【iPhone】故障・修理の出し方!代替機やデータのバックアップ方法も徹底解説

そもそもiPhoneの修理で利用できるエクスプレス交換サービスとは、エクスプレス交換サービスを利用することで修理料金を支払うことで新品のiPhoneと交換してくれるサービスです。なので誤ってiPhoneを壊してしまっても新しいiPhoneに交換してくれる可能性があるサービスとなっています。

エクスプレス交換サービスを使える条件

iPhoneが壊れてしまっても新しいiPhoneに交換してくれるエクスプレス交換サービスですが、全てのiPhoneを新しいiPhoneに交換してくれるわけではありません。新品のiPhoneに交換してくれるのには、条件があります。ここではエクスプレス交換サービスで新しいiPhoneに交換してくれる条件について紹介していきます。

AppleCare+の保証期間内

まずエクスプレス交換サービスで新しいiPhoneに交換してくれる条件としては、AppleCare+の保証期間内であることです。AppleCare+の保証とは、iPhoneを購入時に保証サービスに契約することで1年間の保証サービス期間を契約することができるサービスです。このAppleCare+の保証期間内であればエクスプレス交換サービスで新しいiPhoneに交換することができます。

クレジットカードの登録

またエクスプレス交換サービスで新しいiPhoneに交換するためには、クレジットカードの登録しておく必要があります。エクスプレス交換サービスと契約しているクレジットカードを登録して、作成しておくとエクスプレス交換サービスを活用して万が一の際に新品のiPhoneに交換することができます。

料金

ちなみにエクスプレス交換サービスの料金は、全iPhoneのモデルで統一の12,900 円になっています。あまり安い料金ではないので必要な人は是非エクスプレス交換サービスを契約しておくことをおすすめします。

Apple Storeで修理を申込・代替機を借りる方法

Apple Storeに修理を依頼するには、まず「Genius Bar(ジーニアスバー)」に予約を入れる必要があります。

Genius Barとは

Apple Store内で「Apple製品の修理」や「製品サポート」を受け付けているAppleの公式サービスのこと。

Genius Barの予約方法

Genius Barへの予約方法

「Apple公式サポート」にアクセス→「iPhone」を選択→「修理と物理的な損傷」をクリックする

iPhone,修理,Appleサポート

 

②「修理内容」を選択する

iPhone,修理,サポート内容の選択

 

③「持ち込み修理」を選択する

iPhone,修理,持ち込み修理

 

④AppleIDとパスワードで「サインイン」する

iPhone,修理,AppleID

 

⑤近くにあるApple Storeを検索する

iPhone,持ち込み修理,店舗検索

iPhone,Apple Store,店舗

 

⑥AppleStoreを選択し、希望日・希望時間を選択する

iPhone,Genius Bar,予約

上記の手順で修理申し込みが完了したら、指定日にApple Storeへ行きiPhoneを修理してもらいます。

Apple Storeでの修理は、基本的に「即日」で完了する可能性が高いですが、iPhoneの損傷具合によっては「Appleリペアセンター」に端末を送ることもあり、このケースでは修理完了まで1週間程度かかります。

この場合は、「代替機」を借りることが可能です。

au・ソフトバンクで修理を申し込み・代替機を借りる方法

auのキャリアショップを利用する場合は「店頭申込」を、ソフトバンクのキャリアショップを利用する場合は「Web予約」によって、修理申し込みを行います。

auでもソフトバンクでも、修理期間が「1週間」のように長引いてしまう場合には、店舗で修理対象のiPhoneを手渡すと同時に「代替機」を借りることができます

au・ソフトバンクで修理に出すときの注意点

ただし、キャリアショップによって代替機の在庫に限りがあるため、「代替機の在庫があるか」を問い合わせるようにしましょう。

ドコモで修理を申し込み・代替機を借りる方法

関連する記事

コメントを残す