Torrentクライアント定番5選!概要やセキュリティ対策も解説

Torrentを利用する際に必ず導入しておくべきなのはTorrentクライアントです。

Torrentクライアントを導入するとセキュリティ面も厳重になります。

そこで今回はTorrentクライアントの定番5選をご紹介します。

TorrentはP2P通信方式を用いたファイル転送用ソフトウェア

まずTorrentについて解説していきます。

TorrentとはP2P通信方式を利用している、ファイル転送に特化したソフトウェアです。

ファイルを転送するには様々なサービスを介する必要がありますが、Torrentを利用すればソフトウェア内で完結します。

そのためTorrentは非常の多くの人に使われているソフトウェアになります。

Torrentで不特定多数の端末が直接データファイルを共有

そしてTorrentが利用しているP2P。

このP2Pにはサーバーを介さずに不特定多数のユーザーがファイルのやり取りをすることができる意味合いが込められています。

端末同士で間接的ではなく、直接的にファイルを転送することができるので、Torrentは非常に人気です。

多数の端末に分散して管理されたデータを個別にダウンロード

また、Torrentには多数端末に分散されているデータを1つ1つ個別にダウンロードすることができます。

もともとファイル自体、多数の端末に管理されているものが多いです。

しかしそれを転送するには1つ1つまとめて送信する必要が今までありました。

ただ現状、Torrentが登場したことにより個別にダウンロードすることができるようになっています。

集まったデータをつなぎ合わせるのがTorrentクライアント

そして、そのファイルを管理してつなぎ合わせる役割を果たしています。

Torrentクライアントを利用すると、分散されているファイルを拾い集めることができます。

結果、そのユーザー同士をTorrentクライアントを介してつなぎ合わせることができているのでこのTorrentクライアントは必要になってきます。

Torrentクライアントが無ければTorrentを利用することはできません。

Torrentで専用サーバーが不要、ダウンロード速度が向上

またTorrentが登場したことにより、専用のサーバーが必要なくなりました。

今までファイルの転送には専用のサーバーが必要でした。

しかし、現在はTorrentがあるので専用のサーバーが不要に。

また混雑時にダウンロードのスピードに問題があったことも過去問題視されていました。

Torrentが無い時代には1つのPCに多数のユーザーがアクセスしてファイルを転送しまくると、ファイルの転送に問題が生じていました。

そのためTorrentが登場したことにより

  • 専用サーバーを撤去
  • ダウンロードスピードの向上

が見込まれるようになりました。

Torrentそのものに違法性は無い

そんな便利すぎるTorrentですが、違法性はあるのでしょうか。

結論、Torrentには違法性はありません。

しかしのちのご紹介するような取引はTorrentを介していても違法性があります。

おすすめのTorrentクライアントソフト定番5選

ではおすすめTorrentクライアントを5選ご紹介します。

Torrentクライアントは定番となっているので是非導入しておきましょう。

qBittorrent

まず有名なqBittorrent。

qBittorrentは動作が重くなることなく、スピード感に長けています。

さらにごちゃごちゃしておらずシンプルなインターフェースを実現しています。

一番ユーザーフレンドリーなソフトウエアがqBittorrentといっても過言ではありません。

特徴としては

  • 広告が掲載されない
  • 便利な機能がたくさん搭載されている
  • qBittorrentだけをインストールされるようになっている
  • 拡張機能はあまりない

などです。

μTorrent