”このプラグインはサポートされていません”のエラー時の対処法

Windows10で表示される”このプラグインはサポートされていません”。

”このプラグインはサポートされていません”には様々な対処法があります。

そこで今回は”このプラグインはサポートされていません”のエラー時の対処法をご紹介します。

”このプラグインはサポートされていません”とエラー出る原因

では”このプラグインはサポートされていません”とエラー出る原因をご紹介します。

”このプラグインはサポートされていません”とエラー出る原因としては「Flash Player」。

「Flash Player」が原因となっており

  • iPhone
  • Android

の2つで利用することができません。

そのため”このプラグインはサポートされていません”と表示されてしまうのです。

”このプラグインはサポートされていません”エラーの対処法〜Chrome〜

ではChromeでの”このプラグインはサポートされていません”エラーの対処法をご紹介します。

大前提としてFlashのサポートは終了している

まず大前提としてFlashのサポートが終了しています。

2021年になり、Flashのサポートは終了しておりもう使うことができません。

そのためFlashのサポートの終了を頭に入れておきましょう。

手順①ChromeのFlashを有効化する

まずChromeでの”このプラグインはサポートされていません”エラーの対処法はChromeのFlashを有効化する方法です。

手順は

  1. Google Chromeを開く
  2. 「chrome:// settings / content」を検索する
  3. 「サイトにFlashの実行を許可する」をクリック

でOK。

これで”このプラグインはサポートされていません”が解決する場合があります。

手順②最新のFlashプレイヤーをインストールする

次のChromeでの”このプラグインはサポートされていません”エラーの対処法は最新のFlashプレイヤーをインストールする方法です。

手順は

  1. Google Chromeを開く
  2. 「chrome:// components /」を検索する
  3. コンポーネント一覧を開く
  4. 「更新」をクリック

でOK。

これで”このプラグインはサポートされていません”が解決する場合があります。

手順③閲覧データを削除する

次のChromeでの”このプラグインはサポートされていません”エラーの対処法は閲覧データを削除する方法です。

手順は

  1. Google Chromeを開く
  2. 「閲覧履歴データの消去」をクリック
  3. 「高度」→「いつも」をクリック

  • 閲覧履歴
  • ダウンロード履歴
  • Cookieやその他のサイトデータ
  • キャッシュされた画像とファイル

にチェックを入れましょう。

そして「クリアデータ」→「適用」をクリックします。

これで”このプラグインはサポートされていません”が解決する場合があります。

手順④Chromeを更新する