【iPhone】故障・修理の出し方!代替機やデータのバックアップ方法も徹底解説

続いて、借りた代替機に自分のiPhoneデータを移行・復元する方法を解説していきます。

上記で解説した方法でiCloudにとっておいたバックアップを、以下の手順で代替機に復元させていきます。

iPhoneのデータを復元する

iCloudから復元する手順

①代替機の電源をつけて、初期設定などを済ませる

「Appとデータ」という画面が表示されたら、「iCloudバックアップから復元」をタップする

③AppleIDの入力や利用規約への同意などを行う

④復元したいバックアップデータを選択し、復元を開始する

LINEのデータを復元する

LINEのデータを代替機に復元する手順は以下の通りです。

LINEのデータを復元する手順

①代替機でLINEを開き、「ログイン」をタップする

②「登録メールアドレス」と「パスワード」を入力→「OK」をタップする

③「古い端末でLINEを利用できなくなり、トーク履歴も削除される」という旨のメッセージが表示されるので「OK」をタップする

④電話番号を入力し、「番号認証」をタップする

⑤SMSで送信されてきた「認証番号」を入力して「次へ」をタップする

⑥「トーク履歴をバックアップから復元」をタップ

LINEのトーク履歴は「iCloud」にバックアップされます。

  簡単!iPhoneのLINEトーク履歴をバックアップして復元する方法とは?

写真データ管理は「Googleフォト」!

「写真データをしっかり管理したい!」という方は、「Googleフォト」を活用しましょう。

iPhone,写真データ,Googleフォト

Googleフォトは、写真・動画用の「クラウドストレージ」サービスで、アカウントを作成するだけで自動的に写真をクライドストレージ上にバックアップすることができる便利なアプリです。

Googleフォトをダウンロード

  iPhoneへ機種変更後に写真をデータ移行する簡単な方法とは?

代替機を借りる条件と借りられる端末

ここでは、主な「iPhone修理先」で「代替機を借りるための条件」「借りることができる代替機端末」について解説します。

代替機とは?

「Apple Store」「キャリアショップ(au・docomo・Softbank)」「正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラなど)」などにiPhone修理を依頼し、即日で修理が完了しないと、日常生活に支障が及ぶという方もいるのではないでしょうか。

そのような場面で、「代替機」と呼ばれる「一時的に貸し出される端末」があれば、修理中のiPhoneが返ってくるまで特に問題なく生活できます。

Apple Store

修理が必要なiPhoneを「Apple Store」に持っていけば、Appleの認定修理ーサービスを受けることができます。

Apple Storeで代替機を借りるための条件は、「無償修理の条件を満たす故障であること」そして「AppleCare+に加入していないこと」です。

無償修理の条件を満たす故障であること

Appleでは、Apple製品を購入した日から「1年間のハードウェア製品限定保証」と「90日間の無償電話サポート」が付随しています。

この保証期間内に「自然故障」または「初期不良」によってiPhoneの修理が必要になった場合に限って、「無償または低価格」でApple Storeの修理を受けることができます

iPhoneの初期不良

購入した時から、iPhone本体に「音やバイブは鳴るけれど、画面が真っ暗のまま」「タッチパネルが反応しない」「サイレントスイッチが効かない」などの不具合が生じていること。

つまり、「保証期間内に、『自然故障』または『初期不良』によるiPhoneの不具合が見つかった場合」はApple Storeから代替機を借りることができます。

注意したいのは、自分の過失でiPhoneを壊した場合、「無償修理の対象外」になってしまい、修理料金が発生し、代替機も借りれなくなるので注意です。

AppleCare+に加入していないこと

「AppleCare+」に加入している場合には、「iPhoneエクスプレス交換サービス」というサービスを利用して、故障したiPhoneと新品のiPhoneを交換することができます。

そのため、「AppleCare+」に加入している人は、そもそも代替機を借りる必要がありません

iPhoneエクスプレス交換サービスとは

新品同様のiPhoneが宅配便で送られてきて、その場で修理が必要なiPhoneと交換することができるサービスのこと。

キャリアショップ(au・docomo・Softbank)

関連する記事

コメントを残す