iPhoneでApp storeアプリアイコンが消えた時の復活方法とは?

この記事は約 6 分で読むことができます。

iPhone上からapp storeアプリが消えた!表示されない時の対処法。

ios11・ios12での機能制限解除の方法も。

過去に使っていたカメラアプリなどを再インストール復元したいときの再インストールの手順も解説。

iPhone画面から「App Store」アプリが消えた時の対処

アプリをインストールするためにApp Storeを使おうとしたら、App Storeアプリが見つけられず、焦ってしまったことありませんか?

もしくは、現在、App Storeが消えてしまって困っているという方がいるかもしれません。

今回は、iPhoneのApp Storeアプリのアイコンが突然消えてしまったときの対処法についてまとめていきます。

iPhone画面から「App Store」アプリが消えてしまったら、以下の対処法を試してみてください。

  1. フォルダ内をチェック
  2. Spotlight検索で探す
  3. 機能制限の設定をチェックする

フォルダ内をチェック

iPhone画面から「App Store」が消えた場合、何かの拍子に、iPhone内のどこかのフォルダにApp Storeが移動されている可能性があります。

iPhone,App Store,フォルダ

App Storeは基本的に削除することができないので、App Storeが消えた場合、どこかのフォルダに隠れていることが多いです。

Spotlight検索で探す

iPhoneの「Spotlight検索」を活用して探してみましょう。

Spotlight検索でApp Storeを探す

①「設定」アプリ→「Siriと検索」の順にタップする

 

iPhone,設定,Siriと検索

 

②「App Store」をタップして、「Siriおよび提案」をONにする

 

iPhone,Siriと検索,App Store iPhone,Spotlight検索,Siriと検索

 

③iPhoneのホーム画面を表示し、画面上から下にスワイプし、Spotlight検索を起動する

 

iPhone,Spotlight検索,画面

 

④検索窓に「App Store」と入力する

 

iPhone,Spotlight検索,App Store

機能制限の設定をチェックする

Spotlight検索をしても「App Store」を見つけることができない場合、「機能制限」の設定によって「App Store」アプリが非表示となっている可能性が考えられます。

機能制限の設定をチェックする手順(iOS11以前の場合)

①「設定」アプリ→「一般」の順にタップする

②「機能制限」をタップして、「App Store」の「インストール」がONになっているか確認する

③「インストール」がOFFになっている場合はONにする / もしくは機能制限自体をOFFにする

機能制限の設定をチェックする手順(iOS12の場合)

①「設定」アプリ→「スクリーンタイム」の順にタップする

 

iPhone,設定,スクリーンタイム

 

②「コンテンツとプライバシーの制限」をタップする

 

iPhone,スクリーンタイム,コンテンツとプライバシーの制限

 

③「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップして、「インストール」が「許可する」になっているか確認する

 

iPhone,スクリーンタイム,App Store iPhone,App Store,インストール

どうしても「App Store」が表示されない時のリセット方法

どうしても「App Store」のアイコンが見つからない場合は、ホーム画面の配置をリセットして、初期状態のホーム画面に戻すことで、App Storeを見つけ出すことができます。

ホーム画面の配置をリセットする手順

①「設定」アプリ→「一般」→「リセット」の順にタップする

 

iPhone,設定,一般 iPhone,設定,リセット

 

②「ホーム画面のレイアウトをリセット」をタップ→「ホーム画面をリセット」をタップする

 

iPhone,リセット,ホーム画面のレイアウト iPhone,ホーム画面のレイアウト,リセット

通常は、上記で紹介した3つの対処法を試せば、App Storeを見つけることができます。

3つの対処法で見つからなかった場合は、この「画面レイアウトのリセット」を試してみてください。

ただし、この方法を実施した場合、自分で設定したアプリ配置が完全にリセットされてしまうので注意が必要です。

  App Storeの接続ができない、遅い、真っ白になる原因と対処方法!【iPhone】

App Store上に無いアプリの復元・再インストール方法

App Storeアプリが消えてしまう問題に関連した悩みとして、「App Store上に無いアプリを復元・再インストールしたい」というものがあります。

みなさんも、インストールしたけれどすでに削除してしまったアプリや、現在App Storeで配布されていないアプリを再インストールしたいと思うことありませんか?

そのような場合は、以下の手順でアプリを復元・再インストールしていきましょう。

App Store上からアプリが消えてしまう理由

ちなみに、以前はApp Storeからインストールできたアプリが、突然App Store上から消えてしまう理由としては、以下の2点が考えられます。

  1. ポリシー違反などによって、Appleの審査に落ちてしまった
  2. アプリ開発者が配信をストップした

上記の理由によってApp Storeからアプリが消えてしまうと、再インストールができなくなってしまいます。

しかし、App Store上に「購入履歴」がある場合に限って、対象アプリを復元・再インストールすることができます。

復元方法

復元手順

①「App Store」アプリを起動し、「アカウント(人のアイコン)」をタップする

 

iPhone,AppStore,アカウント

 

②「購入済み」をタップする

 

AppStore,アカウント,購入済み

 

③「このiPhone上にない」をタップして、復元・再インストールしたいアプリを探し、「雲のアイコン」をタップする

上記の手順で操作することで、現在はApp Storeにないアプリも再インストールすることができます

ただし、「ポリシー違反によって削除されたアプリ」はこの方法を利用しても復元・再インストールできないので注意です。

  iPhoneアプリを完全削除して履歴を初期化する3つの方法とは?!

「App Storeが消えた」と勘違いしやすい事例

最後に、「App Storeが消えた」と勘違いしやすい事例をご紹介します。

勘違いしやすい事例

  1. iPhone 8・iPhone Xなどへの新機種変更時
  2. MacPCのドックから消えた

上記の事例では、App Storeが消えてしまったのではないかと勘違いしてしまいます。

iPhone 8・iPhone Xなどへの新機種変更時

iPhone 8やiPhone Xなどの新機種に変更した際に、App Storeがホーム画面から消えてしまう現象が起きることがあります。

これは、新しくなったiPhone端末の「iOS12」が影響しているようです。

iOS12から搭載された「スクリーンタイム」では、App Storeで行えることを制御する機能があり、何らかの拍子にその制御がONになってしまっている可能性があります。

機種変更をした際に、App Storeアプリが消えてしまったときは、「機能制限の設定をチェック」して、App Storeアプリに対する制御を解除することで、再びApp Storeアプリがホーム画面に現れます。

MacPCのドックから消えた

Macを使用している最中に、App Storeのアイコンが見つからなくなることがあるようです。

MacのドックからApp Storeが消えた場合は、画面上部にある「メニュー」から「Apple」→「App Store」の順に選択することで解決できます。

それでもApp Storeが見つからない場合は、「ペアコントロールが有効になっているアカウントでMacにログイン」していないか確認してみてください。

  macでApp storeからダウンロードできない原因と対処方法とは?

まとめ

AppStoreが見つからない時、ほとんどの場合はフォルダ内チェック(スポットライト検索)か、機能制限の解除で解決できます。

特に画面上のアプリをまとめて保存している人は、「なくなった!」と思いがちですが、今回紹介している対処法で探してみて下さいね♪




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す