【iPhoneの故障】修理の出し方!代替機やデータのバックアップ方法も徹底解説!

この記事は約 13 分で読むことができます。

iphone修理でau・ドコモ・ソフトバンクショップに預ける時、代替機を借りられる条件借りられる機種を紹介。借りる前のバックアップ(データ移行・復元)方法や返す時のデータ削除方法も解説。修理中のsimカード差し替えの裏ワザも掲載中。

代替機を借りる条件と借りられる端末

この章では、主な「iPhone修理先」で「代替機を借りるための条件」「借りることができる代替機端末」について解説します。

代替機とは?

「Apple Store」「キャリアショップ(au・docomo・Softbank)」「正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラなど)」などにiPhone修理を依頼し、即日で修理が完了しないと、日常生活に支障が及ぶという方もいるのではないでしょうか。

そのような場面で、「代替機」と呼ばれる「一時的に貸し出される端末」があれば、修理中のiPhoneが返ってくるまで特に問題なく生活できます。

Apple Store

修理が必要なiPhoneを「Apple Store」に持っていけば、Appleの認定修理ーサービスを受けることができます。

Apple Storeで代替機を借りるための条件は、「無償修理の条件を満たす故障であること」そして「AppleCare+に加入していないこと」です。

無償修理の条件を満たす故障であること

Appleでは、Apple製品を購入した日から「1年間のハードウェア製品限定保証」と「90日間の無償電話サポート」が付随しています。

この保証期間内に「自然故障」または「初期不良」によってiPhoneの修理が必要になった場合に限って、「無償または低価格」でApple Storeの修理を受けることができます

iPhoneの初期不良

購入した時から、iPhone本体に「音やバイブは鳴るけれど、画面が真っ暗のまま」「タッチパネルが反応しない」「サイレントスイッチが効かない」などの不具合が生じていること。

つまり、「保証期間内に、『自然故障』または『初期不良』によるiPhoneの不具合が見つかった場合」はApple Storeから代替機を借りることができます。

注意したいのは、自分の過失でiPhoneを壊した場合、「無償修理の対象外」になってしまい、修理料金が発生し、代替機も借りれなくなるので注意です。

AppleCare+に加入していないこと

「AppleCare+」に加入している場合には、「iPhoneエクスプレス交換サービス」というサービスを利用して、故障したiPhoneと新品のiPhoneを交換することができます。

そのため、「AppleCare+」に加入している人は、そもそも代替機を借りる必要がありません

iPhoneエクスプレス交換サービスとは

新品同様のiPhoneが宅配便で送られてきて、その場で修理が必要なiPhoneと交換することができるサービスのこと。

キャリアショップ(au・docomo・Softbank)

iPhoneの修理先として「キャリアショップ(au・docomo・Softbank)」という選択肢があります。

このキャリアショップにiPhone修理を依頼する場合、基本的に、無償修理・有償修理どちらにもかかわらず代替機を借りることができます

正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラなど)

「正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラなど)」も、iPhoneの修理先として利用されることが多いです。

そもそも「正規サービスプロバイダ」とは、Apple認定のトレーニングを受けた技術者の修理サポートを受けることができる所で、「カメラのキタムラ」や「ビックカメラ」などの家電量販店に設置されています。

この「正規サービスプロバイダ」で修理を受ける際には、無償修理・有償修理に関わらず、代替機を借りることができないので注意が必要です。

借りることができる機種の目安は一つ前のモデル(16GB)

借りることができる代替機の機種は、各店舗や修理先の在庫によって異なりますが、原則として、貸し出される代替機は「一つ前のモデル」が多いです。

例えば、iPhone 6s や 7を修理に出した場合には、「iPhone 6」が代替機として貸し出されます。

また、貸し出される代替機の容量は「16GB」のモデルであり、それ以上の容量の端末は借りることができません。

注意点!

auのキャリアショップに修理を依頼する場合、貸し出される代替機は「Android」端末になるケースが多いです。

 

また、代替機の在庫が切れてしまっている場合には、代替機を借りることができなくなるので、あらかじめ修理先に問い合わせておくことをおススメします。

iPhone修理にかかる値段

iPhoneの修理費用は、Apple Storeや正規サービスプロバイダに依頼する場合も、キャリアショップに依頼する場合も「保証サービスに加入しているかどうか」で大きく変わってきます。

Apple Storeと正規サービスプロバイダでの修理にかかる値段

Apple Storeまたは正規サービスプロバイダに「画面修理」を依頼した場合、以下のような修理料金となります。

Apple Store・正規サービスプロバイダでの修理
モデル画面の修理
iPhone X31,800円
iPhone 8 Plus
iPhone 7 Plus
iPhone 6s Plus
19,400円
iPhone 8 
iPhone 7
iPhone 6s
16,800円

上記の表は「保証サービス(1年保証・AppleCare+ for iPhone)」対象外の時の値段です。

ちなみに、「AppleCare+ for iPhone」に加入している場合の「画面修理」料金は、以下のようになっています。

Apple Store・正規サービスプロバイダでの修理
【AppleCare+加入時】
モデル画面の修理
すべて3,400円

AppleCare+に加入しているかどうかで、修理料金が全く異なることが分かります。

キャリアショップでの修理にかかる値段

キャリアショップ「画面修理」を依頼した場合も、およそ上記表のような修理料金となります。

au・docomo・Softbankの各キャリア独自の保証に加入することで、修理の値段を抑えることが可能です。

各キャリアの保証サービス
【au】auスマートパス
iPhoneの「画面修理」の場合、2年間に2回まで「最大10,000円」の修理代金サポートを受けることができます。
【docomo】ケータイ補償サービス for iPhone & iPad
「11,000円」新品同様のiPhoneと交換することができる保証サービスです。
【Softbank】あんしん保証パック(i)プラス
修理代金を一度支払った後、支払った修理代金の80%以上が、月々の利用料金支払いから天引きされるかたちで割引が行われます。

 「iPhone画面割れ修理値段はいくら?ソフトバンク/au/ドコモ」

非正規修理店に依頼すると安い

iPhoneの修理先には、「あいさぽ」「GOODモバイル」「ダイワンテレコム」といった「非正規修理店」もあります。

非正規修理店に修理を依頼するのが、修理料金を最も安く抑える方法です(保証サービス利用時を除く)。

ただし、一度「非正規修理店」でiPhoneを修理してしまうと、その後「Appleの保証サービス対象外」となってしまうため注意が必要です。

  【最安】iPhone画面割れ修理店舗おすすめ比較ランキングTOP5!

Apple Storeで修理を申込・代替機を借りる方法

Apple Storeに修理を依頼するには、まず「Genius Bar(ジーニアスバー)」に予約を入れる必要があります。

Genius Barとは

Apple Store内で「Apple製品の修理」や「製品サポート」を受け付けているAppleの公式サービスのこと。

Genius Barへの予約方法

「Apple公式サポート」にアクセス→「iPhone」を選択→「修理と物理的な損傷」をクリックする

iPhone,修理,Appleサポート

 

②「修理内容」を選択する

iPhone,修理,サポート内容の選択

 

③「持ち込み修理」を選択する

iPhone,修理,持ち込み修理

 

④AppleIDとパスワードで「サインイン」する

iPhone,修理,AppleID

 

⑤近くにあるApple Storeを検索する

iPhone,持ち込み修理,店舗検索

iPhone,Apple Store,店舗

 

⑥AppleStoreを選択し、希望日・希望時間を選択する

iPhone,Genius Bar,予約

上記の手順で修理申し込みが完了したら、指定日にApple Storeへ行きiPhoneを修理してもらいます。

Apple Storeでの修理は、基本的に「即日」で完了する可能性が高いですが、iPhoneの損傷具合によっては「Appleリペアセンター」に端末を送ることもあり、このケースでは修理完了まで1週間程度かかります。

この場合は、「代替機」を借りることが可能です。

au・ソフトバンクで修理を申し込み・代替機を借りる方法

auのキャリアショップを利用する場合は「店頭申込」を、ソフトバンクのキャリアショップを利用する場合は「Web予約」によって、修理申し込みを行います。

auでもソフトバンクでも、修理期間が「1週間」のように長引いてしまう場合には、店舗で修理対象のiPhoneを手渡すと同時に「代替機」を借りることができます

ただし、キャリアショップによって代替機の在庫に限りがあるため、「代替機の在庫があるか」を問い合わせるようにしましょう。

ドコモで修理を申し込み・代替機を借りる方法

ドコモのキャリアショップに修理を依頼する場合、まずは全国のドコモキャリアショップやドコモサービスコーナーの「故障受付窓口」で申し込みをしましょう。
また、この「故障受付」の段階で「お預かり修理が必要」と判断された場合、代替機の貸し出しを申し込みましょう

故障受付が完了した後は、指定日時にキャリアショップに足を運び、「iPhoneを預ける→代替機を借りる→修理→修理完了」という流れで修理が行われます。

カメラのキタムラなどに修理を申し込む方法

続いて、カメラのキタムラなどの「正規サービスプロバイダ」に修理を申し込む方法をご紹介します。

正規サービスプロバイダもAppleの公式サポートから申し込みを行います。

iPhone,正規サービスプロバイダ,修理

正規サービスプロバイダの場合、予約なしでも修理対応してもらえる可能性がありますが、この場合注意が必要です。

なぜなら、正規サービスプロバイダは「代替機を用意していない」ケースが多いからです。

画面割れ

「画面修理」対応の正規サービスプロバイダに「予約をして」行った場合は、当日中に修理対応してもらえます

ただ、予約なしで修理依頼した場合は、数日程度「お預かり」になってしまい、当日中にiPhoneを受け取れない可能性があります。
さらに、代替機も借りることができないので、注意が必要です。

水没(水漏れ)

iPhoneを水没(水濡れ)させてしまって、電源がONにならない状態の場合、正規サービスプロバイダに修理依頼した後に、「Appleリペアセンター」に端末が送られてしまい、修理完了まで「1週間程度」かかる可能性があります。

この場合も「代替機」を借りることができず、大変な状況になる危険性があるので、注意しましょう。

代替機を借りる前のバックアップ方法【必須】

「代替機」を借りる時には、必ず修理に出すiPhoneのデータをバックアップしておきましょう

バックアップしたデータを代替機に移行することで、代替機を自分のiPhone環境にすることができます。

iCloudにバックアップする

iPhoneを修理に出す・代替機を借りる際には、iCloudにバックアップをとっておきましょう。

iCloudにバックアップをとる手順

①iPhoneをWiFiに接続する

②「設定」アプリ→「ユーザー名」→「iCloud」の順にタップする

 iPhone,設定,ユーザー名  iPhone,設定,iCloud

 

③「iCloudバックアップ」をタップする

iPhone,iCloud,iCloudバックアップ 

 

④「今すぐバックアップを作成」をタップする

iPhone,バックアップ,今すぐバックアップ

  iPhoneへの機種変更時に行うデータ移行(バックアップ・復元方法)を徹底解説!

LINEのバックアップをとる

LINEのデータを代替機に移行したい場合には、「アカウント情報の登録」「トーク履歴のバックアップ」をとっておきましょう。

アカウント情報の登録

LINEのアカウント引き継ぎを行う場合には、この「アカウント情報の登録」が必須となります。

アカウント情報の登録

①「友だち」タブ→設定(歯車マーク)→「アカウント」→「メールアドレス登録」の順にタップする

メールアドレスパスワードを入力→「確認」をタップする

③「確認メール」に記載された「認証番号」をメールアドレス登録画面で入力→「登録する」をタップする

④「確認」をタップする

トーク履歴のバックアップ

トーク履歴を引き継ぐためには、トーク履歴のバックアップをとる必要があります。

トーク履歴のバックアップ(iPhone)

①「友だち」タブ→設定(歯車マーク)→「トーク」→「トークのバックアップ」の順にタップする

LINE,設定,トーク LINE,トーク,トークのバックアップ

 

②「今すぐバックアップ」をタップする

LINE,トークのバックアップ,今すぐバックアップ

LINEのトーク履歴は「iCloud」にバックアップされます。

  簡単!iPhoneのLINEトーク履歴をバックアップして復元する方法とは?

写真データ管理は「Googleフォト」!

「写真データをしっかり管理したい!」という方は、「Googleフォト」を活用しましょう。

iPhone,写真データ,Googleフォト

Googleフォトは、写真・動画用の「クラウドストレージ」サービスで、アカウントを作成するだけで自動的に写真をクライドストレージ上にバックアップすることができる便利なアプリです。

  iPhoneへ機種変更後に写真をデータ移行する簡単な方法とは?

代替機を借りた時のデータ移行・復元方法

続いて、借りた代替機に自分のiPhoneデータを移行・復元する方法を解説していきます。

上記で解説した方法でiCloudにとっておいたバックアップを、以下の手順で代替機に復元させていきます。

iPhoneのデータを復元する

iCloudから復元する手順

①代替機の電源をつけて、初期設定などを済ませる

「Appとデータ」という画面が表示されたら、「iCloudバックアップから復元」をタップする

③AppleIDの入力や利用規約への同意などを行う

④復元したいバックアップデータを選択し、復元を開始する

LINEのデータを復元する

LINEのデータを代替機に復元する手順は以下の通りです。

LINEのデータを復元する手順

①代替機でLINEを開き、「ログイン」をタップする

②「登録メールアドレス」と「パスワード」を入力→「OK」をタップする

③「古い端末でLINEを利用できなくなり、トーク履歴も削除される」という旨のメッセージが表示されるので「OK」をタップする

④電話番号を入力し、「番号認証」をタップする

⑤SMSで送信されてきた「認証番号」を入力して「次へ」をタップする

⑥「トーク履歴をバックアップから復元」をタップ

代替機を返す時のデータ削除(初期化)方法【必須】

代替機を返却する際には、あらかじめ代替機に移行していたデータを削除(初期化)しておきましょう。

なぜ初期化が必要?

代替機を返却したら、修理店側が初期化作業を行ってくれます。

ただし、修理店側のスタッフに自分のiPhoneデータを見られてしまう危険性も考えられます。

個人情報を保護するという意味もあるので、返却前に代替機を初期化しておくことをおススメします。

iPhone初期化の手順

①代替機の「設定」→「一般」→「リセット」の順にタップする

iPhone,設定アプリ,一般  iPhone,一般,リセット 

 

②「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする

iPhone,リセット,すべてのコンテンツと設定を消去

 

③「パスコード」と「Apple ID」を入力する

④「iPhoneを消去する」をタップする

ちなみに、代替機を初期化する前にも、先述した方法でデータのバックアップを取っておく必要があります。

旧機種にSIMカードを差し替える【裏ワザ】

「代替機を借りることができない」という場合、自宅に「今は使っていない旧iPhone」があれば、SIMカードをその旧iPhoneに差し替えることで、旧iPhoneで「4G/LTE回線」と「電話番号」を利用できるようになり、修理を待つ間の代替機として使うことができます

SIMカードとは

携帯電話番号やインターネットを利用するために必要な情報が入っている「プラスチック製のICカード」のこと

ちなみに、本iPhoneの端末情報を旧iPhoneにコピーするためには、SIMカードの差し替えでは無理なので、「データをバックアップ→復元」の作業が必要になります。

  【iPhone/iPad】SIMカードの取り出し方のコツと入れ方

まとめ

iPhone修理に時間がかかり、代替機が必要な場合、最も安全・確実な方法は「旧iPhoneにSIMカードを挿して代替機代わりにする」方法です。

ただ、自宅に旧iPhoneが無いという方は、当記事で解説したように、修理店から代替機を借りるようにしましょう。

Apple Storeキャリアショップに修理依頼をすれば、代替機を借りることができます。
一方、非正規修理店では代替機を借りることができないケースが多いので要注意です。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す