【U-NEXT】「社会派ドキュメンタリー」を19作品独占配信!

【U-NEXT】では、オピオイド危機に焦点をあてた「巨大製薬会社の陰謀 / THE CRIME OF THE CENTURY」など、19の優れたドキュメンタリーを、日本初で独占配信いたします。

【U-NEXT】の「31日間無料トライアル」に登録すれば、この独占配信のドキュメンタリー映像や、その他エンターテイメント性の高い映画やドラマなどが、オンデマンドでご視聴いただけます!

【U-NEXT】にて現代の危機的状況に鋭くメスを入れる、ドキュメンタリー映像19作品を独占配信!


【U-NEXT】では、オピオイド危機に焦点をあてた「巨大製薬会社の陰謀 / THE CRIME OF THE CENTURY」を始めとした、19の優れたドキュメンタリー作品を、日本初で独占配信いたします。

「オピオイド危機」とは?

「オピオイド危機」とは医療目的の製剤が、製薬会社や医師の間での利益追求のため不当に市場流通し、多くの依存患者を生み出し累計500万人以上の命を奪ったとされる歪んだ社会現象のことを指します。

「オピオイド」とは、アヘン(オピウム)に代表される広義の意味での麻薬の1系統であり、これを合成し鎮痛作用など医療目的に開発された医薬品のことも指します。

現在問題となっているのは、「フェンタニル」という、がんの疼痛緩和目的の鎮痛剤が、乱用薬物として市場流通し、多くの依存者を生み出していることにあります。

フェンタニルはモルヒネの292倍の鎮痛効果!麻薬としてはヘロインの50倍の効能!


フェンタニルは、動物実験でモルヒネの約292倍の鎮痛効果が認められる、超強力な鎮痛製剤と言われています。

一方、乱用薬物としての流通が社会的問題で、その効果は同容量ではヘロインの50倍の麻薬効果があることから、酩酊・耽溺目的のヘロインに混入されてもいます。

超有名ミュージシャンやメジャーリーグの投手の死にも関与?


2016年に不遇の死を遂げた、アメリカを代表する天才ミュージシャン「プリンス」の死因は、フェンタニルの過剰摂取の中毒死と鑑定されています。

また、RA・エンジェルスの投手であった「タイラー・スキャッグス」が2019年に急死したのも、フェンタニルなどの乱用が死因だと言われています。

今や交通事故死以上の死者!全ては製薬会社の営利追求と腐った医療体制が原因?

身近なところでは、日本でも「トラマドール(商品名:トラムセット)」など、オピオイド系の鎮痛剤は正しい方法で使用する分には優れた鎮痛剤です。

しかし、がんの疼痛を極大まで抑えるほどの薬効を持つ「フェンタニル」が、これほど乱用されるようになった背景には、製薬会社の営利主義と見返りを求めた医師たちの歪んだ「関係」があったとされます。

この「巨大製薬会社の陰謀 / THE CRIME OF THE CENTURY」は、オピオイドの歴史的背景から乱用薬物へと成長した過程を鋭いタッチで描いた社会派ドキュメンタリー映像です。

7/22公開から他のドキュメンタリー映像も続々と独占配信!


このオピオイド危機をなぞった「巨大製薬会社の陰謀 / THE CRIME OF THE CENTURY」が、7月22日に公開された後も、【U-NEXT】では合計19作品もの社会派ドキュメンタリーを独占配信していきます。

アメリカ社会を揺るがした陰謀論「Qアノン」の実態に迫る、「Qアノンの正体 / Q: INTO THE STORM」が、最終の8月26日には独占配信される予定となっています。