未分類

【TikTok】アカウント登録/ログインできない時の対処法!

TikTokのアカウントを作成しようと思うと、アカウントの登録ができない場合があります。TikTokは若年層では非常に人気のアプリですが、13歳未満ではアカウント自体作ることができません。この記事では、アカウントができない原因や対処法などを紹介していきます。

【TikTok】アカウント登録できない原因

まずは、TikTokアカウントが登録できない原因を紹介していきます。TikTokアカウントを登録するのは難しい手順は基本的にはありません。画面の指示に従って進めていけば登録できないことはありません。

ただ、不具合で登録できないこともあります。また。制限によって登録できないこともあるのでいくつかの原因を紹介していきます。

原因①年齢制限に引っかかっている

昨今では若年性のネットトラブルが頻繁になっているので、TikTokではアカウントの作成に年齢制限がかかっています。TikTokでは成人になっていないとTikTokの全ての機能を利用することはできません。

13歳未満は作成不可

そもそもTikTokは13歳未満ではアカウント登録できない仕様になっています。他のSNSでも年齢制限がかかっているのはネットトラブルによるものです。

16歳未満は非公開アカウントになっている

13歳以上になればTikTokのアカウントは作成できますが、機能が制限されています。動画の投稿ができない非公開アカウントとしてしか利用ができません。非公開アカウントは以下の特徴を持っています。

  • 知らないフォロワーからはプロフィールが見れない
  • 動画の公開範囲が制限される
  • 投稿した動画を他ユーザーがシェアできない
  • フォローをするのに許可がいる

どの項目も、ネットでのリスク回避するための設定です。TikTokは若年性に人気のアプリですが、ネットのトラブルに巻き込まれる要因でもあるので注意が必要です。

原因②Wi-Fiで作成している

TikTokのアカウントはスマホがWi-Fiに接続されていると作成できない場合があります。モバイル通信に切り替えれば作成は可能なので、Wi-Fi接続をしている場合は作成時だけモバイル通信に変更しましょう。

【TikTok】アカウント登録できない時の対処法

TikTokアカウントが登録できない原因は大体が年齢制限に引っかかっているかWi-Fiで作成しているかどっちかです。ここで紹介するのは推奨する方法ではありませが、どうしても年齢制限を突破したい場合には注意しながら参考にしてみてください。

対処法①親管理でアカウントを作成する

前述した通り、TikTokアカウントは13歳未満では登録できないようになっています。なので、親御さんの管理の元親御さんのアカウントとして作成することができます。

対処法②代理でアカウント作成を依頼する

親御さんに了解が得られない場合、年齢制限に引っかからない方にアカウント作成を代理で依頼することも可能です。ただ、顔も知らないようなネットの中の人に頼むのは危険極まりないのでおすすめできません。

【TikTok】アカウント作成に必要なもの

次のページへ >