CPU率が高い場合は「Dcom Server Process Launcher」を停止

Windowsパソコンを利用していて「Dcom Server Process Launcher」によってCPU使用率が高くなってしまっていることはありませんか。ここでは「Dcom Server Process Launcher」プロセスによってCPU使用率が高い場合に停止する方法について紹介していきます。

「Dcom Server Process Launcher」は停止しても問題なし

みなさんはパソコンを利用していて急にパソコンの動作が重くなってしまったり、パフォーマンスが悪くなってしまったことはありませんか。パソコンの動作が重い場合は「Dcom Server Process Launcher」によってCPU使用率が高くなってしまっていることがあります。そんな時は「Dcom Server Process Launcher」のプロセスを停止しても問題ないのでしょうか。そもそも「Dcom Server Process Launcher」は、パソコンの機能の活用する際に利用されるサービスであり、「Dcom Server Process Launcher」を停止しても動作に影響が発生することはありません。

「Dcom Server Process Launcher」のCPU率が高い場合の停止方法

パソコンのCPU使用率が高くなってしまい「Dcom Server Process Launcher」のプロセスやサービスを停止したい場合はどのような手順で「Dcom Server Process Launcher」を停止させることができるのでしょうか。「Dcom Server Process Launcher」の停止は、エクスプローラーを停止させてみましょう。実は皆さんがいつも当たり前のように利用しているエクスプローラーは「Dcom Server Process Launcher」のサービスを利用しており、エクスプローラーのアプリケーションをたくさん起動させたり、負荷が重い処理を実行するとCPU使用率が高くなってしまうこともあります。その場合には一旦エクスプローラーを停止させるとCPU使用率が落ち着くことがあります。

「Dcom Server Process Launcher」の停止できない場合

「Dcom Server Process Launcher」はエクスプローラーを停止させることでCPU使用率が落ち着かせることができるのですが、もしエクスプローラーを停止させてもてCPUの負荷が変わらない場合どうすればいいのでしょうか。ここではパソコンのパフォーマンス問題やCPUが高い場合に「Dcom Server Process Launcher」が停止できない場合の対処法として、イベントログを利用する方法と管理者権限を利用する方法について紹介していきます。

1.イベントログを確認する

まず「Dcom Server Process Launcher」が停止できない場合hあイベントログで原因をチェックしてみると解決することができます。イベントログとは、windowsパソコンのあらゆるログやメッセージを表示して確認することができるツールです。イベントログを活用して、「Dcom Server Process Launcher」が停止できない理由が分かれば簡単に解決することができるでしょう。

2.管理者権限でサインインした後に「停止」

またイベントログを確認しても「Dcom Server Process Launcher」が停止できない理由がわからない場合は、管理者権限を利用して強制終了するのもありかもしれません。通常のアカウントでは「Dcom Server Process Launcher」の停止をポリシー設定で制限されていることがあります。なのでその場合は管理者権限を持つアカウントでサインインしてから管理者実行で「Dcom Server Process Launcher」のサービスを停止させてみましょう。

「Dcom Server Process Launcher」のCPU率

ここまでは「Dcom Server Process Launcher」によってCPU率が高い場合の対処法を紹介しましたが、「Dcom Server Process Launcher」はどのくらいCPUを利用してしまうことがあるのでしょうか。パソコンやバージョンによっても異なりますが、通常の動作であればそこまでCPUを利用することはありません。しかしアプリケーションや処理の実行内容によっては100%近くCPUを利用してしまうこともあるので注意が必要です。

コマンドを利用して「Dcom Server Process Launcher」のサービス設定