PDFファイルをコピーできない時の対処法!保護の解除方法も解説

「PDF内にあるテキストをコピーしたいけど、なぜかコピーできない」このようなことでお困りの方も多いはずです。そこで、本記事ではPDFでコピーできない原因と対処法についてご紹介。PDFに関するトラブルでお困りの方は、ぜひ最後までお付き合いください。

PDFのテキストがコピーできない原因と対処法

PDFファイル内にあるテキストがコピーできない時は、以下のような間違いを起こしている可能性があります。

  • コピーの操作方法が間違っている
  • PDFファイルが保護されていてコピー不可の設定になっている
  • 対象のPDFファイルがスキャナ(画像データ)が取り込まれている

それではそれぞれの原因と対処法について詳しく解説していきます。

コピーの操作方法が間違っている

PDFに含まれている文章がコピーできない時は、そもそもコピーの操作方法が違っている可能性があります。PDFで文章をコピーしたい場合は、「選択モード」にしていなければなりません。「手のひらモード」だと文章のコピーができないので注意しましょう。

PDFファイルが保護されていてコピー不可の設定になっている

PDFが保護状態になっていることで、ファイル内の編集や文章のコピーができないというケースも。PDFにはファイルの中身を特定の状態に保てるようにする保護機能が搭載されています。保護機能が働いているうちは、編集やコピーができない状態となっているため、編集などをしたい場合は保護機能を無効化することが必要です。PDFファイルの保護機能を無効化する方法は以下の通りです。

  • 設定されているパスワードを入力する
  • ファイルをコピーし編集可能なファイルを作成する

特におすすめなのがファイルをコピーして編集可能なファイルを作る方法です。PDFを開いてるソフトウェア内から「印刷」を選択し印刷先をPDFファイルとして実行しましょう。すると、内容の同じ新しいファイルを作ることができます。

対象のPDFファイルがスキャナ(画像データ)で取り込まれている

PDFを閲覧した際にテキストの選択ができない、コピーできないというような場合は、そのPDFが画像データをPDF化したものではないかチェックしましょう。スキャナやコピー機などを利用して、紙からPDFにしたものは、電子ファイルとして管理することはできますが、テキストを含んだファイルとして管理することは基本的にできません。

画像データを含んだPDF内の文章をテキストとして認識させたい場合は、OCRなど画像内の文字列を認識する機能を利用する必要があります。無料で使えるソフトも出ていますので、読めるだけでなく文字列のコピーなどもできるようにしたい方はチェックしてみてください。

PDF内に含まれるテキストをコピーする方法

次にPDFファイル内にあるテキストをコピーする方法について解説していきます。PDFファイル内にあるテキストは「選択モード」でしかコピーできないので注意してください。

Acrobat Reader DCでのコピー手順

まずはAcrobat Reader DCでのコピー手順を解説していきます。利用したいテキストの含まれているPDFファイルを開いてください。その後、ソフトウェア内で右クリックを行い、リスト内から「選択ツール」を選びましょう。「選択モード」に移行した後は、いつものコピー操作をすればOKです。写したい文章をドラッグし、「コピー」コマンドを入力しましょう。「Ctrl」+「C」コマンドを使えば簡単にコピーすることができます。

Adobe Reader XIでの手順

次にAdobe Reader XIでテキストコピーする方法を解説していきます。Adobesソフトの場合は、ツールバー内にある「選択ツール」を選ぶことで「選択モード」に移行可能です。「選択モード」にした後はAcrobat Readerと同じでコピーコマンドを使うだけ。すぐにでもPDFファイル内に含まれているテキストをコピーすることができます。