【Surface】キーボードが反応しない時の原因と対処法を解説

MacやWindowsと肩を並べるSurface。

そんなSurfaceには専用のキーボードが発売されていますが、反応しない不具合が生じることがあります。

そこで今回はSurfaceのキーボードが反応しない時の原因と対処法を解説していきます。

【Surface】キーボードが反応しない原因

ではSurfaceのキーボードが反応しない原因をご紹介します。

原因として考えられるのは

  • 接触不良
  • Windowsの不具合
  • デバイスドライバー不具合
  • Windowsシステムファイルの破損
  • キーボードやSurfaceの故障

があります。

【Surface】キーボードが反応しない時の対処法

ではSurfaceのキーボードが反応しない時の対処法をご紹介します。

対処法①キーボードを再接続する

まず原因の1つである接触不良が考えられる場合は、Surfaceのキーボードを再接続してみましょう。

うまくキーボードが接続できていないことがあります。

もともとSurfaceのキーボードの脱着は容易にできるように設計されており、接続部分が外れやすくなっています。

その結果、接触不良が多く起こってしまいうまく接続できないケースがあります。

一度Surfaceのキーボードを取り外し、再度PCと接続してみましょう。

対処法②本体を再起動する

Surfaceのキーボードが反応しない時の対処法としてSurfaceのキーボードに問題が無い場合は、本体に問題がある場合があります。

Surfaceのキーボードには

  • ソフトウェア
  • アプリケーション

など相性が悪いものも存在しています。

何らかの不具合が生じている可能性があるので、本体の再起動を行ってみましょう。

対処法③ツーボタンシャットダウンする

上記の2つでは治らない場合は、Surfaceのキーボードを認識できていないことが考えられます。

Surfaceにはツーボタンシャットダウン機能が搭載されており、問題を根絶させることができます。

ツーボタンシャットダウンの手順は

  1. Surfaceのキーボードが接続できていることを確認する
  2. 電源ボタンを約30秒長押しする
  3. 手を離す
  4. 音量を上げるボタンと電源ボタンを同時押しし、15秒間キープする
  5. ボタンから手を離す
  6. 10秒以上放置
  7. 電源ボタンを押し、電源を入れなおす

でOK。

これがツーボタンシャットダウンになります。

対処法④カバーを再接続する

Surfaceのキーボードが反応しない時の対処法としてそもそもカバーに問題があるケースがあります。

カバーに問題がある場合の対処法はバージョンによって異なります。

Surface Pro 4以前

Surface Pro 4以前の場合は

  1. 電源ボタンを30秒間押し続ける
  2. 電源ボタンから手を離す
  3. +ボタンと電源ボタンを同時に15秒間押し続ける
  4. 両方のボタンから手を離す
  5. 10秒待機し、電源を入れなおす

でOK。

Surface Pro 5以降

Surface Pro 5以降の場合は

  1. 電源ボタンを20秒間長押し
  2. Windowsロゴが表示されると電源ボタンから手を離す

でOk。

対処法⑤接続部分を掃除する