Windows10搭載でパソコンの電源が急に落ちる場合の対処法

「Windows10を使っているとパソコンの電源が急に落ちてしまい困っている……」このようなお悩みを持ってる方が多いと思います。本記事ではパソコンの電源が急に落ちる原因と対処法について徹底解説。Windows10をお使いの方はぜひチェックしてみてください。

Windows10でパソコンの電源が急に落ちる時はハードとシステムを確認

ここからはWindows10を使っていてパソコンの電源が急に落ちる場合に有効な対処法を紹介していきます。ほとんどのケースではハードとシステムが原因で、それらを改善することで正常に動作することが多いです。

対処法1.パソコンのバッテリーを交換する

Windows10を使っていてパソコンの電源が急に落ちる時は、パソコンのバッテリーが原因かもしれません。バッテリーは消耗品のため、長年使っているとどんどん劣化していきます。パソコンの不調を感じた時はバッテリーの状態を確認し、あまりに劣化している場合は交換しましょう。

対処法2.プロセッサの電源オプションを変更する

Windows10の使用中にパソコンの電源が急に落ちる場合は、プロセッサの設定を変更してみましょう。CPUは頑張れば頑張るほど発熱量が高くなります。PCに搭載されている電源ユニットの容量を超える電力を使ってしまうと電源が落ちてしまいますので、CPUのパフォーマンスを意図的に下げて電力量を下げてみてください。

対処法3.ファンを掃除する

パソコンの電源が急に落ちる時は、 パソコン内のファンが原因の可能性があります。ファンが汚れていると冷却性能が低くなり、パソコンが熱暴走しやすくなります。ときどきはファンの清掃をするなどして、パソコン内を常に冷却できるような環境を維持しておきましょう。

対処法4.イベントビューアを確認する

Windows10を使っていてパソコンの電源が急に落ちるまたエラーが発生してしまう時は、イベントビューアをチェックしてみましょう。イベントビューアを確認するには、Windowsマークから「イベントビューア」を選びます。その後、「Windowsログ」から「重大」と表示されているものがないかチェックしましょう。

対処法5.オーバクロックを定格で動作させる

CPUをオーバークロックさせて利用している方は一度定格に戻してみましょう。オーバークロックさせるとCPUの能力が向上しますが、それに伴って電力量も増えてしまいます。電力量が規定量を超えるとパソコンの電源が急に落ちることがありますので注意してください。

対処法6.問題のあるソフトウェアをアンインストール

ソフトウェアが原因でパソコンの電源が急に落ちるということも。何度再起動しなおしてもパソコンの電源が切れてしまうという時は、ソフトウェアに不具合が発生している可能性が高いです。そのような時は、クリーンブートで起動し、インストールされているソフトウェアに問題がないかチェックしてみてください。