は、学業の他に社会人経験も加味された結果のものと言えるでしょう。

ですので、一般的な大学の新卒者と比べて就職に有利か不利かを判断するのは難しい部分があり、安易にサイバー大学卒業生の就職先に自分も行けると考えるのはやばいでしょう。

サイバー大学ってどんなところ?ちゃんとした大学なの?

ここまでサイバー大学のやばいと評判な部分ばかりご紹介してきましたが、実際サイバー大学とはどんな大学なのでしょうか。

詳しく見ていくと、やばいと言われるような悪い評判だけではなく、良い面もたくさんあることが分かります。

ここでは、サイバー大学の特徴的な部分である学費や入試偏差値について解説していきます。

【サイバー大学とは①】学費について