iPhoneの充電音を好きな音に変更する!手順を徹底解説!

iPhoneでの充電をする時に流れる音を自分流の個性のあるものに変更したい思いませんか。iOS14.0のリリース後、多くのユーザーが新機能を楽しみながら利用していることと思います。今回は、iPhoneの充電音を変える方法について解説したいと思います。

この記事の目次

iPhoneの充電音を変えるために準備するもの

iOS14.0のリリース後、iPhoneの充電音について変更が可能となりました
充電音の変更について自分の好きな動画ファイルを使うことができますが、基本的には3秒程度の短い音源を用いることが良いと思います。充電音の変更については手順に従い、簡単に行うことができますので是非チャレンジしてみて下さい。

まずは、準備するものを確認していきましょう。

iOS14にアップデートしたiPhone

まず第一にこれが必要になります。iphoneの充電音変更を行う際は、最初にios14以降にアップデートしていただく必要があります。更新してないという場合は、ショートカットアプリにて「充電器」等の項目が出ないなどの様々な原因で充電音の変更ができなくなります。また、ダウンロードはしているが、インストールをしていないという場合についても意味がないので注意が必要です。

ショートカットアプリ

ショートカットアプリから新規ショートカットを作成する必要があります。

充電ケーブル

充電ケーブルです。こちらも準備しましょう。

充電音にしたい音源

自分が充電音にしたいと思う好みの動画を用意する必要があります。

iPhoneの充電音変える手順

iOS14がリリース開始となり、色々な便利機能及びデザイン重視の機能も追加さてれ、数多くのユーザーの間で新しい機能が楽しみながら使用されています。その中には、iPhone充電音についての機能も含んでおり、自分好みのオリジナル充電音を利用しているという人がいると思います。それでは、実際にiphoneの充電音を変えるその手順について説明していきたいと思います。

手順1.設定したい音源を写真の最新にしておく

充電音にする動画について、「写真」フォルダの一番最新のもの(日付が最も新しい)となるように配置します。最新の動画については1番下段の右側に表示されていますので、確認しましょう。

手順.2ショートカットアプリで新規ショートカットを作成する

次にショートカットアプリを開いて、右上の「+」をタップし、新規ショートカットを作成しましょう。

アクションを追加する

「アクションを追加」をタップして下さい。検索欄にて以下の3つのアクションを追加して下さい。

”最新のビデオを取得”を追加

「最新の」を入力して、「最新のビデオを取得」を追加します。

メディアをエンコード”を追加

「メディア」を入力して、「メディアをエンコード」を追加します。

Base64をエンコード

「base」を入力して、「Base64をエンコード」を追加します。

”オーディオのみ”のオプションをオンにする

.2つ目の「最新のビデオをエンコード」のすぐ下の「表示を増やす」をタップし、「オーディオのみ」をオンにします。

再生ボタンをタップし長いコードをコピーする

右下の再生ボタンをタップして下さい。すると、非常に長いコードが出てきますくるのでコピーして下さい。

”キャンセル”をタップし、ホーム画面に戻る

「キャンセル」をタップし、再度ホーム画面に移ってください。

先程のショートカットは、下書きとして保存して下さい。(もしくは削除していただいても大丈夫です。)

手順3.再び新規ショートカットを作成する

右上の「+」ボタンをタップして下さい。再び新規ショートカットの作成をします。

”アクション追加”をタップし”テキスト”を入力し”テキスト”を追加する

「アクションを追加」をタップして、検索欄「テキスト」を入力していただき、「テキスト」を追加して下さい。

コピーしたコードをペーストし”+”をタップする

先ほどのコピーしたコードをテキストに貼り付けて、下の「+」をタップしましょう。

検索欄で”Base64でエンコード”をタップし”デコード”に変更する

検索欄にて”Base”を入力し、「Base64をエンコード」の追加後、「エンコード」をタップし、「デコード」に変更をします。

検索欄で”検索”を入力し、”サウンド再生”を追加する

もう1つのアクションの追加をします。検索欄を”サウンド”を入力し、「サウンドを再生」を追加して下さい。

右上の”次へ”を選択しショートカット名を入力

右上の「次へ」をクリックし、ショートカットの保存をして下さい。

”オートメーション”から” 個人用オートメーション”をタップし新規オートメーションを作成する

オートメーション から 個人用オートメーションを作成順にタップし、新規オートメーションを作成して下さい。

”充電器”を選択し、”接続されている”にチェックを付け右上の”次へ”をタップする

充電器を選択し、「接続されている」を選択して下さい。その後「次へ」をタップしましょう。

手順4.”アクションを追加> App > ショットカット > ショットカットを実行の順にタップし、新規ショットカットを作成する

続いて、「アクションを追加」→ App → ショットカット→ ショートカットを実行の順番でタップをし、新規ショートカットの作成をします。

”ショートカットの実行”を選択し、ショートカットを選択後、”音源”にチェックを入れる

「ショットカットの実行」を選択し、「ショートカット」をタップし、音源の選択をして下さい。

手順5.次へをタップし”実行の前に尋ねる”をオフにし、”完了”をタップすると完了です

「次へ」をタップし、「実行の前に尋ねる」をオフにした後、「完了」をタップすると、設定完了です。

次からのiPhone充電音が設定された音に変わります。

iphoneの充電音が変わらないときの対処法

上記の方法を試してみたのにiphoneの充電音が変わらないという場合があるかと思います。
iOS14がリリースされてから多くのユーザーによって新しい機能が利用されており、その中でもiphoneの充電音の変更については、自分の個性を表し、ますます、iphone利用ライフをエンジョイしていく一つの方法になっているかと思います。ここでは、iphoneの充電音が変わらないときの対処法を解説します。iPhoneの充電音が変更出来ないという場合、いくつかの対処法があります。対処法は原因によって、変わりますので症状がどのようなものか必ず確認して下さい。

OSのアップデートの確認をする

iPhoneの充電音を変更する場合、iOS14.0以降にアップデートする必要があります。更新してない場合は、ショートカットアプリにて「充電器」等の項目が出なかったり、様々な原因で充電音の変更ができません。また、ダウンロードはしているが、インストールをしていないという場合は、意味がないので注意が必要です。iPhoneの充電音の変更については、必ずiOS14.0以降にアップデートしてから行っていただく必要があります。

音源が最新の場所に置かれていない

iphoneの充電音にしたい動画等の音源が最新の場所に置かれていない場合は、別の動画が適用されてしまうことになります。音源にする動画よりも新しい動画は非表示にしておくか、音源にする動画のトリミングを行うことで、音源にしたい動画を最新の位置にすることができます。iphoneの充電音としたい音源について最新(日付が最も新しい)の場所に配置されているかどうか今一度ご確認をお願いいたします。

マナーモードになっていないか確認する

充電音はマナーモード時にも音が鳴ります。逆にマナーモードにしていない場合、iPhoneの独自の充電音と、変更後の充電音が両方とも鳴ってしまうため、気づかないという場合があります。充電音を変更した際には、マナーモードの状態で利用が良いと思います。

最初からやり直す

すべて処理したのに、充電音源が変わっていないという場合は、最初からやり直してみて下さい。

処理を途中で間違えている又は、コードが全てコピーできていない等の様々な要因が考えられます。