子供が学校からもらうプリントの問題を解決?「がくぷり」を紹介!

子供を持つ親の悩み事の一つが学校から配られるプリントではないでしょうか。子供がきちんと渡してくれなかったり、気付いたらどこに行ったか分からなくなったりします。学校側にとってもプリント発行は大変な作業です。「がくぷり」はそれらを解決してくれます。

「がくぷり」とは??

学校PTAのプリントを紙→アプリへ変える新しいサービスです。今まで紙でもらっていたプリントがアプリに届くようになります。子どもの渡し忘れ、紛失のトラブルが無くなり、いつでもアプリで見直せます。PTA学校の事務作業も印刷の手間が無くなり短縮されます。印刷費よりもアプリのサービス料金がかなり安いので経費の節約にもなります。保護者さんは面倒なプリントの整理、確認の時間が短縮。PTA学校は事務作業の時間が短縮、経費も安くなる、双方お得なサービスです。プリント機能の他に出欠、アンケート、イベント、スケジュールと便利な機能があります。

学年やクラスごとに内容を変えることもできる

「がくぷり」では各学年ごと、クラスごと、個人のみ、先生方をはじめグループ作成機能を使えば作成したグループ(サッカー部グループなど)に特定の内容を送る事ができます。

「がくぷり」開発のきっかけ

PTA役員をやっていた時、紙がどうにも不便で、当時のPTAさんと先生と相談して作りました。保護者からはランドセルを漁ることが無くなった、プリントが無くて子供に怒ることが無くなった、いつでも見れるから写真に撮って自分で管理しなくて良くなった、など好評です。PTA先生からも印刷の手間が無くなった、アンケートなど手集計していたのが自動集計になって間違いが無くなった、と好評です。

まとめ

学校との面倒なプリントのやり取りを解消してくれるアプリ「がくぷり」を紹介しました。既に保護者、PTAや学校の先生の双方から好評を得ている「がくぷり」ですが、これからも日々便利に使えるよう改修が重ねられています。これからの新しいスタンダードになりそうです。