【iPhone】故障・修理の出し方!代替機やデータのバックアップ方法も徹底解説

iphone修理でau・ドコモ・ソフトバンクショップに預ける時、代替機を借りられる条件借りられる機種を紹介。借りる前のバックアップ(データ移行・復元)方法や返す時のデータ削除方法も解説。修理中のsimカード差し替えの裏ワザも掲載中。

iPhoneがブラックアウトしてしまった時に修理に出す前にできる対処法

iPhoneでブラックアウトしてしまったことはありませんか。いつもは利用できているiPhoneが急にブラックアウトしてしまった場合はどのような対処をする必要があるのでしょうか。

ここではiPhoneでブラックアウトしてしまったときにに修理に出す前にできる対処法について紹介していきます。

①強制再起動をする

iPhoneでブラックアウトしてしまった時にまずは修理に出す目に強制再起動を行ってみましょう。

iPhoneの強制再起動とは、通常の再起動とは異なり、アプリケーションやプログラムを無視して強制的に再起動を実行する処理のことです。場合によってはこの強制再起動によってブラックアウトが解消される可能性があります。

②PCを使ってリカバリー更新する

またパソコンが手元にある場合はパソコンとiPhoneをケーブルで接続させて、リカバリモードの更新を行ってみましょう。

リカバリーの更新をすることでiPhoneで不具合を解消させることができる場合もあります。しかし場合によってはリカバリー更新を行うことでiPhoneのデータが消えてしまう場合があります。

③水没や落下がきっかけの場合は修理

しかしiPhoneでブラックアウトしてしまった原因が水没や落下によってブラックアウトしてしまった場合は、ほとんどの場合はiPhoneの修理が必要になってきます。

iPhoneの修理はできるだけappleStoreや信頼がある修理センターで行うようにしましょう。

こちらの記事に詳しく書いてあります。

http://apple-geeks.com/iphone-display-6599

iPhoneが水没で故障したときにやってはいけないこと

iPhoneは水没や落下させてしまうとブラックアウトしてしまう場合があります。もしブラックアウトしてしまっても焦ってやってはいけないこともあります。ここではiPhoneが水没した場合にやってはいけないことについてチェックしておきましょう。

①iPhoneを振る

まずiPhoneを水没させてしまった場合にiPhoneについた水を落とそうと急いでiPhoneを振ったり、投げたりする人がいますが、水没した場合は絶対にiPhoneを振ったりしないようにしましょう。

iPhoneを振ってしまうとiPhoneの深い部分まで水が回ってしまう場合があります。なので振るのはやめましょう。

②ドライヤーなどで強制的に乾かす

関連する記事

コメントを残す