もしかしてiPhoneがウイルス感染?チェック方法と対処方法

iPhoneを使っていると稀に、”ウイルスに感染しました”というようなポップアップ警告が画面に表示されることがあります。この記事では、iPhoneがウイルスに感染しているかどうかのチェックの方法や、ウイルスに対する対策の解説をしていきます。

この記事の目次

iPhoneはウイルス感染する可能性あり

iPhoneに限らずApple製品のセキュリティレベルは非常に高いと言われています。正しく使えば基本的にはウイルスに感染しないと思っても問題ないレベルです。常にOSのアップデートを提供し、セキュリティには対策をされています。

正しく無いルートで入手したアプリをインストールしたり、OSを脱獄したり等、Appleが予期しない使い方をするとセキュリティレベルが下がりウイルスに感染する可能性があります。

ただ、iPhoneは普通に使っていれば基本的にはウイルスに感染しないものと思っていても問題がないレベルのセキュリティを備えています。

iPhoneが感染しないと言われる理由

iPhoneがウイルス感染しない理由の1つに、サンドボックスという仕組みです。サンドボックスとは、決められた領域でしか作動しない仕組みです。スマホのウイルス感染はアプリから感染することがほとんどです。

スマホの仕組み上、アプリは特定の場所でしか稼働しておらず、万が一ウイルスに感染したアプリを稼働させてもシステム側には悪影響を与えないような仕組みになっています。

さらに、スマホがウイルスに感染する原因の1つの、アプリに対しても、AppleはAppStoreで厳しい審査をした上で提供されています。AppStore以外から取り込んだアプリを使う場合は注意が必要ですが、AppStoreでダウンロードしたアプリはAppleのお墨付きがあるのである程度安心です。

iPhoneがウイルス感染?チェック方法

ここからは、iPhoneがウイルスに感染していないかチェックをする方法の紹介をしていきます。チェック項目に当てはまったからといって必ずしもウイルスに感染しているとは言い切れません。ただ、今から紹介するチェック項目に当てはまっている場合はウイルス感染の可能性もあります。

iPhoneがウイルス感染していると感じた場合は、以下のチェック項目に当てはまるかどうか確認してみるのも重要です。

【ウイルス感染チェック方法】①動作がおかしい

iPhoneがウイルス感染しているかチェックする方法の1つ目は、挙動のチェックです。意図した操作と違う動作をするようであれば、何かしらの不具合が起きています。システムの不具合ということも考えられますが、ウイルス感染の可能性も考えられます。

【ウイルス感染チェック方法】②バッテリーの消費が早い

iPhoneがウイルス感染しているかチェックする方法の2つ目は、バッテリー消費量です。触っていないのに通常よりもバッテリーの消費が早いのならウイルス感染の疑いがあります。バッテリーの消費が早いだけでウイルスに感染しているというわけではありません。

バッテリーの消費は、使っている環境によっても変動します。iPhoneを使う温度環境外での使用や、電波の入りにくい場所に長く滞在する場合は、バッテリーの消費が早くなります。

自宅や会社への往復程度しか使わないのに、ものすごくバッテリーの減りが早いのなら、ウイルス感染を疑ってみることも重要です。

【ウイルス感染チェック方法】③見覚えがないアプリがある

iPhoneがウイルス感染しているかチェックする方法の3つ目は、アプリのチェックです。自分がダウンロードした記憶のないアプリがiPhone上にある場合は注意が必要です。アプリは必ずホーム画面に存在するので、定期的にアプリのチェックを行うことも重要です。

使ったことのないアプリや見覚えのないアプリが見つかった場合は、削除するようにしましょう。もし必要なアプリを削除してしまっても、再ダウンロードも可能なので、容量を確保する意味でも、必要ないアプリは削除しておくといいでしょう。

フォルダの中の気付きにくい場所に入っている場合もあるので注意して確認しましょう。

【ウイルス感染チェック方法】④アプリが強制終了する

iPhoneがウイルス感染しているかチェックする方法の4つ目は、アプリの挙動です。iPhoneがウイルス感染しにくい理由でも書きましたが、基本的には他のアプリの挙動に悪影響になることはありません。ただ、絶対というわけでは無いので、アプリが強制終了し続ける場合は注意が必要です。

アプリの強制終了はウイルスよりも、iPhoneのメモリの使いすぎなど動作不良の可能性や、OSとの親和性、純粋にアプリの不具合などもあるのでそこまで可能性は高くありませんが、念頭に入れておくのも重要です。

【ウイルス感染チェック方法】⑤ストレージ使用量が急に増えた

iPhoneがウイルス感染しているかチェックする方法の5つ目は、ストレージの使用量が急に増えた倍です。iPhoneのストレージが増える場合は、アプリのダウンロードや写真の撮影などが一般的です。ウェブの閲覧やSNSなどでもキャッシュが保存されると増えていきます。

容量の大きいゲームアプリでも2〜3GB程度が一般的なので、知らない間に10GBなど増えた場合はウイルス感染を疑ってみることも重要です。

【ウイルス感染チェック方法】⑥ブラウザを閉じる際にポップアップ

iPhoneがウイルス感染しているかチェックする方法の6つ目は、ブラウザを閉じる時に表示されるポップアップです。閉じなくても、ウェブサイトを見ている時に、”このiPhoneはウイルスに感染しました”などのポップアップ表示が出た場合も同様です。

ポップアップを表示させたことでウイルス感染やワンクリック詐欺などの危険に晒されてしまう可能性があります。怪しいポップアップが表示されたら、ポップアップを消すのではなく、ページの終了と、アプリの終了をするようにしましょう。

それでも毎回ブラウザを起動させるたびにポップアップが表示されるようならウイルス感染の可能性が高くなるので対処するようにしましょう。

【ウイルス感染チェック方法】⑦勝手に動く

iPhoneがウイルス感染しているかチェックする方法の7つ目は、触っていないiPhoneが勝手に動いていたり、勝手に再起動を繰り返したり等、通常ではありえない動作をしているようだと、ウイルス感染の可能性があります。

ただ、システムの不具合や、iPhoneに物理的に圧力がかかり、損傷をしてしまっている可能性もあります。ウイルス感染の1つの可能性として動作がおかしいと感じた場合は注意しましょう。

【ウイルス感染チェック方法】⑧最近接続したパソコンを調べる

iPhoneがウイルス感染しているかチェックする方法の8つ目は、接続したパソコンのウイルスチェックをすることです。データの移行などの為に接続したパソコンからウイルス感染することもあるのでiPhoneをパソコンにつなげる場合はパソコンのウイルスチェックをすることが必要です。

【ウイルス感染チェック方法】⑨データ通信量が増えた

iPhoneがウイルス感染しているかチェックする方法の9つ目は、データ通信料を調べてみましょう。ウイルスが動いている場合、勝手にデータの通信をしてしまう可能性があります。Wi-Fiにつなげていれば特に問題はありませんが、通常のデータ通信の場合、通信制限がかかることもあります。

使っていないのにデータ通信制限の注意などが届く場合は、ウイルスに感染している可能性があるので、注意してみるのもおすすめです。

【ウイルス感染チェック方法】⑩ウイルスソフトを使う

iPhoneがウイルス感染しているかチェックする方法の10個目は、最終手段としてウイルスソフトを導入してチェックしてみましょう。iPhoneがウイルスに感染しにくい理由でも紹介した通り、アプリは個々の動作領域でしか稼働しません。

なので、iPhoneがウイルス感染していてもウイルスソフトで見つけることができない可能性があります。見つからない可能性も含めてウイルスソフトの導入を検討してみましょう。

iPhoneのウイルス対策方法

ここからは、iPhoneのウイルス対策について解説をしていきます。ウイルスに感染しないための対策は非常に基本的なことです。普通に使っていれば基本的にはウイルスに感染するリスクが非常に低いのがiPhoneだということは念頭に入れておきましょう。

【ウイルス対策方法】①OSを最新にする

iPhoneのウイルス対策の1つ目は、OSを常に最新に保つことです。最近iPhoneの最新OS、iOS14がリリースされました。数字が変わる大型アップデートは普段使っているアプリがすぐには対応しておらずアップデートを見送る人も多いと思います。

セキュリティの観点から見るとアップデートはできるだけ早く行うことをおすすめします。すぐにアップデートできない人は、よく使うアプリが最新OSに適応したらできるだけ速やかにアップデートするようにしましょう。

【ウイルス対策方法】②正規のアプリを使う

iPhoneのウイルス対策の2つ目は、正規にリリースされたアプリ以外は使わないことです。AppStoreでリリースされているアプリはAppleの厳しい審査を通ったアプリです。なので、基本的には安全だと思って問題ありません。

AppStore以外のところから取り込んだアプリには悪質なプログラムが入っている可能性があります。ウイルス感染など様々なトラブルに巻き込まれる可能性が出てくるので正規のアプリ以外は使わないではなく、ダウンロードしないようにしましょう。

【ウイルス対策方法】③セキュリティ対策されている機器だけ接続する

iPhoneのウイルス対策の3つ目は、物理的な接続からウイルス感染を阻止する為に、セキュリティ対策されている機器以外はiPhoneに接続しないようにしましょう。特にパソコンでバックアップの作成や音楽の同期をしている人は、パソコンのセキュリティ対策は万全にしましょう。

公共の施設や漫画喫茶などの不特定多数が利用するパソコンには極力接続をしないように気をつけましょう。

【ウイルス対策方法】④不要な権限を与えない

iPhoneのウイルス対策の4つ目は、アプリに不要な権限を与えないことです。アプリによっては、写真やカメラ、連絡先へのアクセスを求められることがあります。不要なアクセスには制限をかけることで個人情報を守ることができます。

知らないうちにアクセスを許可している可能性もあるので、プライバシー設定に見直しをすることをおすすめします。

【ウイルス対策方法】⑤脱獄は行わない

iPhoneのウイルス対策の5つ目は、脱獄は行わないことです。脱獄とはジェイルブレイクとも言われ、iPhoneを動かしているiOSに改造を加える行為です。ジェイルブレイクを行うことで、AppStore以外からのアプリの入手やiPhoneではできないことをできるようにします。

ただ、セキュリティ面で脆くなるため、おすすめできません。ジェイルブレイクによるiPhoneの故障は修理の対象外になる可能性も考えられます。どうしてもジェイルブレイクをする場合は、自己責任で行うようにしましょう。

【ウイルス対策方法】⑥信用のないWi-Fiは使用しない

iPhoneのウイルス対策の6つ目は、信用できないWi-Fiには接続しないようにしましょう。現在では数多くのフリーWi-Fiに接続が可能です。飲食店に設置してあるキャリアのWi-Fiなどなら信用できますが、どこが飛ばしているかわからないようなWi-Fiには接続しないようにしましょう。

設置元が分からないWi-Fiに繋げたことが原因でウイルスに感染したということもよく聞く話です。自宅以外でWi-Fiに接続をする場合は、どこがどのようなWi-Fiなのかしっかりと認識してから接続をするようにしましょう。

【ウイルス対策方法】⑦iPhoneの設定を変える

iPhoneのウイルス対策の7つ目は、iPhoneの細かい設定の見直しです。特に設定の見直しをおすすめするのが、ブラウザ設定です。ウイルス感染する上で一番可能性があるのがブラウザの使用中です。ブラウザのセキュリティ設定を高めることで、ウイルス感染の可能性を低くすることができます。

デフォルトブラウザのSafariやAppStoreでダウンロードしたChromeを使っている人が多いと思いますが、ブラウザの設定の見直しは簡単なので行っておくことでウイルス対策をすることができます。