iPhone の SIM カードを入れ替えするときの注意点

スポンサーリンク

こんにちは、Apple Geeks Labo ライターのなおたろです!今回は iPhone の SIM カードを入れ替えするとデータはどうなるのかについて調査しました。

スマホでは全て SIM カードを挿入しないと、 3G / 4G 回線を利用した通信ができないようになっています。

当然 iPhone にも SIM カードのスロットが搭載されているんですが、格安 SIM などを契約すると SIM カードを入れ替える場面に遭遇する事になると思います。

そんな、 SIM カードを入れ替えるという作業を行うとき、データはどうなるの?何が起こるの?という、気になる疑問について調査してみました!

iPhone の SIM カードを入れ替える前に知っておきたい注意点とは?

SIM カードを入れ替えるには SIM カードスロットを開けて SIM カードを取り出す必要があります。

SIM カードがうまく取り出せない!という時には、無理をしてしまうと最悪 iPhone が破損してしまう可能性もあるので、強行突破を試みる前にこちらの記事を参考にしてみてください。

iPhoneのSIMカードが取り出せない時に試したい3つのコツとは?

あらかじめ伝えておくと、 SIM カードを入れ替えることで iPhone に保存しているアプリや写真、音楽などのデータが消えたり入れ替わるという事はありません。

ただし、 SIM カードは契約している回線についての情報 ( 電話番号など ) が記録されているもので、通信を行う上で非常に重要なものです。

SIM カードを抜いている間は通信を行うことができませんのでご注意を。

SIM カードを入れ替えると何が変わるの?

SIM カードには回線についての契約情報が記録されています。

そして、アプリや写真、音楽などのその他のデータは全て iPhone 本体に記録されています。

SIM カードを入れ替えるということは、契約している回線についての情報が新しいものに入れ替わるということになるので、古い SIM カードに記録されていた電話番号やメールアドレスではなく、新しい SIM カードに記録されている電話番号やメールアドレスにもとづいて通信が行われるようになります。

ただし、受信したメールや通話履歴は iPhone 本体に記録されたデータなので、 SIM カードによって内容を入れ替えることはできません。

au、docomo、SoftBank、キャリアが違うと何が変わる?

SIM カードは au、docomo、SoftBankなど、キャリアによってカードが異なります。

サイズとしては同じもので、どのキャリアの SIM カードもさしこむことができますが、通信に使用する電波が少しずつ異なります。

そのため、今までは原則として端末を購入したキャリアと異なるキャリアの SIM カードをさして使うという使い方はできませんでした。

ところが、2015 年 5 月 1 日以降に購入したスマホでは、手続きを行うことによって SIM ロック解除をおこなうことができます。

SIM ロックを解除すると、端末を購入したキャリアと違うキャリアの SIM カードをさしこんでも使えるようになりますが、手続きを済ませない限りは SIM ロックがかかっていますので、異なるキャリアの SIM カードを使うことはできません。

逆に言えば、同じキャリアの SIM カードなら手続きなしに入れ替えて使うことができます。

たとえば、docomo で契約した iPhone 本体が壊れてしまった場合でも、 SIM カードを取り出して、知人の docomo ユーザーのスマホを借りて自分の SIM カードをさせば、自分の電話番号から電話をかけるということができます。


まとめ

いかがでしたか?

SIM カードを入れ替えるということで何か大切なデータが消去されるというようなことはないので安心してくださいね。

ただし、新しい SIM カードにさしかえる場合は、キャリアによっては SIM ロック解除手続きを行う必要があります。

格安 SIM とよばれる各キャリアも、使っている電波によって au 系列、 docomo 系列、 SoftBank 系列に分かれます。

それぞれどの系列に属するのかを調べることで、 SIM ロック解除を行う必要があるのかどうか、判断する事ができますよ。


コメントを残す