iPhoneのバッテリーが発熱&電池消耗!賢い対処方法とは?

この記事は約 5 分で読むことができます。

iPhoneを使ったり、ポケットに入れていたら、突然の発熱でホッカイロ状態に……。そんなときの賢い対処方法をご紹介します。

iphone

iPhoneを使っていたら、だんだん熱をもってきてアッチッチ!

ポケットにiPhoneを入れていたら、いつの間にかホッカイロになっていた。

そんな経験がある方も多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな時にどうやって対処したら良いのか、賢い対処方法をまとめてみました。

Sponsored Links


熱がiPhoneに与える影響

iPhone 発熱

本題に入る前に、まずはiPhoneが異常発熱することは何故マズイのかに触れていきます。

「熱なんて大したことないでしょw」と思っているそこのあなた!

油断は大敵ですよ。

本体内部の電子機器への影響

iPhoneの発熱で問題になる点の1つが、熱でiPhone内部の電子機器を痛めてしまう可能性があることです。

iPhoneに使われている電子機器のなかには、熱に弱い物も当然含まれています。

多くの場合は致命傷になる前にiPhoneが強制シャットダウンされますが、そのような状況に至らないようにする方が得策なのは言うまでもないでしょう。

バッテリーへの影響

iPhoneのバッテリーとして使われている「リチウムイオン充電池」は、熱に弱いという性質があります。

そのため、高温状態に晒されると内部の劣化が進み、その分電池の寿命を縮めてしまうことになるのです。

また、バッテリーそのものの特性として、高温状態になると発火する危険性があります。(メーカーにより様々な安全対策が施されてはいますが、それでもユーザーの扱いが悪ければ発火事故を起こす可能性はあります。)

 

たかが熱と侮っては行けないということを、おわかり頂けたでしょうか?

異常発熱の原因は?

女性2

iPhoneの異常発熱については様々なケースが考えられますが、代表的なのはこのパターンです。

負荷のかかるアプリを使ったので、CPUやRAMが発熱している。

ユーザーがいちばん遭遇しやすいのが、このケースです。

よくあるパターンとしては、3Dを多用したゲームなどを長時間続けていて、CPUやRAM(メモリ)が発熱を起こすことなどが挙げられます。

また、本来は殆ど負荷の掛からないアプリでも、設計の問題でCPUやRAMが発熱を起こしているケースも良くあります。

どちらの場合も、CPUやRAMにたくさん仕事をさせているので、バッテリーの急激な消耗とセットになっていることが殆どです。

炎天下などiPhone本体が高温な環境に晒されている

真夏の炎天下に駐車していた車のドアを開けたら、いきなりモワっとした空気に襲われたという経験はありませんか?

自動車の車内に限りませんが、iPhoneをこうした高温環境に放置すると、電源をOFFにしていても本体が異常発熱しているケースが良くあります。

ひどい時には、「発熱しているので、iPhone起動できないよ」という旨のエラーメッセージが出てしまうこともあります。

バッテリーの異常により発熱している

iPhoneのバッテリーは、正常でも充電中にある程度の熱をもちます。

しかし、バッテリーに異常があると、充電中や使用中に本来の温度以上に発熱してしまうことがあります。

特に、バッテリーが膨らんできている場合は要注意。

この後ご紹介する方法で、適切に対処を行ってください。

原因別の対処方法

案内・女性

ここからは、先にご紹介したケース別の対処方法をご紹介していきます。

負荷のかかるアプリを使ったので、CPUやRAMが発熱している場合

この場合、いちばんの解決策はそのアプリを使わないことです。

SNSクライアントのように他のアプリやWebサービスで解決できる場合は、そちらに乗り換えてしまうのが良いでしょう。

他にも、iPhoneケースの素材や構造によっては、本体の熱を放熱できず、結果として異常発熱を招いてしまうこともあります。

ゲームを多用される方などは、プレイ中はケースを外したり、バンパータイプの放熱性に優れたケースを利用してみるのも1つの手です。

また、今まで問題なかったアプリが急に発熱を伴い始めたときは、アプリ開発者にその旨を連絡してアップデートを依頼するのも良いでしょう。

炎天下などiPhone本体が高温な環境に晒されている場合

それは太陽がさせたことだよ~と歌わなくても良いので、そのような環境にiPhoneを放置しないようにしましょう。

バッテリーの項でも触れたように、iPhoneのバッテリーは高温に弱いので、劣化が早まったり、最悪発火事故となってしまうことも考えられます。

「iPhoneを車に置きっぱなしにして仕事に行ったら、車が灰になってしまった」なんてことになったら洒落になりません。

なお、高温によるエラー画面が表示された場合は、iPhoneを涼しい場所に置いて常温に戻してから起動させれば大丈夫です。(極端に温度を変化させると内部で結露を起こす可能性もあるので、くれぐれも冷却材などで一気に冷やしたりはしないでくださいね。)

バッテリーの異常により発熱している場合

バッテリー異常により発熱を起こしていたり、発熱していなくてもバッテリーが膨らんでいる時は、早急にAppleのサポートへ連絡して修理を依頼しましょう。

バッテリーの膨らみは、バッテリー内部の異常で発生したガスを排出できていないことが原因です。

そのまま放置すると発火などの重大事故になる可能性もあるので、きちんと修理してもらうか、新しい機種へ機種変更しましょう。

修理の場合は、Appleの正規サポート窓口を利用するのが安全確実です。

  • Appleサポート窓口
    • https://getsupport.apple.com/?caller=home&PRKEYS=

こちらの窓口から、電話やチャットなどで相談することができます。

AppleStoreへの持ち込み修理予約をしたり、自宅に居ながら利用できる宅配修理サービスを申し込むこともできるので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

※修理については、こちらの記事も参考にどうぞ!

【最安値】iPhoneの画面が真っ暗になる不具合の修理料金を比較!|Apple Geek LABO

まとめ:発熱と甘く見るべからず

というわけで、今回はiPhoneが異常に発熱&電池消耗したときの原因とスマートな対処方法をご紹介しました。

単なる発熱と甘く見がちですが、人間と同じで異常な熱は百害あって一利なしです。

特にバッテリーに関係してくる場合、ユーザー自身やその周囲の人へ迷惑を掛けてしまうこともあり得ます。

この記事を参考にして、油断せず、適切な対処をして頂ければ幸いです。

それでは、快適なiPhoneライフを!

この記事と一緒によく読まれる記事

▶︎【注意】知らないと危険!iPhoneが熱い3つの原因と対策方法とは?




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す