【Youtube】エラー503”サーバーに問題が発生しました”の原因と対処法

Youtubeを視聴していてエラー503のメッセージが表示されてことはありませんか。ここではYoutubeのアプリケーションやサイトでエラー503”サーバーに問題が発生しました”の原因と対処法についてチェックしていきますので、参考にしてみてください。

【Youtube】エラー503”サーバーに問題が発生しました”の原因

Youtubeで動画や音楽を視聴していると急にエラーコード503のエラーメッセージが表示されてしまい、サーバーに問題が発生しましたというポップアップが表示されることがあります。Youtubeでこのエラー503”サーバーに問題が発生しました。”と表示されてしまう原因はどんなことが原因で発生してしまうのでしょうか。ここではYoutubeアプリケーションやサイトでErrorCode503のエラーポップが表示されサーバーに問題が発生しましたというメッセージ原因について紹介していきます。

原因①アクセス集中による制限

まずYoutubeは世界中で利用されているアプリケーション且つ動画配信サイトとなっています。そのため多くのサーバーによって構成されているのですが、時にユーザーアクセス数が集中してしまい、いつもYoutubeアプリやサイトから動画視聴をしていたのに急にErrorCode503のメッセージが表示され「サーバーに問題が発生しました」というエラーメッセージが表示されてしまうことがあります。これは特に有名な人や人気がある人が珍しい動画を配信してアクセス負荷が大きくなった場合などに発生することがあります。

原因②メンテナンス中

またユーチューブなどの動画配信サービスやアプリケーションは定期的にメンテナンス作業を実施します。これはメンテナンス作業を実施することで新しい機能をリリースしたり、バグや不具合を直すために実施します。このメンテナンス期間中はYoutubeのサービスが一部利用できなくなり、エラー503が表示されて、『サーバーに問題が発生しました』のポップアップエラーが発生してしまうこともあります。この場合はメンテナンス作業が完了するのを待つしかありません。

原因③”後で見る”の動画が多すぎる

Youtubeの機能で「後で見る」という候補を設定が多いとエラー503や問題が発生しましたというエラーが多く発生する可能性が高いという報告もされていることを知っていますか。Youtubeの機能では今見ている動画配信サービスを見終わった後に動画を視聴したいものを「後で見る」リストに追加しておくと自動でYouTubeが次に視聴した方がよい動画をおすすめリストに表示してくれるようになっています。この「後で見る」リストが多いとYouTubeの動作に問題が発生して、サーバーに問題が発生しましたのメッセージが表示されることもあるので注意してください。

原因④キャッシュの破損

デバイスやスマートフォンが原因でもYoutubeで503Errorが発生したりサーバーに問題が発生しましたというメッセージが表示されてしまうことがあります。サーバーに問題が発生しましたの原因としてはスマートフォンやデバイスのキャッシュデータの破損です。キャッシュデータとは一度アクセスしたサイトやページに次回以降に高速でアクセスすることができる機能で、このキャッシュデータが破損される正しく動作しなくなってしまうこともありますので、注意してください。

原因⑤APN設定の不具合

そして最後にエラー503やサーバーに問題が発生しましたのポップアップメッセージが表示される原因としては、APN設定不具合が考えられます。APN設定とは、アクセスポイント設定のことでネットワークやWiFi設定でこのアクセスポイントを利用していると発生する不具合です。特に外でYoutubeを見ようとした際に発生しないのに、ある場所でYoutubeを閲覧しようとするとサーバーに問題が発生しましたのエラーが表示される場合は、APN設定を見直した方がいいかもしれません。

【Youtube】エラー503”サーバーに問題が発生しました”の対処法