0120670134からの電話は千葉銀行カードローンの勧誘営業

0120670134からの電話は千葉銀行カードローンの勧誘営業電話です。銀行からの電話ですが、営業電話なので折り返しは不要で、着信拒否でも問題ありません。本記事では、千葉銀行カードローンのメリットやデメリット、利用方法についても紹介します。

0120670134からの電話は千葉銀行

0120670134からの電話は千葉銀行からの電話です。

0120670134の基本情報は以下のとおりです。

頭番号0120中間番号670加入者番号134
アクセス回数 21758検索回数 20743口コミ件数25
番号種類フリーダイヤル番号提供事業者NTTコミュニケーションズ
地域事業者千葉銀行ローン案内センター

出典:https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_670_134.html

口コミでは、しつこい勧誘であるなどのコメントは少なく、電話の対応自体は丁寧という声もありました。一方、電話をしてくる時間帯については、日曜日にかかってきたり、夕方の忙しい時間帯や22時過ぎという夜間にかかってきたりで迷惑という声もあります。

千葉銀行の企業概要

千葉銀行は大手の地方銀行です。

千葉銀行は福岡銀行に次いで第2位の市場シェアを持つ地方銀行です。名前のとおり、おもに千葉県を中心に事業を行っています。(全国メインバンク動向調査2021年より)

千葉銀行の企業概要は以下のとおりです。

名称株式会社千葉銀行
設立1943年(昭和18年)3月
所在地〒260-8720 千葉県千葉市中央区千葉港1-2
電話番号043-245-1111(代)
従業員数4,236人
総資産18兆3,742億円
預金14兆1,388億円
貸出金11兆5,211億円
資本金1,450億円
事業内容普通銀行業務

出典:https://www.chibabank.co.jp/company/info/outline/profile/

0120670134からの電話はカードローンの勧誘営業

0120670134からの電話は千葉銀行のカードローンの勧誘のための営業電話です。

千葉銀行に口座を持っている人向けの電話なので、オペレーターの対応はおおむね普通のようですが、0120670134から電話は、カードローンの勧誘の電話のため、しつこいといった声もあります。

  • 今後は電話は不要と言っても「いえまた改めて」といって、再度かかってきた
  • カードローンは不要と断っても、月に2回もかかってきた

0120670134への折り返しは必要無し

0120670134からの電話が不在着信などに残っていても、0120670134への折り返しの電話をする必要はありません。

説明したように、0120670134からの電話の目的は、千葉銀行に口座を持つ方向けのカードローンの案内であり、ローンを組む必要のない方には不要の勧誘電話だからです。

また、ローンを組む必要がある場合は取引のある支店の融資窓口で相談する方が具体的な情報が得られますし、手っ取り早くもあります。

0120670134の着信拒否は基本的に問題無し

0120670134からの電話に対して着信拒否の設定をしても、0120670134への折り返しの電話が不要であるのと同様の理由で問題ありません。

ただし、千葉銀行からのお得ローンなどの情報提供は受けられなくなりますので、その点は確認のうえ、設定することが必要です。

地銀の中でも規模の大きい千葉銀行

千葉銀行は千葉県内に160店舗(2020年9月時点)展開する地方銀行で、1971年8月に東証一部に上場しています。千葉県内ではトップシェアを誇り、総資産は日本の地方銀行の中で第2位です。

1943年3月31日に、当時の千葉県を基盤とする地方金融機関の千葉銀行、小見川農商銀行、大九十八銀行が合併して設立されました。

そして千葉銀行は、グローバル展開も行っており、海外支店をニューヨーク、香港、ロンドンに持ち、駐在員事務所も上海、シンガポール、バンコクに開設しています。

千葉銀行カードローン勧誘は関東の一部

0120670134は千葉銀行のカードローンの勧誘の電話です。

千葉銀行カードローンでは、利用者の居住地に関する制限があります。メガバンクのカードローンのように、日本全国どこに住んでいても申し込み・利用できるというわけにはいきません。

具体的には、住居地域が千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県(横浜市と川崎市のみ)の方のみが利用できます。

こうした制約があるため、0120670134からの電話は千葉銀行に口座を持つ人にかけているようです。

関連する記事