AirTagの使い方を解説!ストーカー被害は大丈夫?難しくない?

AirTagは失くなったら困るものにつけることで効果を発揮します。AirTagは財布の中やバッグ、鍵につけることができ、失くなったときに探せるのです。本記事ではairtagの詳しい使い方、どうやって探すのか、取り付け場所のおすすめなどを説明していきます。

AirTagの使い方①まずは設定方法から解説

画像:https://www.apple.com/jp/airtag/

AppleのAirTagはとても便利なアイテムです。さまざまなものに入れたり、つけたりするだけで失くすという心配がなくなるのです。
そこで、具体的なAirTagの使い方を紹介していきましょう。
AirTagの使い方①設定の仕方
AirTagの使い方②失くしたときの具体的な使用法
AirTagの使い方③バッテリーなどについて

まずはAirTagの設定をしよう!iPhoneに近づけるだけ!

AirTagの設定はとても簡単です。仕組み的にはBluetoothを思い浮かべてみれば分かりますが、AirTagを近づけるだけで信号を発信し、信号を受け取ったデバイスがiCloudにAirTagの位置情報を示してくれます。
使い方はとても簡単ですが、最初にiPhoneを最新バージョンにアップデートする必要があります。
iOS14.5以降で使用できるため、なっていない場合には最新にバージョンアップしましょう。

iPhoneとBluetoothで接続しよう!

AirTagの使い方について難しい設定はありませんが、BluetoothをオンにしていないとAirTagを感知しないので気をつけましょう。
iPhoneの歯車マーク(設定)をタップすると機内モード、Wi-Fi、Bluetoothと並んでいるので、オフになっている場合にはオンにしておく必要があります。
Bluetoothを常時オンにしていないとAirTagが使えないので気をつけましょう。

「探す」アプリにAirTagを追加しよう!

具体的なAirTagの使い方として「探す」に追加する必要があります。Bluetoothがオンになっていれば自動的にAirTagが追加されるのですが、詳しい使い方を説明します。
①iPhoneの「探す」アプリを起動すると地図が表示されます
②下部の「持ち物を探す」から「持ち物を追加」を選択
③「新しい持ち物を追加」から「AirTagを追加」をタップ
④「AirTagを探索中」が表示されるのでAirTagの電源をオン
⑤「接続」をタップし、AirTagのIDが表示が間違いないか確認し「続ける」をタップ
⑥「設定中」となり、接続が完了すればOK
細かく説明しましたが、これらの作業はほんの少しの時間でできので、AirTagを購入したらすぐに設定をしましょう。

AirTagの使い方②iPhoneの「探す」アプリを使う

画像:https://www.apple.com/jp/airtag/

ここからは具体的なApple製品のAirTagの使い方について解説していきます。よく財布や鍵を紛失してしまうという人にとっては、役立つアイテムですが、実際にどのように探すのかを知っておいたほうがいいでしょう。

自宅など近い場所にあるAirTagをつけたものを探すときの使い方

自宅で何かを紛失した場合でも、どこへ置いたのかが分からないときがあります。そんなときのAirTagの使い方を説明しましょう。
これには2通りの使い方があります。ひとつは音を鳴らし、音を頼りに探すというもの。もうひとつはiPhoneの画面の矢印に従いAirTagを探すというものです。AirTagはカバンなど大きなものに入れておくということもできますが、財布や鍵など比較的小さいものの場合には家の中でどこにあるか分からなくなることがあります。
「探す」アプリを起動し、矢印に従い辿っていけば位置が分かります。

AirTagの本気!外出先でAirTagをつけたものを失くしたときの使い方

AppleのAirTagの優れているところは、外出先で紛失してしまった場合に効力を発揮することです。どのような手順で探すのか使い方を説明します。
①「探す」アプリを起動します。
②下部にある「持ち物を探す」をタップすると地図上にAirTagの位置が表示されます。
③AirTagの詳細を表示させることによって、さまざまな操作を実行できます。
「サウンドを再生」音で見つけやすくすることができます。
「通知」Bluetoothが届かない範囲にあるとき「検出時に通知」を設定しておくことで、AirTagが電波到達範囲になったとき、通知が届くような設定です。
「経路」マップを起動させるとAirTagまでの位置を知らせてくれます。

拾ってもらったときに便利な「紛失モード」

AppleのAirTagの使い方として1番便利なのが、紛失してしまったときに役立つ「紛失モード」です。
これは自分では探せないが、iPhoneを持っている人がAirTagを探してくれるというもの。「紛失モード」をオンにしていれば他のiPhoneユーザーに電話番号などを知らせ、見つけた人が連絡してくれる可能性があるのです。
「紛失モード」の使い方の手順を説明します。
①「探す」アプリを開き、通知の「検出時に通知」をオンにします。
②同じく通知の「紛失モード」を有効にします。
③有効にすると紛失モードの説明が表示されます。連絡先として電話番号やメールアドレスを入力すると見つけた人から電話なり、メールなりで連絡がきます。
④確認の画面で、知らせてくれる人に対してのメッセージを確認すれば完了です。

AirTagの使い方③AirTagのバッテリーは?取付場所のおすすめは?

画像:https://www.apple.com/jp/airtag/

Apple製品のAirTagの使い方を説明してきましたが、気になるのはバッテリーではないでしょうか。何にでも取り付けられるのはいいですが、いざというときにバッテリーが切れていては元も子もなくなってしまいます。
AirTagはどれくらいバッテリーが持つのでしょうか?

AirTagのバッテリーは1年間持つ設計!電池交換も簡単!

バッテリーはとても簡単に交換できるうえ、約1年間は持つような設計です。
バッテリーの換え時期は自分でリマインダーなどで管理もできますが、iPhoneで知らせてくれるのでとても便利です。心配なときには「探す」アプリから残量を確認することもできます。

サイフに入れてもキーホルダーとしても使えます!専用ケースがおすすめ

AirTagの使い方として、財布に入れるなどはすぐに思いつきますが、AirTagには専用ケースがあるのでそれを使用して鍵につけることもできます。
また、便利な使い方としては車に入れておく方法があります。大型ショッピングパークやテーマパークの駐車場など、帰りにどこに車を置いたか忘れてしまった経験はありませんか。
そんなときのためにAirTagを利用する方法があります。AirTagは地下の駐車場に車がある場合でも効力を発揮するのです。
ほかにもさまざまな利用法を探し自分なりの使い方を見つけてください。

AirTagとはAppleから発売された紛失防止タグ

画像:https://www.apple.com/jp/airtag/

ここで一旦AirTagの詳しい説明に戻りましょう。
AppleのAirTagは紛失防止タグであり、このような製品は他社からも出ています。ほかの製品と比べてAppleのAirTagがどのような製品なのかについて触れていきます。

iPhoneと連携して探し物を探せる

AppleのAirTagは紛失防止タグとしてはiPhoneと連動して探すことができます。
AppleのAirTag以外のものもスマホと連動して忘れたものを探すことができますが、ほかのものと比べてメリットはバッテリー面です。
AirTagのバッテリーは約1年くらい持ち、電池残量が少なくなるとiPhone上で通知されます。そうなった場合AirTagは自分で交換ができますが、他社のものは電池交換ができないものもあります。

Appleだからできる探すネットワーク

AppleのiPhone、iPad、Macなどを持つ世界中の人がAirTagを拾った場合、連絡してくれるというシステムなので、これは他社の紛失防止タグにはないシステムでしょう。

AirTagの大きさは500円玉くらい

大きさは財布などにも入れておける大きさなのも嬉しいポイントです。他社の紛失防止タグも大きさはそれほど変わりませんが、丸い形のものはAppleのAirTagだけです。

Appleらしいシンプルで飽きの来ない所有欲を満たしてくれるデザイン

デザイン的にも優れているというのは、個人が感じることなのでなんとも言えませんが、キーやカバンなどに取り付ける場合にApple製のループ、キーリングにつけることでデザイン性がグッと上がります。
AirTag自体がシンプルだからこそループやキーリングの色を自分好みにできるところもポイントです。

AirTagのプライバシー設計は?若干悪用できる可能性も残しています

AppleのAirTagは安全なのでしょうか?例えばAirTagを使って誰かの居所を見張ることができるのでは?という不安視がされていますが、どのような対策をとっているのでしょうか。

知らないAirtagが仕込まれiPhoneに通知が入る

Appleは不明なAirTagが仕込まれた場合にはアラートを表示させる、大きな音を出すような仕組みにアップデートしています。(2022年2月時点)
つまり自分のカバンの中などで入れていないはずのAirTagが入っていたら気づくようなシステムにしているのです。

Airtagの位置を確認できるのは自分だけ

また、AirTagはペアリングしているiPhoneでしか位置を確認できないようになっているため、誰かがAirTagを拾って自分の持ち物につけようとすると「被害者によって検出できる」、「法執行機関がAirtagの所有者の特定を要請できる」などの警告文が出るようになっています。
紛失防止タグは犯罪にも使用される危険性があるため、これからもAppleではそれを排除するようなアップデートをしていくとのことです。

知らないAirTagを見つけたときの対処法は電池を抜くこと

1番安全な方法は、もし自分の持ち物から不明なAirtagを見つけた場合には電池を抜いてしまうことでしょう。ときどき持ち物の確認をして、知らないものが入っていないかの確認も忘れないようにしましょう。

AirTag×エルメスが発売されているって知ってた?