iCloudからをデータを削除して空き容量を増やす方法を解説

iCloud写真の同期設定には「iPhoneのストレージを最適化」と「オリジナルをダウンロード」の2種類があります。

「iPhoneのストレージを最適化」に設定している場合、本来の写真はiCloud上にのみ保存され、iPhone内にはデータ量の少ない目次用の写真だけが保存されています。

もし、この状態でiCloud上の写真を削除してしまうと、iPhoneには目次用の低画質な画像しか残らなくなってしまいます。

「オリジナルをダウンロード」に設定すれば、iPhone上にも本来の画質の画像が保存できるので、iCloudから写真を削除する場合には、必ずこの設定をオンにしてからにしましょう。

 

「オリジナルをダウンロード」へ変更すると、写真データのダウンロードが開始します。データ量が多い場合、設定が反映されるまでに数時間かかってしまう場合もあります。通信環境の良い場所などで行うようにしましょう。

PCやUSBなど外部にも保存を推奨

iCloudの写真を消す際、同期設定や手順を誤ってしまうと、デバイス内の写真まで消してしまう可能性があります。万が一のことも考え、PCやUSBメモリなど外部に移しておくことをオススメします。

バックアップは消してしまうと復元することができない

iCloud上に保存されているデバイスのバックアップは、一度削除すると復元することはできません。本当に不要なバックアップであるか、確認してから行いましょう。

写真は30日間は復元可能

バックアップデータ以外の、写真やメモ、メールなどのアイテムは、削除後30日以内であれば復元することができます。期限を過ぎると完全に削除されてしまうので、復元したい場合は早めに行いましょう。

まとめ

本記事では、iCloud内のデータを削除する方法、空き容量を増やす手段、その際の注意点などを紹介しました。

iCloudは、Apple端末を活用する上で欠かせない存在です。より快適に利用するためにも、定期的なストレージの整理をオススメします。