iPhone の SMS (ショートメール)送信は文字数制限がある?

スポンサーリンク

iPhone で SMS 送信するときの文字数(文字数制限)について解説。文字数カウントの設定方法や、 au / docomo / SoftBank の SMS で文字数超過した場合の自動分割についても紹介しています。70文字以上送りたい時の対処も。

iPhone で SMS を送信するときに送れる文字数

iPhone では SMS (ショートメッセージサービス)といって相手の電話番号宛に短いメッセージを送ることができます。 au では C メールと呼ばれていたりします。

これは長い文字列のメアドや、 LINE の友達登録をしていなくても電話番号さえわかればメッセージのやりとりができるので、大変便利な機能です。

 

ただし、一般的なメールと違い、この SMS には文字数制限が存在します。

ショートメッセージサービスとある通り、約 70 字程度のメッセージしか送れません。また、件名を付けることもできません。

SMS の文字数制限と値段

SMS の送信料金はプランやキャリアによっては無料のところもありますが、パケット定額の適応外になるため、基本的に有料です。

その料金はキャリアによって決まっており、値段は以下のようになっています。

au の SMS で送れる文字数・値段

au の場合、全角最大 670 文字(半角の場合は最大 1,530 文字)のメッセージを送信することができます。ただし、他社携帯電話宛には、 71 文字(半角のみ 161 文字)以上送信することはできません。

受信料は無料、 au 同士なら送信も無料です。

他キャリアに送信するときは全角 70 文字(半角 160 文字)以下の場合は 3 円、全角 134 文字(半角306文字)以下の場合は 6 円が発生し、以降全角 67 文字(半角 153 文字)ごとに 3 円ずつ加算されます。

docomo の SMS で送れる文字数・値段

docomo の場合、全角最大 670 文字(半角の場合は最大 1,530 文字)のメッセージを送信することができます。ただし、他社携帯電話宛には、71 文字(半角のみ 161 文字)以上送信することはできません。
受信料は無料、 SMS を送信するには docomo 同士でも他社宛てでも利用料金がかかります。
1 通( 160 字)につき 3 円発生し、以降約 60 字ごとに 3 円ずつ加算されていきます。

SoftBank の SMS で送れる文字数・値段

SoftBank の場合、 iPhone であれば 1 回につき 670 文字のメッセージを送信することができます。(送信する場合は分割して送信されるため、複数のメッセージとして扱われる。)

受信料は無料、 SoftBank 同士は送信も無料です。

他キャリアに送信するときは 1 通( 67 字程度)につき 3 円かかります。



SMS で文字数カウントを使ってメールを作成する方法

文字数を考えずに送信できなかったとなったら、自分で分割して再度送り直す必要があるため、すごくめんどくさいです。

そこで、文字数をカウントをオンにして、二度手間にならない工夫をしておきましょう。

文字数カウントは通常表示されない仕様になっているため、自分でオンにする必要があります。

『設定』>『メッセージ』>『文字数』をON

で使うことができるようになります。

「 SMS / MMS 」の見分け方

iPhone で SMS メッセージを送受信するのは『メッセージ』アプリです。

このアプリ内でやり取りできるメールは SMS ・ MMS ・ iMassage の三種類もあるため、送信料がかかる SMS 見分にくいことが難点です。

今自分が送信しようとしているメッセージが、 SMS かどうか見分けるのに文字数カウントは便利です。

文字数カウントは SMS のときのみ表示されます。

文字数超過したら「!」表示になる

SMS は約 70 字程度という文字数制限がありましたが、この文字数を超過したメッセージを相手に送信しようとすると、!マークが表示され、送信することができません。



SMS と MMS の違いとは?

『メッセージ』アプリでは SMS 、 MMS 、 iMassage の 3 つをメッセージを管理することができます。

SMS は電話番号で送信するメッセージですが、 MMS は@ezweb.ne.jpや@softbank.ne.jpなどのメールアドレスを指定して相手に送信します。

注意して欲しいのは

  • docomo は MMS に非対応
  • SoftBank の @i.softbank.jp は MMS ではなく『メール』アプリでの管理

という点です。

SMS と MMS の違いを簡単に表で書いてみるとこのようになります。

SMS と MMS の違い
SMS MMS
文字数制限70文字2KB(約1000文字程度)
料金(1通/国内)3円定額料に込み
料金(1通/海外)100円100円〜
使用回線通話回線通信回線
請求方法通話料通信量

 

iMassage は iPhone やiPadなどのApple製品同士のメッセージ交換に使うことができ、件名を付けることが可能です。メッセージのやりとりの時に出る吹き出しの色は青色です。( SMS 、 MMS は緑色)

メッセージを打つ段階でこの3つを区別するには以下のようにします。

・メッセージ欄に「 iMassage 」と表示されているか、「 SMS / MMS 」と表示されているか。

・文字数カウントをオンにした時、文字数が表示されるのは SMS だけ

SMS 文字数表示



SMS が自動で分割送信できないとき

SMS には文字数制限があります。

3キャリアとも1通につき670文字まで送信ができますが、いくつかのメッセージに分割して送信されます。この自動分割送信は同じキャリア同士でないと行われません。つまり他キャリア向けのメッセージが長文の場合、70文字程度に抑えて、いくつかに分けて送信しなければなりません。

 

「でも、何回も送ると相手に何度も通知が行って迷惑じゃないか?」

「自分で分けるのはめんどくさい。」

「変に分割して送ると、メッセージのリズムが狂うじゃないか!」

と思った方は

  • MMS でメッセージを送信する
  • お互い iPhone 同士なら iMassage を使う
  • LINE を使う

のように SMS 以外でメッセージを送信する方法をお試しください。


まとめ

今回は SMS ・ MMS ・ iMassage について詳しく解説しました。

ショートメッセージであれば文字数を気にすることなく、どれでも使用できますが、長文となると送る文字数や利用料金を考えての使い分けが必要になります。

文字数カウントをオンにしたり、吹き出しの色に注目したりして今自分がどのメッセージを送ろうとしているのか、しっかり把握できるようにしておきましょう。

【関連記事】


コメントを残す