中国でLINEを使う方法とおすすめのVPNを紹介

中国でLINEを使う方法は5つ!その中でもおすすめの接続方法VPNについて使い方とおすすめアプリを紹介します。使えない理由選ぶべきツールの解説もします。

中国ではLINEが使えない?!その理由とは?

中国に行くときに注意してほしいのが、2014年から続く中国政府によるネット規制。

LINEを含めたTwitterやFacebookなど、海外製のネットサービスやSNSは、金盾(きんじゅん)と呼ばれるかなり強固なファイアーウォールで弾かれてしまいます。

あの天下のGoogle様のサービス、グーグルマップやGmailも使えません。

中国では使えない代表的なサービス

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Gmail
  • GoogleMap

などなど・・・

なぜ中国がこの金盾というシステムを導入し、海外のサービスをブロックしているのか。

それは中国製のサービスを守るため。

中国の人口は12億人程ですが、金盾によりこの12億人はほぼ全員中国のサービスを利用することになり、これは大きな利益を生みます。

海外のサービスを許してしまうと、ユーザーがそっちに流れてしまうため利益が薄まってしまうのです。

VPNが必要?VPNとは?

VPNって何?と悩む女性

ネット規制や悪質なアクセスを回避するのに必須と言われるVPN。

そもそも「VPNって何?」という所ですが、「VPN=仮想プライベートネットワーク(Virtual private Network)」のこと。

簡単にいうと、ネットを介して安全にデータのやり取りをする為の「個人用トンネル」のようなものです。

元々は企業間で重要データを送受信する際に、安全×確実にやり取りをするために使われた通信方式です。

最近ではネット規制のかかる国(中国)で規制にかからずネットをする手段や、ネット安全対策として使う人が多くなっています。

規制が厳しい中国でLINEを使う方法

ではそんな規制が厳しい中国で、LINEを使う方法は存在するのでしょうか。

答えはYES、例えば以下のような方法が挙げられます。

  • 国際ローミングを利用する
  • VPNつきWi-Fiを利用する
  • (外資系ビジネス)ホテルのフリーWi-Fiを使う
  • 中国版LINEアプリwechatを使う(ただし相手もwechatである必要性がある。)
  • 香港回線のSIMを使う。

これらの方法の中でも、今回はVPNについてご紹介していきます。

VPNとはインターネット上に仮想的な専用線を設けて、1対1の通信に制限し内容も暗号化する仕組みのこと。

これを応用して中国政府の金盾の規制を回避することができます。

特に違法性があるわけではないのでご安心ください。

VPNの本題に入る前に、せっかくなので上記で紹介したLINEを使う方法について、シーンごとにどんな使い分けをしたらいいのか、紹介しておきたいと思います。

中国へ留学に行く場合

留学の場合、旅行や出張に比べて長期の滞在となります。

そのため留学期間中は、簡単かつ、料金もあまりかからないwechat(ウィチャット)の利用をオススメします。

特に留学先でのコミュニティは、中国版LINEのwechatで行われることが多く、長期滞在なのであればそちらに馴染んだ方が積極的にコミュニティに関われます。

中国へ旅行に行く場合

旅行に行く場合は、VPN付きのポケットWi-Fiを利用することを強くオススメします。

基本的に中国向けのポケットWi-Fiルーターは、金盾を回避することを想定してVPNが標準搭載されていることが多いです。

海外で利用するポケットWi-Fiの中でも、人気度の高いイモトのWi-Fiにも、このVPNは搭載されています。

利便性の面からも半年以上の長期滞在でない場合は、積極的にポケットWi-Fiを活用するといいでしょう。

海外ポケットwifiレンタル業者でお得に借りる選び方とは?

中国へ出張に行く場合

数日程度の短期出張であれば、滞在するホテルにあるWi-Fiを利用することでLINEにつなげられるようになる可能性はあります。

ただし滞在先のホテルがあくまでもWi-FiにVPNを採用している場合であり、こんなWi-Fiを用意しているのは外資系のビジネスマンがよく滞在するようなホテルに限られます。

そのためお仕事で行かれる場合は、滞在先のホテルのWi-FiにVPNがついているか、しっかりチェックしておくようにしましょう。

数週間以上の長期出張や、滞在先のホテルがVPN付きのWi-Fiを用意していない場合は、旅行と同じようにVPN付きのポケットWi-Fiを借りて行く方が安心でしょう。

VPNを使って接続する方法

それでは実際に、iphoneをVPN接続する方法をご紹介したいと思います。

利用するまでの流れは次のようになります。

チェックポイント!

  1. iphoneの設定でVPNの項目を一部入力する。
  2. VPNの項目をコピーする。
  3. 全ての項目を埋める

まずは、設定からVPNを開きましょう。

VPN設定
「VPN構成を追加…」をタップ。

「VPN構成を追加…」をタップ

ここの項目を埋めていきます。

サーバーやパスワードは選択したものによるので、ご自身で接続したいVPNの項目を入力してください。

イモトのWi-Fiなどをレンタルした方は、本体と同時にVPNの接続方法があると思いますのでそちらを参考にしてください。

VPNアプリを利用する方は、接続したいサーバーを選択して、その情報を記入することで接続完了です。

中国でLINEを使う時のおすすめVPNアプリ

では最後にVPNを利用できるようにするアプリをいくつか紹介しておきます。

無料のものと有料のものがありますが、

  • 無料のものはセキュリティが有料のものに比べて乏しい
  • 接続できるサーバーは有料のものの方が豊富

という違いがあるように思います。それを踏まえた上で、ご覧ください。

【無料】VPNネコ

VPNネコ

 

短期の出張にオススメ。

中国国内でも使っているユーザーが多く、ワンタッチで接続できる手軽さも人気。

接続するWi-Fiにもよりますが、通信速度は遅め。

無料で使えるVPNアプリとしては優秀

【無料】Aloha Browser

Aloha Browser

 

Aloha Browserを開いているときだけVPNを有効にすることができます。

設定がほとんどなく、とても手軽に始めることができ、通信速度も比較的速いです。

プライベートモードも用意されてあおり、セキュリティにもこだわれます。

ただし中国では一部地域で利用できないこともあります。

【有料】OpenVPN Connect

OpenVPN Connect

 

税込1080円のアプリ。

接続方式が多く、比較的簡単に設定し、ワンタッチで接続することができます。

中国などのネット規制が厳しい国でも、何かしらつながる方式を見つけることができる。

ただし、利用にはセカイVPNに登録する必要があります

【有料】ExpressVPN

ExpressVPN

 

税込1400円のアプリ。

どんなネット環境でも、安定した通信速度を確立することができるのでかなり人気。

画像処理や動画をダウンロードすることが多い方にもおすすめ!

中国でも快適な通信速度を体感できます。

セキュリティもしっかりしており、心配することが一切何もない完璧のアプリです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は中国でLINEを利用するために必須のVPNについて解説いたしました。

VPNはまるで、自分の端末とサーバーをトンネルでつなげるようなもの。

中国に行く以外にも、日本での日常生活でフリーWi-Fiに接続する際にセキュリティを高める目的で利用することもできます。

これからも中国に行くことが多い方は、ぜひVPNアプリを利用してみてはいかがでしょうか。

以上、中国でLINEを使うためのVPN解説でした。

コメントを残す