iPhone機種変更を完全攻略!データ移行の流れを徹底解説!

iPhoneの機種変更を自分でやりたい方はとても多いようです。でもバックアップなどの準備やデータ移行、LINEの引継ぎ、やることがはっきりせず不安ですよね。では、今回はiPhone機種変更のデータ移行の方法を詳しくみていきましょう。ぜひ最後までお読み下さい。

iPhoneの機種変更ではどんなデータが移行できる?

iPhoneの機種変更ではどんなデータが移行できるのでしょうか。自分で機種変更をする際の注意点もありますので、確認してきましょう。

直接データ移行できるもの

まずはiphoneの機種変更の際に、直接データ移行できるものです。こちらは、iphone本体に保管されている写真や電話帳、音楽データ、SMSなどの情報は、新しいiphoneに直接データ移行が可能で、そのまま引き継ぐことができます。

個別にデータ移行できるもの

それでは、次にiPhoneの機種変更の際に、個別に対応してデータ移行できるものです。それは、ゲームのセーブデータやLINE、その他ECアプリのデータなどがあてはまります。それぞれにバックアップなど事前にやることがあり、その上で引き継ぐ必要があります。また、携帯のキャリアメールの送受信履歴なども古いiphoneと新しいiphoneなどの組み合わせやキャリアにより、システムの互換性によって、これに当てはまるケースもありますので、よく確認をしてください。

LINEのデータ移行は注意

iPhoneの機種変更の際に、データ移行ができるものがわかってきましたが、LINEのデータ移行の際は注意が必要になります。トークの履歴の引継ぎに関してですが、同じOSですと、バックアップをしておけば、問題なく引き継ぐことができます。ですが、OSを変更するケースの機種変更の場合は、トーク履歴と購入済みのLINEコイン残高は引継ぎできませんので、ご注意ください。

iPhoneの機種変更前に準備すること

それでは、次にここからは自分でiPhoneの機種変更の前に準備することを確認していきます。スムーズにiphoneの機種変更するためには、しっかりやることを把握して準備しましょう。

引き継ぐデータを5GB以内に収める【iCloudの場合】

まず自分でiPhoneの機種変更の前の準備に、引き継ぐデータを5GB以内に収めるよう、データの整理をしておくことをおすすめします。これは、iCloud無料版を利用して、バッグアップの作業をする場合に当てはまります。iCloudの無料版の容量が5GBまでとなっているからです。(有料版を利用されている方やクイックスタートを利用する方には当てはまりません。)データ容量が多いと、バックアップにも時間がかかってしまう可能性もあります。あまり利用しなくなったゲームのデータや古い不要なファイルなどがないか、事前にデータの確認をして、データの整理をしておくと移行しやすくなります。

iPhoneのバックアップデータを取る