ポケットサイズのプロジェクター「Mini Projector K4.」をご紹介!

今回は、「Mini Projector K4.」をご紹介します。コンパクトなボディで簡単操作。

大画面で様々な映像をいつでもどこでも楽しめます。

コンパクトサイズで超軽量「Mini Projector K4.」

コンパクトBodyに必要なスペックをすべて凝縮した、ありそうでなかった小型プロジェクターのNEWフォルム!

MONOGATARI(所在地:京都府京都市)が販売する「Mini Projector K4.」を詳しくご紹介します。

✓ペットボトルより小さい、アルミ製の超軽量Body 280g(iPad miniより軽量)
✓Bodyには熱をもちにくい特殊なアルミ製シェルを使用
✓投影する壁やスクリーンがなくても、立てて置くだけで簡単に天井へ投影可能
✓投影するためのケーブルは不要(無線LAN接続)
✓Bluetooth接続でワイヤレスマウスを使えば、投影画面上でラクラク操作
✓スマホ、タブレット、パソコンの画面を簡単にミラーリング
✓Android7.1搭載でストレスを感じることなく快適操作
✓Google 、Netflix、YouTubeなどが内蔵されていて、ネットサーフィンや映像を最大200インチの大画面で楽しめる
✓HDMI、USB、MicroSDカードも接続可能
✓Officeに対応し、PowerPointやWordやPDFなども出力可能
✓スピーカーも内蔵されている(Hi-Fiステレオサウンド)
✓メモリ(8GB)も内蔵されている 引用元​​CAMPFIRE

小さなボディで必要な機能がすべて搭載。充電は約2時間でフル充電、連続再生時間約120分、画面サイズ12-200インチと大画面で映画など楽しむのに最適ですね。このコンパクトなボディにスピーカーも内蔵されていますので、パワフルなサウンドも体感。ゲームや映画を臨場感あふれる迫力の大画面で楽しめます。大人数でのゲームもストレスフリーでプレイ。新しい楽しみ方ができそうです。

製品の開発について

「MONOGATARI」が発信するこの「Mini Projector K4.」は、「Shenzhen Kixin Electronics Co.,Ltd」(以下Kixin)とのコラボレーション企画です。

Kixinは、2006年に設立された【Smart Mini Projector】専門の研究開発企業。半年ごとの新製品発表を目標とし、少数精鋭の開発チームが切磋琢磨。常に新しい仕事に取り組んでいるのです。このKixin開発の製品は、すでに世界80か国以上の国と地域(アメリカ、EU、オーストラリア、韓国、メキシコ、中東、東南アジア)に輸出。確かな実績のある企業が「Mini Projector K4.」を開発しました。

プロジェクターを身近なものに感じ、日常的に楽しんでいただけるように。その何気ない時間がより豊かになるように、そんな願いを込めて「Mini Projector K4.」は開発され、多くの人々から高い評価を受けています。

おすすめの活用シーン

✓自宅でお洒落な自分空間で過ごしたいあなたへ
✓海外ドラマやYouTubeなど動画を大画面で楽しみたい人へ
✓ビジネスシーンで手軽にプレゼンしたい人へ
✓仲間とゲームでワイワイ盛り上がりたい人へ
✓パーティーやアウトドアで仲間と盛り上がりたい人へ 引用元​​CAMPFIRE

家族や仲間との楽しい時間や、ひとりで作品に浸りたいときに。また家にテレビを置きたくないミニマリストに。シーンや生活スタイルを選ばず活用できるのも嬉しいポイントです。

まとめ

今回は「Mini Projector K4.」をご紹介しました。iPad miniより軽く、ペットボトルより小さい、持ち運びも便利な小型プロジェクターです。現在は、新型コロナウィルス感染拡大により生活スタイルも一変しました。有意義な時間の使い方ができるよう、プロジェクターで大画面の映像を楽しむのもよいですね。気になる方は、ぜひ「Mini Projector K4.」を詳しくチェックしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

www.instagram.com/monogatari.japan/

monogatari-japan.com/

www.monogatari.online/

販売サイトはこちら