【iPhoneの故障】修理の出し方!代替機やデータのバックアップ方法も徹底解説!

iPhoneの修理先として「キャリアショップ(au・docomo・Softbank)」という選択肢があります。

このキャリアショップにiPhone修理を依頼する場合、基本的に、無償修理・有償修理どちらにもかかわらず代替機を借りることができます

正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラなど)

「正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラなど)」も、iPhoneの修理先として利用されることが多いです。

そもそも「正規サービスプロバイダ」とは、Apple認定のトレーニングを受けた技術者の修理サポートを受けることができる所で、「カメラのキタムラ」や「ビックカメラ」などの家電量販店に設置されています。

この「正規サービスプロバイダ」で修理を受ける際には、無償修理・有償修理に関わらず、代替機を借りることができないので注意が必要です。

借りることができる機種の目安は一つ前のモデル(16GB)

借りることができる代替機の機種は、各店舗や修理先の在庫によって異なりますが、原則として、貸し出される代替機は「一つ前のモデル」が多いです。

例えば、iPhone 6s や 7を修理に出した場合には、「iPhone 6」が代替機として貸し出されます。

また、貸し出される代替機の容量は「16GB」のモデルであり、それ以上の容量の端末は借りることができません。

注意点!

auのキャリアショップに修理を依頼する場合、貸し出される代替機は「Android」端末になるケースが多いです。

 

また、代替機の在庫が切れてしまっている場合には、代替機を借りることができなくなるので、あらかじめ修理先に問い合わせておくことをおススメします。

そのような場面で、「代替機」と呼ばれる「一時的に貸し出される端末」があれば、修理中のiPhoneが返ってくるまで特に問題なく生活できます。

代替機を返す時のデータ削除(初期化)方法【必須】

代替機を返却する際には、あらかじめ代替機に移行していたデータを削除(初期化)しておきましょう。

なぜ初期化が必要?

代替機を返却したら、修理店側が初期化作業を行ってくれます。

ただし、修理店側のスタッフに自分のiPhoneデータを見られてしまう危険性も考えられます。

個人情報を保護するという意味もあるので、返却前に代替機を初期化しておくことをおススメします。

iPhone初期化の手順

①代替機の「設定」→「一般」→「リセット」の順にタップする

iPhone,設定アプリ,一般  iPhone,一般,リセット

 

②「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする

iPhone,リセット,すべてのコンテンツと設定を消去

 

③「パスコード」と「Apple ID」を入力する

④「iPhoneを消去する」をタップする

ちなみに、代替機を初期化する前にも、先述した方法でデータのバックアップを取っておく必要があります。

旧機種にSIMカードを差し替える【裏ワザ】

「代替機を借りることができない」という場合、自宅に「今は使っていない旧iPhone」があれば、SIMカードをその旧iPhoneに差し替えることで、旧iPhoneで「4G/LTE回線」と「電話番号」を利用できるようになり、修理を待つ間の代替機として使うことができます

SIMカードとは

携帯電話番号やインターネットを利用するために必要な情報が入っている「プラスチック製のICカード」のこと

ちなみに、本iPhoneの端末情報を旧iPhoneにコピーするためには、SIMカードの差し替えでは無理なので、「データをバックアップ→復元」の作業が必要になります。

  【iPhone/iPad】SIMカードの取り出し方のコツと入れ方

まとめ

iPhone修理に時間がかかり、代替機が必要な場合、最も安全・確実な方法は「旧iPhoneにSIMカードを挿して代替機代わりにする」方法です。

ただ、自宅に旧iPhoneが無いという方は、当記事で解説したように、修理店から代替機を借りるようにしましょう。

Apple Storeキャリアショップに修理依頼をすれば、代替機を借りることができます。
一方、非正規修理店では代替機を借りることができないケースが多いので要注意です。

コメントを残す




CAPTCHA