airtagの類似品ってあるの?スマートタグのメリットと選び方

 

airtagみたいな製品がないかお探しではありませんか?airtagとはスマートタグと言われる小型電子機器類の製品群の1つです。スマートタグと呼ばれるtileなどの製品はairtagの類似品ということになります。この記事では、スマートタグを解説しています。

スマートタグは忘れ物防止タグ!スマートタグはairtagの類似品

airtagの類似品であるスマートタグについて5つの項目で紹介していきます。スマートタグとはどのようなものか?airtagの類似品である理由など1つ1つ解説していきます。

スマートタグはairtagの類似品

airtagもスマートタグというガジェットに分類されており、airtagの類似品というとスマートタグのことになります。

有名なスマートタグというと「tile」や「MAMORIO」などがあります。airtagの完成度の高さは見た目や使い勝手なども含め高い次元にありますが、tileやMAMORIOなどの類似品にもairtagにはない良さがあるので、使い方に合ったスマートタグを選びましょう。

スマートタグとはモノを見つける優秀なお守り

スマートタグとは、忘れ物防止タグとも呼ばれ、サイフや鍵などよく失くすものや、失くしたくないものに取り付けることで失くしモノを無くすことのできるスマートなガジェットです。

外出前にサイフやスマホなどが見当たらず、探すことってありませんか?スマートタグを取り付けておけばスマホからスマートタグで音を鳴らしたりして見つけ出すことができます。忙しい現代人こそ持っておきたいガジェットです。

Bluetoothでスマホと連携してモノを探せる

airtagの類似品であるスマートタグは主にBluetoothでスマホと連携してモノを探せるようになっています。スマホからスマートタグに信号を送って音を鳴らしたり、スマホで位置情報を確認して探し出すなどの使い方ができます。

また、airtagにはAppleユーザーで作り上げる巨大ネットワークがあり、落とし物のairtagなども近くの全く誰のものかもわからないiPhoneが信号を拾って位置情報を特定してくれる機能があります。他のスマートタグにも似たような機能があるので、airtagの類似品を探すときに確認しておいても良いでしょう。

スマートタグとスマホが離れるとアラームで知らせてくれる

スマートタグとスマホが離れるとアラームで知らせてくれる機能もあり、落とし物も見つけてくれるのがスマートタグの嬉しいポイントです。例えばairtagならairtagとiPhoneが10m以上離れると置き忘れ通知が届くようになっています。tileなどの類似品にも置き忘れ防止機能はついています。

 

airtagの使い方については下記記事でも紹介しています。

「airtagの使い方を解説!ストーカー被害は?難しくない?」

 

スマートタグのデメリットを紹介!思ったより邪魔?

スマートタグには思いがけないデメリットが潜んでいます。airtagをはじめとするairtagにはどのようなデメリットがあるのかを解説していきます。

解説の前にデメリットを無くすポイントを1つ紹介します。必ず自分がスマートタグを使うに当たって取り付ける製品とスマートタグの形状が合っているかです。

使い方にあったスマートタグを選ばないと邪魔になる