【AviUtl】メモリが足りませんとエラーが出る原因と対処法

AviUtl(エーブイアイユーテル)というソフトウェアを利用していてメモリが足。りませんというエラーメッセージが発生することがあります。ここではAviUtlでメモリが足りませんとエラーが発生する原因や対処法について紹介していきますので、参考にしてみてください。

”メモリが足りません”のエラーが出る原因【AviUtl】

みなさんはAviUtl(エーブイアイユーテル)というソフトウェアを利用していてメモリが足りませんといつエラーメッセージが表示されたことはありませんか。そもそもAviUtl(エーブイアイユーテル)とは、Windwos用に開発された無料で使える人気の動画編集ソフトとなっており、シンプルな操作で有償版のソフトウェア同等のツールとなっています。ここではAviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが足りませんとエラーメッセージが表示される原因についてチェックしていきましょう。

”メモリが足りません”と出る原因①PCのメモリ不足

まずAviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが足りませんというエラーメッセージが表示される原因としては、メモリ不足が主な原因として考えららます。パソコンのメモリとは、パソコンを動作する上で大事となってくるリソースの1つとなっており、メモリが足りていないと正常にアプリケーションやソフトウェアが動作することができません。

「0xc0000005」のエラー表示が出る

AviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが原因でメモリが足りませんと表示されると「0xc0000005」のエラー表示されることがあります。「0xc0000005」のエラー表示が表示される原因としては、メモリ上において、不正なアクセスがあったということ示し、ソフトウェア原因でこの「0xc0000005」のエラーメッセージが表示されることがほとんどです。

Aviutlの推奨メモリは最低4GB

そもそもAviUtl(エーブイアイユーテル)のソフトウェアを利用する上でどの程度のパソコンスペックが必要なのでしょうか。AviUtl(エーブイアイユーテル)の公式サイトによるとAviUtl(エーブイアイユーテル)の推奨メモリは、4GBとなっています。最近のパソコンはどんどんスペックが向上しているので、4GBぐらいであればほとんどのパソコンが対応できているでしょう。

”メモリが足りません”と出る原因②長い動画のエンコード

またAviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが足りませんというエラーメッセージが表示される原因として、長い動画のエンコードを利用していた李、編集しているとエラーメッセージが表示されることがあります。長い動画のエンコードを編集すると多くのリソースを利用するため、メモリ不足が発生してしまい、メモリが足りませんのエラーメッセージが表示されることがあります。

”メモリが足りません”と出る原因③PCのスペック不足

またメモリ以外にもパソコンのスペック不足でAviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが足りませんというエラーメッセージが表示されることもあります。パソコンリソースでディスクやCPUのリソースが足りていないことでもメモリが足りませんというエラーメッセージが表示されることもありますので、注意してください。

”メモリが足りません”のエラーが出た時の対処法【AviUtl】

AviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが足りませんというエラーメッセージが表示される原因はいくつかあるのですが、もしメモリが足りませんというエラーメッセージが表示された場合はどのような対処法があるのでしょうか。ここではAviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが足りませんというエラーメッセージが表示された場合の対処法についてチェックしてみましょう。

”メモリが足りません”に対する対処法①システム設定を見直す

まAviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが足りませんというエラーメッセージが表示された場合の対処法としては、システム設定を見直してみましょう。システム設定とは、AviUtl(エーブイアイユーテル)のソフトウェアの設定画面より確認することができます。誤った設定や高スペックの設定をしていることが原因でAviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが足りませんというエラーメッセージが表示されることがあります。

最大画面サイズを見直す

AviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが足りませんというエラーメッセージが表示された場合は、設定画面より最大画面サイズを見直すと改善することもあります。特に高い解像度・長い時間の動画を編集する場合は、最大画面サイズが原因でリソース不足が発生するので、最大画面サイズを変更する対処法を試してみてください。

最大フレーム数の見直す

またAviUtl(エーブイアイユーテル)の最大フレーム数を見直すことも対処法としてはおすすめです。キャッシュフレーム数とは、事前に読み込んでおくフレーム数のことを言い、編集しやすいように多くのキャッシュフレーム数読み込ませている人もいるかもしれませんが、最大フレーム数が大きすぎるとメモリが足りませんというエラーメッセージが表示されることがありますので、システム設定より調整してみてください。

LargeAddressAwareを見直す

またAviUtl(エーブイアイユーテル)でメモリが足りませんと表示されえる場合は、LargeAddressAwareの有効無効の設定を見直してみましょう。LargeAddressAwareは、32ビットソフトウェアパソコンでメモリを2GBまでしか対応できない設定を4GBまで活用することができる仕組みです。なのでもしかしたらデフォルト設定で2GBまでしかメモリを利用していないとエラーメッセージが表示されることがあるので、対処法として確認してみましょう。

”メモリが足りません”に対する対処法②分割エンコードを使う