iPhoneでApp storeアプリアイコンが消えた時の復活方法とは?

この記事は約 5 分で読むことができます。

iPhoneでアプリをダウンロードしようとしたら、「あれ、Appstoreがないぞ……」そんな時の対処方法です。

iphone01

iPhoneでは最早欠かせない存在となったAppstore。

LINEやGmail、ポケモンGOなど、人気のアプリは殆どがAppstore経由でダウンロードする必要があります。

操作は簡単で、ホーム画面から「Appstore」のアイコンをタップ……あれ、ないぞ?

今回はそんなトラブルの対処方法をご紹介します。

Sponsored Links


再起動してみる

iphone再起動

まず一番最初にできる、もっともお手軽な対処方法はiPhoneを再起動することです。

PCを昔から使ってこられた方なら「不調になったら、とりあえず再起動」は定番の方法ですが、iPhoneも小さなPCのようなものですから、この方法が有効な場合があります。

やり方

  1. スリープボタンを長押し
  2. 「スライドして電源オフ」を右にスワイプ
  3. 画面が完全に消えるまで待つ
    • 画面が暗くなっても、クルクルマークが出ているうちは電源が切れていないので注意。
  4. 画面が完全に消えたら、一呼吸置いてからスリープボタンをAppleマークが表示されるまで長押しする。

spotlight検索でインストールされているか確認する

spotlight

次に、iPhoneの中にAppstoreがインストールされているか確認します。

この方法なら、多くのアプリアイコンやフォルダの中に紛れ込んでしまっているときも、簡単に検索して探すことができます。

やり方

spotlight検索の設定
  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 一覧から「一般」を選択
  3. 一覧から「spotlight検索」を選択
  4. 検索結果欄の「App store」の項目がONになっていることを確認
    • OFFになっていたら、ONにしてください。
spotlight検索で探す
  1. ホーム画面の真ん中辺りを下にスワイプする
  2. 検索窓が表示されるので、「App」と入力する。
  3. 検索結果に「Appstore」が表示されるか確認する
    • 表示される→正常にインストールされています

ちなみに、この方法で検索結果に出たアイコンをタップすれば、Appstoreを起動することができます。

他のアプリでも応用できるので、たくさんアプリを入れていてホーム画面が混みあっているという方にもおすすめです。

Appstoreアプリがフォルダの中に紛れ込んでいないか確認する

驚く

iPhoneでは、大量のアイコンを効率良く配置できるように、複数のアイコンをまとめておける「フォルダ」を作ることができます。

この「フォルダ」機能、フォルダに入れたいアイコンをドラッグして別のアイコンの上(もしくは既存のフォルダの上)へ移動させるだけで出来てしまうので、非常に簡単です。

簡単ということは、誤ってフォルダを作成してしまったり、気づかぬうちに別のフォルダへアイコンを移動してしまうといったことも起こってしまいます。

「まさか~」「そのくらい、普通気づくでしょ」と思われるかもしれませんが、結構やってしまいがちな上、気づきにくいミスなので、注意しましょう。

前項の「spotlight検索」でAppstoreが出てきた場合、ホーム画面上にアイコンがなければ、どこかのフォルダに入っている可能性もあります。

「spotlight検索」の候補一覧の横にそのアプリが入ったフォルダ名も表示されるので、それを参考に探してみてください。

機能制限が掛かっていないか確認する

iphone

iPhoneでは、企業での業務利用や子供が使用することも想定して、機能制限をかけることができるようになっています。

Appstoreのアイコンが表示されない場合、この機能制限でAppstoreの利用が制限されてしまっている可能性があります。

確認方法

  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 一覧から「一般」を開く
  3. 一覧から「機能制限」を開く
  4. 表示された項目のうち、Appstoreのアイコン横の項目がOFFになっていないか確認。
解除する場合
  1. 画面上部の「機能制限を設定」を開く
  2. 機能制限用のパスワードを入力
  3. 一覧のAppstoreアイコン横にある「インストール」「Appの削除」をONにする。
    • 「App内課金」は利用状況によってはOFFのままでもOK

補足:勝手に機能制限がONになっている?

ごくごく稀な例ではありますが、過去に機能制限を全く設定していなかったにもかかわらず、勝手に制限が掛かりOFFにできなくなることがあります。

筆者も以前、家族のiPhoneでiOSのアップデートを行った際にこの状況に陥り、facetimeが利用できなくなってしまい大変困りました。

バックアップからの復旧でも解決できず、この時はやむを得ず新しいiPhoneとしてリセットと再設定をせざるを得なかったと記憶しています。(幸い、アプリを殆ど入れていなかったので、大した実害はありませんでしたが。)

もし、この記事を読んでいる皆さんがこの状況に当たってしまったときは、まずAppleのサポート窓口へ連絡されるのがお勧めです。

  • Appleサポート窓口
    • https://getsupport.apple.com/?caller=home&PRKEYS=

まとめ:突然の忍者ごっこにも慌てない

というわけで、今回はiPhoneで「Appstore」のアイコンが消えてしまった場合の対処方法をご紹介しました。

いつも当たり前にそこにあるものが突然消える。これはかなり焦るシチュエーションです。

でも、そんな時こそ落ち着いて、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

なお、今回試した方法でも正常に表示されないときは、iPhone側に何か問題が発生している可能性もあります。

その場合は、以下のAppleの窓口へ修理の相談をされるのがお勧めですよ。

  • Appleサポート窓口
    • https://getsupport.apple.com/?caller=home&PRKEYS=

それでは、快適なiPhoneライフを♪

この記事と一緒によく読まれる記事

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す