dlbooksは復活したの?後継Xbooksや広告の危険性とは?

多種多様な漫画が揃っていたdlbooksですが、復活しているのでしょうか?また、dlbooksの後継サイトと言われているxbooksは存在しているのでしょうか?類似サイトの広告の危険性や、広告をPCでブロックする方法も調べましたので併せて参考にしてください。

この記事の目次

dlbooksとして復活したXbooksも閉鎖

ダウンロードブックス、通称dlbooksとは、スマホやPCで手軽にアダルトな漫画を無料で閲覧するサイトでした。しかし、本来一般漫画、アダルト漫画はお金を払って読むものです。また、スマホやPCで一般漫画やアダルト漫画を、正式な手続きを踏まずに無断でアップロードする行為は、違法になります。dlbooksはその違法性から、以前から違法サイトと言われており、xbooksなど名前を変えて運営されていました。

著作権法に違反している

dlbooksがなぜ違法なのかというと、著作権法に違反しているからです。漫画を描いた作者にアップロード許可をもらわないまま無断でdlbooksなどにアップロードをしてしまうと、著作権侵害となり罪に問われます。その場合、約1000万円の罰金、または10年以下の懲役刑を科されます。dlbooks、そしてxbooksサイト運営者はどちらか、または2つの罪に問われてしまう可能性があるため、閉鎖されました。

dlbooksの後継サイトはない

dlbooksは、xbooksとして復活しました。しかしその復活も短い期間で終わり、今ではdlbooksの後継サイトはなくなっています。著作権法に違反している、そして違反サイト取り締まりによって、ネットの目が厳しくなっている以上、dlbooksは今後復活する可能性は低いと考えられます。dlbooksに類似したサイトは存在していますが、dlbooksのように名前を変えても閉鎖している場合が多数です。

Xbooksの代わりのサイト

バンカーリングスタンド

違法性が高いサイトとして取り締まられたdlbooksは、復活の可能性が極めて低いサイトです。しかし、dlbooksが復活していないからこそdlbooks、または後継サイトであるxbooksの類似サイトが数多く生み出されています。dlbooksの類似サイトをいくつか紹介していきますので、dlbooksの類似サイトに興味があるという人は参考にしてください。そしてサイトを訪れる際は、広告などに注意です。

①ぶひドウ

ぶひドウは数多くのアダルト漫画などを閲覧できるサイトです。dlbooksの復活の兆しが見えない今、利用している人が多いぶひドウは人気アニメのキャラクターを用いたアダルト漫画を数多く見ることが可能です。その漫画の画力はどれも高く視覚的に利用者を満足させています。しかし違法性があることには変わりありません。さらに広告を踏んでしまう可能性があるため、万が一にもぶひドウを訪れる際は広告にも注意が必要です。

パスワード付きでスムーズにダウンロード

ぶひドウの特色として、漫画をダウンロードするリンクにパスワードが付いています。これはなぜかというと、ぶひドウの漫画をPCなどでダウンロードする際に、ダウンロード速度が遅くならないようにと設置されたからです。パスワードは誰でも見られるところに配置されています。しかし、パスワードを探す時に設置されている、多くの広告が邪魔になってきます。広告を踏んでしまうと、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。

②nHentai

dlbooksやxbooksの代わりのサイトの2つ目はnH entaiです。このサイトでは日本の人気アニメのキャラクターのアダルト漫画や特定のジャンルに特化した漫画を数多く掲載しているサイトです。ホームページがきっちりとしていて見やすく、更新も随時されているので多種多様な漫画を読みたい人に人気が高いです。幅広いジャンルの漫画を読むのが好きな人は、広告に注意しながら一度チェックするのもおすすめです。

新着漫画がすぐに分かる

nHentaiは、トップページにその日の新着漫画が分かりやすく表示されています。そしてその漫画のことについて、サイトユーザー同士のチャットで意見交換をすることができます。このようなサイトで、リアルタイムでユーザーと意見交換ができるのはとても珍しいです。読んだ漫画について、人と意見を交わし合うのも貴重な体験になること間違いなしです。漫画を楽しみながらチャットも楽しみたい人は訪れてはいかがでしょうか。

③俺のエロ本

俺のエロ本も、dlbooks、xbooksの代わりに多くのユーザーに利用されているサイトの1つです。俺のエロ本の歴史は浅く、2017年の始めに立ち上げられた新規のサイトですが、サイトの見やすさ、数多くのアダルト漫画、さらに特定のジャンルに特化しているハイクオリティな作品がたくさん揃っているという面から、数多くのユーザーを一気に味方につけたサイトです。一度訪れて、どのようなサイトかを確かめましょう。

更新頻度の高さに注目

俺のエロ本は、更新頻度がとにかく高いです。1日に複数回更新され、日々新たな漫画を読むことができます。さらに、その漫画はどれもハイクオリティで、綺麗な絵のアダルト漫画が読みたいという人の希望に沿っています。このサイトで漫画をダウンロードしたいという人は、ウイルスなどに注意しながら行う必要があり、さらにワンクリックで目当ての漫画の全ページをダウンロードすることはできません。くれぐれも注意してください。

④毎日エロ漫画

4つ目のサイトは毎日エロ漫画です。この毎日エロ漫画では、数多くのジャンルのアダルト漫画が用意されていて、どんなマイナーなジャンルの漫画もあります。自分の好きなジャンルの漫画がなくて不満を抱いていたという人に親しまれているサイトです。基本的にPCでも携帯端末でも読むことができますが、携帯端末だとレイアウトが見にくくなってしまうので、スムーズに漫画を楽しみたいという人はPCで読むことをおすすめします。

幅広いタグに注目

毎日エロ漫画の特徴としては、幅広いジャンルの漫画が揃っていて、どんな人でも楽しめるというものがあります。様々なタグが用意されていますので、自分が求めているジャンルのアダルト漫画のタグを見つけて、活用してみましょう。ただし、有名なアニメや漫画作品を元にしたアダルト漫画は、作品名を検索しても出てきません。タグも一切用意されていないので、有名アニメや漫画を題材にした漫画が読みたい人は、注意してください。

⑤同書庫

5つ目のサイトは、同書庫です。サイト名だけだと、とてもシンプルでアダルト漫画が閲覧できるようなサイトだとは想像できませんが、実際は数多くのアダルト漫画が揃っているサイトです。カテゴリーが数百もある豊富さで、様々なジャンルが好きな人たちが楽しむことができます。さらに、アップロードされた日別に作品を読むことができるので、読みたい年月日の作品を検索して使うという利用方法ができるのが、嬉しいポイントです。

自分の好みを細かく指定して検索

同書庫ではマイナーなジャンルも楽しむことができます。50以上のタグがあり、細かく検索して自分好みの作品を探せます。さらに同書庫はアダルト漫画無料閲覧サイトでは珍しく広告が少ないというのが特徴です。広告に邪魔されずにスムーズにアダルト漫画を楽しみたい人は、チェックしてみてはいかがでしょうか。しかし、サイトのレイアウト自体は少し見辛い部分もあります。タグやジャンルも区別されていないので注意が必要です。

⑥エロ漫画の夜

6つ目のサイトはエロ漫画の夜です。夜、という名前がついている通り、サイトは黒とダークピンクを基調としたデザインで、夜にアダルト漫画を楽しみたいという人の感情を邪魔しない雰囲気です。エロ漫画の夜にアップロードされている漫画は数多く、様々なジャンルの漫画を読むことができるのでポピュラーなジャンルの漫画が好きな人も、マイナーなジャンルの漫画が好きな人も満足できるサイトです。ぜひチェックしてみてください。

白黒もフルカラーも盛りだくさん

エロ漫画の夜では、白黒漫画も数多く用意されていますが、フルカラーの漫画も数多く用意されています。美しいフルカラーで漫画を楽しみたいという人におすすめです。白黒もいいですが、フルカラーでより楽しみたいという人の希望を叶えてくれます。しかし、エロ漫画の夜は拡大表示が不可能、携帯端末で見ると広告が様々なところにあるため読みにくいなどのデメリットがあります。使いたい人はPCで訪れて、広告に注意しましょう。

⑦エロマンガタイム

7つ目のエロマンガタイムは、無料漫画や無料アダルト漫画を数多く揃えているサイトです。サイトを訪れると、右画面にカテゴリー、タグ、サイト内検索の画面があります。カテゴリー豊富で、様々なジャンルの漫画を読むことができますし、自分が気になった漫画をサイト内で検索して読むことも可能です。人気アニメや漫画を元にした漫画、オリジナル作品の漫画など数多く揃っているので様々な漫画を読みたい人は訪れてみてください。

広告に邪魔されないストレスフリーサイト

エロマンガタイムは、あまり広告が多くなく、様々なアダルト漫画をストレスなく楽しみたいという人におすすめのサイトです。無料漫画閲覧サイトでは様々な広告が散りばめられていて、間違ってクリックしてしまいストレスを感じるということがあります。エロマンガタイムにはそのようなストレスはあまりないですが、少し検索がやりにくいというデメリットもありますので、読みたい漫画をサイト内で検索するときは、注意が必要です。

⑧もえもえあにめろぐ

もえもえあにめろぐでは細かいタグとジャンルで分けられた数多くのアダルト漫画を読むことができます。日々更新されており様々なジャンルの漫画を数多く読みたいというユーザーが利用しているサイトです。このサイトにアップロードされている漫画は全て日本語なので、とても見やすいのもポイントです。すべて無料で読むことができますし、PCだとより見やすいので、もえもえあにめろぐに興味がある人はブラウザで訪れてください。

様々なアニメの漫画も楽しめる

このもえもえあにめろぐでは、ルール34のコンテンツが充実しています。ルール34とは外国の巨大匿名掲示板で生み出された言葉で、有名作品であれば、必ずアダルトな二次創作が生み出されるという意味です。人気のアニメ作品や漫画作品のアダルト漫画が読みたいという人に、もえもえあにめろぐはおすすめです。ただし外部リンクトラップなどがあるため、利用する際はくれぐれも外部リンクをクリックしないように注意しましょう。

⑨同人スマート

同人スマートは、主に人気のアニメ作品や漫画作品のアダルト漫画が数多く用意されています。人気アニメ作品のアダルト漫画をたくさん読みたい、でもなかなか見つからないという人は同人スマートをチェックしてみてはいかがでしょうか。ダウンロードもスムーズにできるため、お気に入りの作品がすぐにダウンロードできるのは嬉しいポイントです。サイト内もシンプルで、とても見やすい仕様になっているのも同人スマートの特徴です。

目当ての作品がすぐ読める

人気のシリーズ、そして各アニメごとの漫画や各漫画作品ごとの漫画がカテゴリ分けされているため、すぐに目的の作品を読むことができるのも同人スマートのストレスフリーな部分です。ただしPCで見ているときはスマートでシンプルなサイトのデザインが、携帯端末で見ると画面サイズの違いからか複雑になってしまいます。すっきりとしたデザインでスムーズに漫画を楽しみたい人は、PCから同人スマートを訪れるのがおすすめです。

海賊版サイトの閲覧の危険性

dlbooksの代わりであるサイトを紹介しましたが、紹介したのは全て海賊版サイトと呼ばれているサイトです。この海賊版サイトを閲覧すると様々な危険性があり、むやみやたらサイトに入ることは危険な行為です。海賊版サイトに入ると、どのような危険性があるのかを詳しく解説していきます。上記で紹介したサイトに興味がある、閲覧したいと考えている人は、どのような危険性があるかをチェックしてからサイトを訪れましょう。

【海賊版サイトの閲覧の危険性】①ウイルス感染

著作権法に違反している無料漫画閲覧サイトなどに入るとウイルスに感染する危険性があります。または、ウイルスに感染しているとユーザーに嘘の情報を教え、ウイルスを無くすためにとうたってウイルス感染サイトへ誘導するなど悪質な手口が見られます。著作権法に違反しているサイトを訪れると、比較的高い確率でウイルスに感染しているというポップアップが出ます。そうならないために、むやみにクリックしないようにしましょう。

【海賊版サイトの閲覧の危険性】②フィッシング詐欺

海賊版サイトの危険性はウイルスだけではありません。フィッシング詐欺という危険性もあります。ウイルス感染しているという不安をあおり、偽のサイトに誘導して、携帯端末やPCのパスワードを抜き取ったり、クレジットカード情報を抜き取るという悪質な詐欺行為です。このフィッシング詐欺の怖いところは、被害に遭うまで情報を抜き取られたことに気がつかないというところです。サイトに誘導されてもクリックしないでください。

【海賊版サイトの閲覧の危険性】③マイニングを勝手にさせられる

海賊版サイトにはマイニングの危険性もあります。マイニングとは、仮想通貨を自分のPCや携帯端末に勝手に作られているというものです。マイニングをするためのシステムを自動的に埋め込まれているというのが、マイニングの怖いところです。マイニングをするためのシステムが作動すると、PCが必要以上に動いてしまいバッテリーが減る、携帯端末でも同じようなことが起きてしまいますので、注意しましょう。

【海賊版サイトの閲覧の危険性】④ダウンロードで違法の可能性

注意点

海賊版サイトは漫画閲覧サイトだけではなく、著作権法違反の動画閲覧サイトも海賊版サイトになります。この海賊版サイトには、比較的高い確率でそのコンテンツをダウンロードできるボタンが存在します。海賊版サイトで、著作権法に違反しているコンテンツをダウンロードすると、その行為も違法になる可能性が高いです。ダウンロードできるからといって、海賊版サイトのダウンロードボタンは絶対に押さないように注意してください。

2021年1月から漫画ダウンロードも違法に

海賊版サイトで漫画をダウンロードすることも違反行為になります。著作権法が厳しくなっているため、2021年から海賊版サイトで漫画をダウンロードすると、200万円以下の罰金、または2年以下の懲役が科される法律が施行されます。

海賊版サイトを見る際の予防策

LINE ブロックされた

海賊版サイトの閲覧、コンテンツをダウンロードすることはとても危険な行為です。しかし、1度でいいからどのようなコンテンツがあるのか見たいという人は、しっかりとウイルス予防対策をしてからにしましょう。

【海賊版サイトを見る際の予防策】①ウイルス対策ソフトを入れる

海賊版サイトを訪れる際は、必ずウイルス対策ソフトを入れてからにしましょう。ウイルス対策ソフトには様々なものがありますので、お財布に優しいソフトを購入することもできます。海賊版サイトを訪れる予定がなくても、ウイルス対策ソフトを入れておくのをおすすめします。

【海賊版サイトを見る際の予防策】②広告をクリックしない

海賊版サイトを訪れたときに1番大事なのが、表示されたポップアップ広告をむやみにクリックしないということです。表示されたポップアップ広告にウイルスを仕込まれていたり、クリックすることでウイルスを感染させるサイトに誘導される可能性があります。

【海賊版サイトを見る際の予防策】③広告ブロックする

海賊版サイトで表示されるポップアップ広告をクリックしないようにするためには、事前に広告をブロックする必要があります。PC、携帯端末で広告をブロックする手順は異なりますので、広告ブロックの手順を間違えないようにしましょう。

【海賊版サイトを見る際の予防策】④絶対にダウンロードしない

海賊版サイトを訪れた場合、大事なことはダウンロードボタンがあるからといって、決してそのコンテンツをダウンロードしないということです。ダウンロードをしてしまうと、処罰対象になってしまうので気をつけましょう。

【海賊版サイトを見る際の予防策】⑤合法サイトやアプリを使用する

海賊版ではなく、正規のアプリやサイトで漫画を読むのが1番の予防策です。正規のアプリやサイトで様々なコンテンツを楽しみましょう。そうすることでウイルスに侵される可能性をぐんと下げることができるのです。