【Android】充電マークがついているのに充電されない時の対処法

Android端末で充電マークがついているのに充電されないことがあります。

充電マークがついているのに充電されないと電源が0になってしまい使えなくなってしまいます。

そこで今回はAndroidで充電マークがついているのに充電されない時の対処法をご紹介します。

充電マークがついているのに充電されない原因〜Android〜

まずはAndroidで充電マークがついているのに充電されない原因をご紹介します。

原因①接続不良を起こしている

まずAndroidで充電マークがついているのに充電されない原因は接続不良を起こしているからです。

Androidには問題が無いのですが、Android充電端子の接続不良が起こっていることが考えられます。

これは充電器の抜き差しをするだけで解決するのできれいに掃除してみましょう。

原因②Androidがフリーズしている

次のAndroidで充電マークがついているのに充電されない原因はAndroidがフリーズしているからです。

Androidが固まっていると、充電しても反映されません。

しかも画面が真っ暗な状態になってしまっていても、充電できませんので注意が必要です。

原因③完全放電している

次のAndroidで充電マークがついているのに充電されない原因は完全放電しているからです。

Androidが完全放電してしまっていると、充電が反映するまでに時間がかかることがあります。

そのためちょっと間充電が反映されていなくても、そのまま充電器をつなぎ続けることで充電が反映されるようになっています。

原因④充電ケーブルやアダプタの故障

次のAndroidで充電マークがついているのに充電されない原因は充電ケーブルやアダプタの故障です。

Androidに問題はなくても、充電ケーブルやアダプタに問題がある場合があります。

特に卓上ホルダーを利用している方は卓上ホルダーに問題が無いかも確認してください。

原因⑤充電できない機器を使っている

次のAndroidで充電マークがついているのに充電されない原因は充電できない機器を使っているからです。

そもそも充電ができないケーブルが世の中には存在します。

Android毎に充電ができるかどうかを確かめる必要があります。

原因⑥バッテリーが故障している