【Skype】起動しない時の対処法!自動起動の無効化手順も解説

コロナの影響でオンライン会議やリモートワークが増えたことでSkypeすることが増えてきましたが、Skypeが急に起動しないことはありませんか。Skypeが起動しない時の対処法やSkypeのアプリケーションの自動起動を無効にする手順について紹介していきます。

Skypeが起動しない時の対処法〜Windows〜

新型コロナウイルスの影響でオンライン会議やリモートワーク画像化したことにより、Skypeのアプリケーションを利用した会議が増えてきています。しかしSkypeのアプリケーションの利用が増えたことで最近でSkype Apllication によるエラーや障害が多く報告されています。ここではWindowsパソコンユーザ向けにSkypeのSoftwareやアプリケーションを利用して、Skypeが正常に起動しない場合の対処法についてチェックしていきましょう。

対処法①SkypeとWindowsを再起動する

まずSkypeの動作で起動しない問題が発生した場合はSkypeのアプリケーションを再起動してみましょう。Skypeのアプリケーションをずっと利用している場合は、Skypeが急に動作不良が発生する場合もあります。その場合は一旦対象のアプリケーションを再起動したり、Windowsパソコン自体を再起動すると上手く動作することもあります。

対処法②SkypeをMicrosoft Storeから起動する

またMicrosoft Storeからインストールした場合はMicrosoft Storeからアプリを起動することで正常に起動させることができる場合もあります。Microsoft Storeとは、Microsoft製品をはじめとしたアプリケーションをインストールすることができるサービスとなっています。

対処法③Windowsをセーフモードで起動した状態でSkypeを起動

Windowsパソコンで起動しない問題が発生した場合におすすめな方法としてはセーフモードを活用する方法です。セーフモードとは必要最低限のソフトウェアだけを動作させてWindowsパソコンで動かすことで起動しない問題があるアプリケーションを確認することができます。なのでSkypeも同様にセーフモードで起動できるかをチェックしてみましょう。

対処法④Skypeのアップデート/再インストールする

またアプリケーション自体にデータを持っていないアプリケーションで起動しない問題が発生している場合は、アプリケーションをアップデートして、再インストールしてみましょう。しかし設定データが消えてしまうこともあるので注意してください。

対処法⑤Skypeを完全にアンインストールしてから再インストールする

アップデートでもSkypeのアプリ不具合が起動しない場合は、Skypeのソフトウェアを一旦アンインストールして、再インストールして起動しないトラブルが改善するかを確認してみてください。しかしアンインストールすると今までのSkypeの通話履歴やトーク履歴も削除される可能性もあるので注意してください。

対処法⑥Skypeを修復/リセットする