未分類

404エラーが表示されるのなぜ?原因から対策まで解説!

404エラーページがなぜ表示されるのかを、404エラーの意味から原因まで解説しています。

また、404エラーページが表示される場合の対策種類にも述べています。

404エラーを理解して、対策を試してみてサイト運営などで工夫して見ましょう。

404エラーとは何か?

404エラーが表示される意味

404エラーが表示されると一緒に、Not Foundと表示されます。

Not Foundとは、見つからないことを意味します。

つまり、webにアクセスした時に404エラーが表示される場合は、アクセスしようとしたwebページは見つからない、もしくは存在しない状態や削除されたwebページであるという意味になります。

 

HTTPステータスコードの種類

webアクセスに対して、100番台~500番台の分類がされています。

100番台の場合は、処理が継続されていることを表します。

200番台の場合は、正しく処理したことを表します。

300番台の場合は、追加の処理をしていることを意味します。

400番台の場合は、ページが表示できないこと意味します。

500番台の場合は、サーバーにエラーが有る事を表しています。

ソフト404エラーとは?

ソフト404エラーとは404エラーと違い、サイトが存在していないのに、正しく処理できた2から始まるHTTPステータスコードが表示されてしまうことを言います。

サイトが無いので、404エラーを表示しなくていけないが、誤った表示をされているのがソフト404エラーと言います。

ソフト404エラーが表示される状態は、SEOにおいて悪い影響がでる可能性があると言われています。

404エラーが表示される原因

【404エラー原因①】URLの入力間違え

URLが正しく無い場合は、webページへアクセスすることができせん。

そうすると、404エラーが表示される原因になります。

URLが正しく入力されているか確認をする必要があります。

また、webページ自体のURLが正しくない場合や外部サイトのリンクのURLが間違っている可能性も考えられます。

外部サイトの場合は、管理者に正しいリンクに更新してもらいましょう。

【404エラー原因②】削除ページにアクセスしているため

webページが削除されている場合、サイトを表示することができず、404エラーの表示がされます。

また外部サイトからアクセスした場合も同様に、削除ページにアクセスをし、404エラーが表示される原因です。

外部サイトの場合は、リンクが切れていないか細目に確認する必要があります。

ディレクトリの移動や名前の変更も原因になる可能性があります。

【404エラー原因③】リンク先のリンクが切れているため

リンク先のページを見る事ができても、後日確認すると、webページが消えており、リンク先にアクセスできず404エラーがでる事は多々あるでしょう。

リンク先のURLをその都度、最新のものに更新していきましょう。

リンクが切れており、404エラーが表示される状態を放置しているのは、webページを利用するユーザーに良い印象は無いので、改善する事が必要となります。

【404エラー原因④】新しいURLにリダイレクトできていないため

ドメインの移行や、新しくサイトのページを作り直した場合は、リダイレクトを行っていないと、404エラーが表示される原因となります。

古いURLから新しいURLにする場合は、リダイレクトを行って404エラーが表示されないようにしましょう。

リダイレクトを行う事で、新しいURLにSEOの評価を引き継げるメリットがあります。

404エラーが表示されると悪影響はあるの?

404エラーが表示されても検索順位に影響は無い

webページで404エラーが表示されても、検索順位に影響無いと言えるでしょう。

大手の検索エンジンであるGoogleの見解でもそのような発言が見られるため、404エラーが表示されても、検索順位への影響は無いと言えます。

新しいwebページが作られるのと同時に、古いwebページが消え、404エラー表示が出ることは、正常な動作反応と言えるので、悪影響は起きないと思われます。

サイトを見るユーザー減少には影響の可能性はある

404エラーは悪影響はありませんが、サイトを見るユーザーの利便性を損なう可能性はあります。

web上のサイトを見に来た人が、404エラーが多く有益な情報を見ることができなかった場合、そのサイトの信頼性は低くなるでしょう。

信頼性が低くなる事で、サイトに訪れるユーザー減少に繋がり、結果として検索順位に影響がでると考えられます。

その為、404エラーページへの対策が必要となります。

自分のサイトで404エラーが表示された時の対策

404エラー表示がされる場合どのような対策が必要か紹介します。

オリジナルの404エラーページを作成する

404エラーが表示された場合、シンプルなページがいきなり表示されてしまうのでユーザーは、サイトを見るのをやめてしまう可能性があります。

オリジナルの404エラーページを設定することは、サイトからの離脱を防ぐのに有効です。

サイトのデザインと404エラーページのデザインを統一する事で、ユーザーに違和感を与えない効果があります。

また、404エラーページにリンクを設定する事で、次の行動を促す効果があります。

サイトマップを404エラーページに設置する

ユーザーは、404エラーページが表示された場合、サイトを離れるか、サイト内で情報を見るかの行動をします。

404エラーページにサイトマップが無い場合、サイトを離れる可能性が高くなる原因となります。

サイトマップとは、サイト内にどのような情報があるか一覧を表示できるため、ユーザーが知りたい情報に辿り着ける可能性が高くなります。

301リダイレクトを設置する

301リダイレクトを行うことで、404エラーが表示されるページのURLから、新しいページURLに遷移をすることができます。

404エラーページを表示してユーザーのサイト離脱に役立つ機能です。

301リダイレクトを設定した場合、動作確認を忘れず行いましょう。

参考になる404エラーページデザインのサイト5選

「ANA」の404エラーページデザイン

ANAの404エラーページのデザインは、航空会社らしく空と飛行機が表示されます。

404エラーページをみたユーザーが旅行に行きたくなる文章を載せているのも特徴です。

そして、「国内の旅に出る」や「海外の旅に出る」というリンクもあるので、ユーザーのサイト離脱を防ぎやすいデザインとなっています。

「NASA」の404エラーページデザイン

NASAの404エラーページでは、宇宙の背景のページが表示されます。

404の数字の横には、「あなたが探している宇宙物は、事象の地平線の向こうに消えました」と文章が載せられています。

宇宙にゆかりがある会社らしく、ユーモアのある文章で違和感の無い404エラーページと言えるでしょう。

「江崎グリコ」の404エラーページデザイン

江崎グリコの404エラーページのデザインは赤と白のシンプルなデザインとなっています。

サイトの統一感のある404エラーページで、違和感の無いページ作りをしています。

また、404の数字はお菓子でデザインをされており、どんな会社なのかひと目でわかります。

「ZOZOTOWN」の404エラーページデザイン

ZOZOTOWNの404エラーページでは、アルファベットが1つ1つ商品として購入できる404エラーページが表示されます。

アルファベットを繋げて読むと、Not Foundの文字が並んでいる事がわかります。

おしゃれな印象を受ける404ページで、多数の商品を販売しているZOZOTOWNらしい404エラーページと言えるでしょう。

「Note」の404エラーページデザイン

Noteでは、多数のユーザーが表現をするサイトらしく、404エラーページでは、クリエイティブな404エラーページを作成しています。

404美術館と題して、ユーザーのクリエイター作品を表示する取り組みをしています。

404エラーページでは、毎回違うクリエイター作品を見る事ができるので、404エラーページを開いた人を飽きさせない工夫があります。

まとめ

404エラーページは、ページが存在しない時に表示されます。

404エラーページが表示される原因を理解し、オリジナルの404エラーページなどの対策をして、ユーザーのサイト離脱を防ぎましょう。

また、他サイトのオリジナル404エラーページを参考に作ってみてくださいね!