iPhoneでテザリングできない原因と解決方法とは?au/ドコモ/softbank

スポンサーリンク

iPhone でテザリングできない時の原因と対処方法を解説。 au ・ docomo ・ソフトバンクのテザリング申込み~ iPhone 側、PC側(Windows・Macなどパソコン)での設定方法も。点滅する、表示されないなどのトラブルシューティングも掲載。

この記事の目次

テザリングとは?

デザリング機能とは、ネットワークに接続されている iPhone をパソコンやタブレット、ゲーム機などほか機器と有線/無線接続することにより、ほか機器もインターネットに繋げるようにする機能。

つまり iPhone を Wi-Fi の中継器として利用することができる機能のことです。



iPhone 側でのテザリング設定手順

デザリングをする iPhone での操作方法をご紹介します。

「インターネット共有」の設定手順

「設定」>「インターネット共有」>「インターネット共有」をオンにすれば完了です。

もし「インターネット共有」という項目が表示されない場合は、

「設定」>「モバイル通信」>「インターネット共有」の順にタップすると同じ画面にたどり着けます。

オンにする際は、その月の通信料や加入プランの上限通信料に気をつけてください。

オンにすることができれば iPhone X以前は上部メニューバーが青くなります。

iPhone X以降の場合は時間部分が青くなります。

テザリング/ 3つの接続方法

Wi-Fi で接続

iPhone を Wi-Fi ルーターとして使用する方法です。

iPhone をルーターとしたときのSSID、パスワードは自分で設定することが可能です。

SSIDは iPhone の名前が表示されるため、「設定」>「一般」>「情報」>「名前」の順にタップし表示される編集画面で変更します。

パスワードは、「インターネット共有」の画面で「“Wi-Fi”のパスワード」と書かれた項目があるので、そこをタップすることで編集できます。

USBで接続

USBで接続する場合は、 iPhone をLightningケーブルでパソコンと接続します。

この状態で先ほどのデザリング 設定をオンにするとPC側の「ネットワークと共有センター」でネットワークが作成されます。

ただし接続先のパソコンには iTunes がインストールされている必要があります。

Bluetooth で接続

パソコンと iPhone を Bluetooth で接続した状態で Wi-Fi につなげる方法です。

Bluetooth 接続なので、複数のデバイスをネットワークで接続することができます。



PC側でのテザリング設定手順

ここでは一番簡単な Wi-Fi 接続の仕方について解説します。

Mac

Macの場合は、 iPhone でデザリングをオンにした状態で上部メニューバーの Wi-Fi アイコンをクリックします。

するとキャッチできる Wi-Fi 一覧の中に、 iPhone の名前が表示されていると思います。

それをクリックし、自分で設定したパスワードを入力するだけで簡単につながります。

なお、デザリングしている最中は iPhone の Wi-Fi と Bluetooth が使えなくなりますので、 iPhone のAirDropは使用できなくなります。

Windows

Windows7の場合

Windows7の場合、 iPhone のデザリングをオンにした状態で「スタートメニュー」>「コントロールパネル」>「ネットワークとインターネット」>「ネットワークと共有設定」の順でクリックします。

すると表示された画面内に「ネットワーク設定の変更」という欄があり、その中に「ネットワークに接続」があるのでクリックします。

iPhone の名前が表示されますので、クリックしてパスワードを入力してください。それだけで接続することが可能です。

Windows10の場合

ここでは Bluetooth 接続でデザリングを行う方法をご紹介します。

Win+Aでアクションセンターを表示>「 Bluetooth 」をオンにしてください。

この状態で、コントロールパネルの「デバイスとプリンター」を開きます。

「デバイスの追加」> iPhone 選択して「次へ」ボタンをクリック>「○○○○のパスコードは、これと一致していますか」と聞かれるので「はい」をクリックします。

このとき、 iPhone では「 Bluetooth ペアリングの要求」というダイアログが表示されます。

「ペアリング」をタップすると、パソコンで再度作業が進行します。

それを待てば完了です。



テザリングできない時の原因と対処

ここではデザリングがうまくいかないときの対処法をご紹介します。

実を言うと iPhone の Wi-Fi 、 Bluetooth を利用したデザリングはうまくいかないことがしばしばあります。ここに記載されている方法で接続が改善することはありますが、接続がうまくいかない頻度は変わりません。

iPhone ・PCの再起動

まずは iPhone の再起動。

iPhone は小さな端末にかなりの機能を詰め込んでいますので、よくバグを起こします。そのバグをリフレッシュするのに再起動は効果バツグンなんです!

うまくいかない場合はパソコン側の再起動をしてみてください。

パスワードの再確認

再起動してうまくいかない場合は、接続しようとしている iPhone の名前(SSID)、パスワードが変更になっていないか確認してください。

特にパスワードはOSのアップデートや復元で、安全性の高いパスワードに自動変更されることが多いです。

SSIDは「設定」>「一般」>「情報」>「名前」の順にタップすると確認・変更できます。

パスワードは「インターネット共有」の画面で「“Wi-Fi”のパスワード」と書かれた項目から確認・変更できます。

ネットワーク設定のリセット

ネットワーク設定が変更されている可能性がある場合は、ネットワーク設定を一旦削除し再設定できます。

「設定」>「一般」>「リセット」>「ネットワークをリセット」の順でタップします。

機内モードの切り替え

iPhone に関わる全てのネットワーク設定を一旦オフにすることで、リフレッシュ流ことが可能です。

コントロールセンターから飛行機アイコンをタップすることで、機内モードを切り替え(=ネット接続のリセット)をすることができます。

OSのアップデート

パソコンのOSやiOSのバージョンが古いとうまくデザリングできない場合があります

そのほかにも色々な支障があるので、なるべくiOSはサインのものにアップデートしておきましょう。

iOSのアップデートがあるかどうかは、「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」で確認できます。

Bluetooth のペアリング確認

デザリングで Bluetooth 接続を選択した方はパソコン、 iPhone のどちらとも Bluetooth がオンになり、接続されているか確認してみましょう。

Bluetooth は不安定なことがあるので、混線したり突然接続が切れることがあります。

iPhone の電波状態の確認

当然のことですが、ネットワーク中継器の役割を果たす iPhone のネットワークが不安定だとデザリングがうまくできません。

デザリング中は iPhone の Wi-Fi は接続されないため、4G/LTE環境が整っていることが必須条件です。

iTunes のバージョン確認

デザリングでUSB接続を選択した方は、 iTunes のバージョンが古いとパソコンが iPhone を正しく認識できない場合があります。

つまりネットワークに繋げられないのではなく、パソコンが iPhone 自体をうまく認識できていない可能性があるということです。

iTunes のバージョンを確認して、アップデートがある場合は早急に行いましょう。



テザリングに関するトラブル

テザリングに接続できなくなった

この場合、落ち着いて対処することが大事です。

というのも iPhone のデザリングは回線が悪くなったり切れたり、最悪繋がらなくなることがあるからです。

この場合、

  1. iPhone の再起動
  2. パソコンの再起動
  3. OSのアップデート

をまずは試してみて下さい。

「このネットワークに接続できません」というエラー

パソコンで「このネットワークに接続できません」という表示が出た場合、大体の場合はネットワーク中継器である iPhone 側に問題があります。

この場合

  1. 機内モードのオンオフ
  2. iPhone の再起動
  3. パソコンの再起動
  4. ネットワーク設定の削除

が有効です。

ただしネットワーク設定の削除は最終手段として、行ってください。

テザリング先が表示されない

デザリング先の iPhone が表示されない場合、 iPhone のデザリング設定がオンになっていない可能性があります。

まずは iPhone のデザリングがオンになっているか確認してみましょう。

もしオンになっているようであれば、 iPhone が正しくデザリングの役割を果たせていない、もしくはパソコンが iPhone を正しく認識できていない可能性があります。

この場合

  1. 機内モードのオンオフ
  2. iPhone の再起動
  3. パソコンの再起動
  4. iTunes のアップデート

が効果的です。

iPhone 5でテザリングできない

iPhone 5を中継機として利用する際に、ネットワークに繋がらなかったり「インターネット共有」の項目が表示されないことがあるようです。

この場合、

  1. 「設定」>「モバイル通信」>「インターネット共有」の順にタップしてオンにする
  2. インターネット共有をオンにしてしばらく放置する

という手段が効果的なようです。

なお Apple はこの件に関して特に何も言っていないことから、それほど多くみられる現象ではないようです。

青いバナーが点滅(出たり消えたり)する

デザリング利用中のサインである青いバナーが点滅するということは、パソコンとのネットワーク接続が不安定ということになります。

この場合、

  1. iPhone の再起動
  2. パソコンの再起動
  3. 機内モードの切り替え
  4. USB接続のデザリングに切り替える
  5. パソコンと iPhone の間に電波を害するようなものを置かない
  6. ネットワーク設定の見直し

が効果的です。

要はパソコンと iPhone のネットワークを安定させることが唯一の解決策ということです。

データ量の消費速度が早い

デザリングし始めてからデータ量の消費が多くなるのは当然です。

今までは iPhone が消費する分だけのデータ量しか発生しませんでしたが、パソコンも同じネットワークに繋げるということはパソコンが消費するデータ量も考慮しなければなりません。

iPhone が消費するデータ量はそれほど大きくありませんが、パソコンが消費するデータ量は大きいものが多いです。特にパソコンのアップデートなんて最悪です。

パソコンに繋げる際は、その作業をデザリングで行って大丈夫かよく考えてください。


使っているキャリアのプランによっては、テザリングを利用できない

この機能を利用するにはキャリアによって、加入するプランが異なります。

デザリングができない場合、まずこのプランに加入しているかを確認することが必要です。

テザリングを利用可能なプランに申し込む必要がある

テザリング機能を使う場合、テザリング利用可能なプランに申し込む必要があります。

テザリング利用可能なプランを、大手3つのキャリアごとに紹介していきます。

au

au で契約した iPhone でデザリングを行うには、以下のプランに加入している必要があります。

対象のデータ(パケット)定額サービス月額オプション利用料
au ピタットプラン
au フラットプラン20/30
au フラットプラン25 Netflixパック
データ定額20/30
U18データ定額20

500円

データ定額1/2/3/5
データ定額8/10/13

無料

LTEフラット

500円

デザリングの申し込みは以下のリンクより行うことができます。
申し込み翌日からの適用となり、申し込みのタイミングによっては翌々日となる場合があります。

ドコモ

ドコモで契約した iPhone でデザリングを行うには、Xi契約(LTE)もしくは大容量プラン「ウルトラパック」に加入している必要があります。

今のところ、どちらのプランでデザリングしても、追加料金は発生しません。

ソフトバンク

ソフトバンクで契約した iPhone でデザリングを行うには、以下のプランに加入している必要があります。

データ(パケット)定額サービス月額使用料
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 20GB/30GB/50GB
家族データシェア 50GB/100GB
法人データシェアギガパック(50)/(100)
500円
データ定額ミニ 1GB/2GB
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額 5GB
データ定額S(4Gケータイ)
無料
上記以外500円

(ただし加入から2年無料)

申し込みはマイソフトバンクから行うことができます。

「テザリングオプション」は申し込み当日より利用できますが、申し込み後すぐは、手続きが反映されておらずテザリングのご利用できない場合があります。



どうしても解決できない時の対処

何をどうやっても iPhone でデザリングができない場合は、 iPhone そのものの故障なども考えて解決する方法があります。

修理に出す

修理の値段としては、非正規修理専門店に出す方法一番コストがかからずスピーディです。

非正規修理専門店の場合、配送修理を扱っているので時間がない人に向いています。

【評価が高い配送修理業者】

無償修理が可能か確認

デザリングを使用したい iPhone が高銀有してから1年間、もしくは Apple Careに加入して2年以内であれば無償交換や修理をしてくれる可能性があります。

Apple Careに加入していたかどうかは、こちらから確認できます。

保証状況とサービス期間を確認する

Apple Care(またはキャリア修理保障の活用)

Apple Careに加入していても2年を過ぎていると、無償交換できる可能性は怪しいです。しかし、特別料金での修理が2回まで受けられる特典があります。

そのほかにも大手キャリアが提供しているプランの中には、 iPhone の修理代金の一部を負担してくれるというものがあります。

自分のプランを確認してみましょう。

正規サービスプロバイダ

Apple Store内にあるGenius Barや、電話応対での Apple サポートなど Apple に直接相談してみると解決策の提案や、修理・交換対応がスムーズです。

まずは問い合わせをしてみると、解決することが多いです。

難点としてはGeniusBarも Apple サポートも混雑していることです。

Genius Barを訪れる際はネット予約していくことをオススメします。

もしくはビックカメラなど認定をしっかり受けた Apple 正規サービスプロバイダへ相談に行ってみましょう。

非正規修理店

Apple 正規サービスプロバイダは混雑することが多いので、なるべく早く対応したい場合は非正規修理店を利用するのもなしではありません。

しかし今回のような回線系統のどこが悪いというような問題の原因が特定できない場合、回線系統全部修理とみなされ価格が高額になったり、それでも改善しない場合もあります。

買取に出す

  • 修理費用が高い。
  • 修理するのがめんどくさい。

という方は買取に出して、新しい iPhone を購入するというのも1つの手でしょう。

iPhone専門の買取業者として有名のはネットオフなどで、こちらも配送での買取に対応してくれます。


ポケット Wi-Fi を利用する

テザリングをしてインターネット共有をする方法の他に、「ポケット Wi-Fi 」を利用する方法があります。

ポケット Wi-Fi の場合、使い放題に設定しても3千円程度に抑えられるため、テザリングのために高額プランを組んでいる人にはオススメです。

【オススメのポケット Wi-Fi 業者】

関連記事:【2018年10月】無制限ポケットWiFiおすすめランキングと月額料金比較

まとめ

今回は iPhone をデザリングするときの方法や加入しておくべきプラン、デザリングできない場合の対処法ご紹介しました。
デザリングを利用してパソコンやゲーム機をネットに接続して、出先でも帰宅と変わらないネット環境を楽しんでいる私は、このデザリング機能に助けられています。
かなり便利なので利用して欲しいです。
しかし、利用すれば当然その分データ量も消費します。
それでもソフトバンクのウルトラギガモンスターなど大容量データプランを利用している方はそれほど気にしなくていいと思います。
デザリングをフル活用したい方は、大容量データプランもぜひチェックしてみてください!

目次へ戻る


コメントを残す