MacBookでスクショの撮影・保存ができない場合の対処法!

MacBookでは画面を画像として保存できるスクショ(スクリーンショット)機能があります。しかしある日突然、スクショが撮れなくなった、あるいは保存できなくなってしまったという場合もあります。今回はMacBookでスクショの撮影ができない・保存されない時の対処法について紹介します。

MacBookのスクショの撮り方

 

まずはMacBookのさまざまなスクショの方法を紹介しますが、色々な撮り方があることをご存じでしょうか。MacBookのスクショは必要なパターンに応じて使い分けることができ、いずれも簡単なキー入力操作で撮ることが可能です。できない場合、操作に間違いがないか確認してみてください。

①画面全体をスクショ

MacBookの画面に表示されている全体の画像を撮る基本的なスクショの方法です。

「shift」と「command」と「3」の3つキーを同時に押すと撮ることができます。

最低でもこのスクショの撮り方は知っておくと便利なため、覚えておきましょう。

②画面の一部をスクショ

MacBookの画面全体ではなく一部を撮る方法です。

  1. 「shift」と「command」と「4」の3つのキーを同時に押します。
  2. マウスカーソルが「十字」の形に変わります。
  3. 十字の形になったマウスカーソルで撮りたい画面の範囲をドラッグして離すと、その部分がスクショされます。

全体を映す必要がない場合に有効です。

③特定のウィンドウをスクショ

自分で選んだ任意の範囲で撮るのではなく、ウインドウ単位でスクショを撮る方法です。

  1. 「shift」と「command」と「4」の3つのキーを同時に押します。
  2. スペースキーを押します。
  3. マウスカーソルが「カメラ」の形に変わります。
  4. カメラの形になったマウスカーソルで撮りたいウィンドウをクリックすると、スクショを撮ることができます。

④特定のウィンドウを影無しでスクショ

「③特定のウインドウをスクショ」で紹介した方法は、スクショで撮影した画像の周りに影が自動で付いてしまいます。影を無くしたウインドウのスクショを撮る方法は以下の手順で可能です。

  1. 「shift」と「command」と「4」の3つのキーを同時に押します。
  2. スペースキーを押します。
  3. マウスカーソルが「カメラ」の形に変わります。
  4. カメラの形になったマウスカーソルで撮りたいウィンドウを「option」キーを押しながらクリックすると、影無しで撮ることができます。

MacBookでスクショができない場合の対処法

スクショの撮り方について紹介しましたが、キーを正確に押してもスクショができない場合があります。原因としてはMacBookの設定が変更されていたりアプリが干渉していたりなどさまざまです。ここからはスクショができない場合、どのような対処をしたら良いかについて紹介していきます。操作手順を載せているため、困っている方は是非参考にしてみてください。

①ショートカットの設定を確認する