Win10が重いと感じる時に高速化させる対策方法を紹介!

Win10を使用中に動作が重いと感じたことはないでしょうか。容量不足やバックグラウンドで動いているアプリがあるなど原因はさまざまですが、少しの設定変更で改善が可能です。

今回はWin10の動作を改善して高速化させる方法を紹介します。

Win10が重い時に高速化させる対策

Win10が重いときに効果的な対策方法を紹介します。簡単にできそうな対策からぜひ試してみてください。

1.再起動する

Win10が重いと感じたら、まずはPCを再起動してみましょう。長時間の稼働により、使用しているソフトの動作が不安定になっている可能性があります。そのため一度システムを停止させて、リフレッシュさせることで動作を安定させましょう。

2.高速スタートアップを無効化する

高速スタートアップとは起動にかかる時間を短くするためにメモリなどの状態を保持する機能です。この機能が働いているとシャットダウンのときにUSBのような外部媒体を変更すると、動作が不安定になる場合があります。そのため高速スタートアップを無効化すると改善する可能性があります。高速スタートアップの無効化手順は以下の通りです。

  1. コントロールパネルを開きます。
  2. 「システムとセキュリティ」の「電源オプション」をクリックします。
  3. 左メニューにある「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
  4. 「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外し、「変更の保存」をクリックしますと変更が適用されます。

3.不要なプリインストールアプリを削除する

Win10にはゲームなどのもとから入っているアプリ、つまりプリインストールアプリがあります。このアプリが動作に影響している場合も考えられるため、不要なアプリであればアンインストールしましょう。

4.アニメーションを無効化する

ここでいうアニメーションとはメニューやポップアップの表示をスムーズに表示させるための機能を指します。アニメーション機能もPCの動作環境に影響を与える一因となりますので、不要であれば無効化すると良いかもしれません。アニメーションの無効化手順は以下の通りです。

  1. スタートメニューを開き、設定をクリックします。
  2. 「簡単操作」をクリックします。
  3. 「Windowsにアニメーションを表示する」をオフにすると、アニメーションが無効化されます。

5.電源プランで「高パフォーマンス」を選択する

動画の編集などの負荷が大きい作業をすると動作が重いときがあります。その場合は、電源プランの高パフォーマンス設定がおすすめです。バッテリー消費が激しくなりますが、動作が軽くなり改善されます。高パフォーマンスの設定手順は以下の通りです。

  1. コントロールパネルを開きます。
  2. 「システムとセキュリティ」の「電源オプション」をクリックします。
  3. 左メニューにある「電源プランの作成」をクリックします。
  4. 「高パフォーマンス」にチェックをつけます。
  5. 「次へ」をクリックし、「作成」をクリックすると変更されます。

6.パフォーマンスオプションを設定する

パフォーマンスオプションとはポインターの陰表示などの設定をするオプションです。アニメーション同様、無効化すると動作が改善される可能性があります。パフォーマンスオプションの設定手順は以下の通りです。

  1. スタートメニューを開き、設定をクリックし、システムをクリックします。
  2. 左メニューにある「詳細情報」をクリックします。
  3. 「システムの詳細情報」をクリックします。
  4. 開かれたポップアップの「パフォーマンス」の「設定」をクリックします。
  5. 「視覚効果」タブにある「パフォーマンスを優先する」をクリックします。クリックするとチェックがすべて外れます。
  6. 「OK」をクリックすると適用されます。