Webexの読み方は?代用になるWeb会議ツールも紹介!

オンライン会議ツールとして有名なWebex。

zoomやSkypeなどと肩を並べる人気ぶりで、利用者も増えています。

そこで今回はWebexの読み方について見ていきます。

また代用になるWeb会議ツールについても同時にご紹介していきます!

Cisco Webexの読み方は?

ではCisco Webexの読み方について見ていきます。

Cisco Webexの読み方は何になるのでしょうか。

元々の読み方は”ウェブエックス”

元々の読み方は”ウェブエックス”です。

そもそもWebexはシスコシステムズ合同会社がWebexを買収しました。

これによりCisco Webexになりました。

このCisco Webexは以前の読み方はシスコウェブエックスという読み方でした。

M&A後に読み方が”ウェべックス”に変更と言われている

しかしM&A後に読み方が”ウェべックス”に変更と言われています。

Cisco WebexがM&Aにより買収された結果読み方が「シスコウェベックス」になりました。

TVで放送されているCMには「シスコウェベックス」との読み方がなされています。

そのためウェベックスという読み方が正しいようです。

ただ読み方の理由は明確ではありません。

日本でも海外でもウェベックスが正しい読み方のようなのでウェベックスと呼んでおきましょう。

国や言語圏によって違うとの意見もある

しかし国や言語圏によって読み方が違うとの意見もあります。

明記されていることではないのでなかなか読み方を言葉で表現することは難しいものがあります。

しかし英語圏ではウェブエックスという読み方をしているとの声もあります。

ただ国内の仲介業者さんではウェブイーエックスとの読み方の人も。

一概にウェベックスとの読み方が正しいのではないことが証明されていますね。

Cisco Webexの特徴

ではCisco Webexの特徴について見ていきます。

Cisco Webexの特徴にはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

特徴①無料で利用可能

まずCisco Webexの特徴は無料で利用可能な点です。

今現代では会議ツールは有料のモノが増えてきています。

しかしCisco Webexは完全無料。

誰でも無料でCisco Webexを使うことができるので人気がどんどん出てきています。

特徴②アプリのインストールが不要