【OpenSea】ガス代がかかるタイミングや安くするコツを解説!

OpenSeaでNFTを購入したり出品したりするときには、ガス代が発生します。ガス代は、高い時と安い時があるので、ガス代が安いときにOpenSeaを利用するのも大事です。この記事では、OpenSeaでガス代がかかるタイミングなどを解説しています。

そもそもガス代とは?ガス代に関するギモンを解説!

イーサリアムネットワーク上でNFTを購入するときなどに発生する手数料が「ガス代」です。OpenSeaは基本的にイーサリアムネットワークでやりとりすることが多いので、ガス代が必要になるというわけです。

ガス代は、支払う側にとって「なんでこんなに取られるの?」と思うかもしれませんが、とても大切な費用です。

なぜガス代が必要かなどを解説していきます。

なぜガス代がかかるの?

ガス代は、仮想通貨のデータが正しいものか管理している方々に支払われる報酬になります。管理をしてくれている人がいるからセキュリティを保ち、正しく仮想通貨やNFTを購入、出品できるんです。多少、高額に感じても感謝をこめてガス代を払いましょう。

ガス代はどうやって計算されてるの?

イーサリアムネットワークでのやりとりの多さに応じてガス代は変動します。ガス代の計算式は以下の通りになります。

Gwei(ガスの単価)×ガスリミット(Gaslimit)

Gwei(ガス代)は、取引の量が多いと高くなり、少ないと安くなります。

1Gweiは0.000000001ETHです。

ガスリミット(Gaslimit)は、取引時に設定できる手数料の上限のことです。ガスリミット(Gaslimit)を設定することでガス代が無限に支払われないようにできます。

「OpenSeaでNFTを購入したら、ガス代が高すぎてびっくりした」なんてことのないようにガスリミット(Gaslimit)があります。

いまのガス代を確認する方法は?

ガス代の計算なんかしなくても、「Eth Gas Station」というサイトで確認できます。

Eth Gas Stationはこちらになります。

Eth Gas Stationでは、アクセス時の状況に合わせたガス代の目安が表示されています。

OpenSeaで出品者にガス代がかかるタイミング

OpenSeaの取引で、出品者にガス代がかかるタイミングをは以下の通りです。

  • OpenSeaでNFTを初めて出品転売するとき
  • 購入オファーを承認するとき
  • オークションや販売をキャンセルするとき
  • NFTを送付するとき
  • フリーズメタデータをIPFS(分散型サーバー)に保管するとき

Polygonの場合は、ガス代がかからないことが多いです。

 

1つずつ解説していくので、必要な項目をチェックしてみてください。

①NFTを初めて出品・転売するとき

OpenSeaで、初めてNFTを出品・転売するときにはガス代が必要です。

1回支払えば2回目からは無料で出品・転売できます。

 

出品するたびにガス代がかからないので、OpenSeaは良心的ですよね。

ガス代が必要なのは、ETHの場合ですので、Polygonでの取引ではガス代が必要ありません。

 

②購入オファーを承認するとき